Home » 健康法 » 不眠・睡眠 » 【カフェインで睡魔を飛ばす】眠気覚ましに効果的な飲み物
眠気

【カフェインで睡魔を飛ばす】眠気覚ましに効果的な飲み物

Pocket

 
暖かい気候の日や、昼食後はウトウトと眠気に襲われる事が多くなりますね。
 
筆者も今だにご飯を食べると眠くなるというのが、セットでくっついてきてしまいますし、
そのウトウトのまま眠るのってすごく気持ちいいんですよね。
 
 
でも、学校の授業や大切な会議など、絶対に寝てはいけない場所での睡眠は禁物です。
 
人間の欲求の1つである睡眠欲にはなかなか勝てませんが、勝たねばならない状況があるのが大人ですもんね。
 
 
指をつねったり、顔を洗ったりと、強引な眠気覚ましの方法をとってみたり、開き直ってウトウトしていたのを上手くごまかしてみたり、、
そんなテクニックを磨くのもいいですが、ここは一つ眠気覚ましに効果的な飲み物を利用するのはいかがでしょうか?
 
眠気覚ましに効果的な飲み物といえば、コーヒーや眠気撃退用ドリンクなどが思いつきます。
これらのドリンクが睡魔を飛ばすのは、強いカフェインが入っているためです。
 
では実際にどの飲み物がよりカフェインが強く、眠気覚ましに効果的な飲み物なんでしょうか?
 
 
今回はここ一番眠りたくない!そんな方のために、眠気に効く飲み物をご紹介していきたいと思います。

.

なぜカフェインが眠気を覚ますの?

 
眠気は脳が体力的な回復や、脳自体を休ませようと、眠気物質を放出させることで眠くなります。
 
その眠気物質の一つが〝アデノシン”と呼ばれる物質なのですが、カフェインはアデノシンの活動を抑える働きをするため、眠気が飛ぶ作用が働くのです。
 
 
そしてカフェインを摂取すると、約30分~1時間程度で身体に吸収され、眠気が飛びはじめます。
そのため眠くなりたくない時間帯を計算して、1時間程度手前でカフェインを取り入れる事が、最も効率よく効果を発揮してくれます。
 
また、効果の継続性は個人差もありますが、だいたい3~5時間持続するといわれています。
 
 
 

カフェイン量別 眠気覚ましに効果的な飲み物

 
それでは早速、効果があるとされる飲み物のカフェイン量別にご紹介していきたいと思います。
 

初級クラス

 
コーラ
 

  • コーラ
  • カフェイン量:500mlペットボトル辺り 50mg
     
    意外かもりれませんが、コーラにはカフェインが多く含まれています。
    また炭酸の刺激が眠気覚ましに効果的です。
     
     

  • レッドブル
  • カフェイン量:1本辺り 80mg
     
    エナジードリンクもカフェインが多いドリンクの一つ。
    眠気覚 
     

  • コーヒー
  • カフェイン量 カップ一杯(缶コーヒー1缶)辺り 60?100mg
     
    眠気覚ましの代表格コーヒー。スタバなどのコーヒーはもちろん、缶コーヒーにも
    多くのカフェインが含まれています。
    また飲み方としては脳に刺激を与えるために、砂糖を入れて飲む方がより効果的です。
     
     

  • ヘルシア緑茶
  • カフェイン量:1本辺り 80mg
     
    カフェインの多い緑茶の中でも、味の濃さと比例してヘルシア緑茶は含有量が高いです。
    眠気覚ましとダイエット目的で使ってはいかがでしょう。
     
     

    中級クラス

     

 
モンスターエナジー
 
  • モンスターエナジー
  • カフェイン量:1本辺り 142mg
     
    レッドブルの次に有名なエナジードリンク。
    カフェイン量ではレッドブルよりも量も多く、その分カフェインも多く摂取できます。
     
     

  • メガシャキ
  • カフェイン量:1本辺り 100mg
     
    眠気覚まし専用ドリンクとして有名なメガシャキ。
    他の栄養ドリンクよりはカフェインは多いものの、意外と中級クラスです。
     
     

  • 玉露
  • カフェイン量:150ml辺り 140mg
     
    日本茶の玉露にはかなり多くのカフェインが含まれていて、昔から眠気覚ましのための飲み物として重宝されてきました。
    ただ、他成分によって身体へのカフェインの影響力が弱まるため、他の飲み物と比べるとカフェイン量程の効果はありません。
     

 

上級クラス

 
眠眠打破
 

  • 眠眠打破
  • カフェイン量:1本辺り 120mg
     
    眠気覚ましドリンクとして日本では一番?有名ですね。
     
     

  • 強強打破
  • カフェイン量:1本辺り 150ml
     
    眠眠打破をさらに強力にしたカフェイン量。
    量と共に味も凝縮されて、独特の濃さがありあます。

 
 
やはりカフェイン量では、眠眠打破などの専門ドリンクがぐんを抜いて高いようですね。
 
 

カフェイン中毒には気を付けよう

 
1日の摂取量が200?500mgを超えてくると、カフェイン中毒の危険性が出てくるといわれています。
 
これって、コーヒーを1日数杯飲むと余裕で超えてくる量ですね。
 
 
カフェインは急性のものでは呼吸困難や、精神錯乱。
慢性の症状で睡眠障害や神経過敏になる危険性があります。
 
アメリカの14歳の少女が、エナジードリンクで多量のカフェインを摂取したため死亡した事件まであるくらいですからね。
 
 
今回はカフェイン量での眠気覚まし(飲み物)をご紹介しましたが、
現代人はコーヒーやコーラなど、普段からカフェインを体に取り込んでいるため、「眠眠打破を試したけど全然効かない。。」と、
カフェイン摂取慣れしている人も多くいます。
 
もちろんその時の体調にもよりますが、効かない、、というのは中毒になってきる危険性が高いです。
 
 
カフェイン含有量の高い専用ドリンクなどは、大切な会議でどうしても眠たくなってしまった時や、
車の運転時など、くれぐれもここ一番!という時だけに飲むように気をつけてくださいね。
 
 

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*