Home » 国内 » トピックス » 【PM2.5よりひどい】PM0.5の影響と予防対策
pm0.5

【PM2.5よりひどい】PM0.5の影響と予防対策

Pocket

 

中国から飛んでくるPM2.5の猛威によってマスクをしたり、外出を控えたり、幼稚園などでは外での遊びを取りやめているところも多いそうですね。
 
島国日本が他国の公害の影響を受けるなんて考えられませんでしたが、
日本の福島原発が他国にも影響を与えているようにPM2.5は現代の深い問題の一つではないでしょうか?
 
PM2.5は大気中に漂っている直径2.5マイクロメートル以下の非常に小さなもので、
主に工場の煙や車の排気ガスが原因で発生し、中国などでは景色が真っ白になるほど漂っていて多大な被害を及ぼしています。
 
そんなPM2.5ですが、さらに影響力が怖いとされているPM0.5をご存知ですか?
 
原発ニュースが少なくなったと思えば、今度は公害。
新鮮な空気すら満足に吸えない状況というのは本当に異常だと思います。。
 
今回はご自身の健康を自分で守るため、そして特に小さなお子さんをお持ちの方は知っておきたいPM0.5についてお届けします。

.

PM2.5とPM0.5の違い

 
まずPMというのは粒子状物質=Particulate Matterの略で、先述したように2.5は直径2.5マイクロメートル、0.5は直径0.5マイクロメートルと大きさを表します。
 
PM2.5は花粉よりもさらに小さい微粒子で通常のマスクでは穴が大きく防ぐ事ができません。
それよりも小さい0.5は花粉の60分の一の大きさで予防法が難しく体内に非常に入りやすい粒子なのです。
 
 

PM0.5がもたらす人体への影響

 
人体への影響はPM2.5とほぼ同じで、

  • 気管支炎
  • 呼吸系疾患
  • 循環器系疾患
  • ぜんそく
  • 肺がん

 
等のリスクが高まります。
 
また症状としてすぐに身体にでやすいのが、

  • 目のかゆみ
  • 咳が止まらない
  • 喉に痛みや違和感がでる
  • 呼吸が苦しい

 
等が主な身体的影響としてでてくるのが特徴です。
 
そして、何よりPM0.5が2.5よりも怖いと言われるのは大きさです。
PM2.5は鼻の粘液など人間の身体が持つ外敵を体内に入れない機能が働き気管、気管支程度までしか中に入ってきません。
 
それに比べてPM0.5は非常に小さいため、気管内をすり抜け肺胞まで入ってくる可能性が非常に高いのです。
肺胞まで入ると上記のような人体影響力が格段に高まり、またひどい場合は神経系統のバランスを崩す恐れもあります

.

効果的なPM0.5予防対策は?

 

  • 分布状況を把握する
  • 風に舞って飛んでくるPMの拡散状況を把握しましょう。
    参照サイト:気象協会分布予測↓
    http://guide.tenki.jp/guide/particulate_matter/
     
    ※無料のスマホアプリもでています。
    大気汚染予報
    https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.sinwa.pm25
     

  • 外出、換気を控える
  • 拡散量の多い日は外出や窓の開閉をなるべく控えるようにする。
     

  • PM0.5用のマスクをする
  • PM0.5対策用のマスクも市販されていますので、こちらを利用する。
     

  • 空気清浄機
  • これから購入を検討している方は、PM対策用対応機種かどうかをチェックしましょう。
     

  • うがい、手洗い
  • 外出から帰宅した際は念入りにうがい、手洗いを心がける。
     

  • 赤ちゃんのための対策
  • 影響を受けやすい赤ちゃんのために、子供用マスクの着用やバギーマスクを使用。

 
 
特に免疫力の弱い小さなお子様には影響がでやすい兆候がありますので、拡散の多い日は気をつけて
外出をさせるようにしてあげてください。
 
これから中国も具体的な対策を施していくと思われますが、もしマスコミが騒がなくなったとしてもPMの量が減っているわけではないので、しばらくの間は予防対策をしっかりとしていきたいところですね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*