Home » ライフ » 赤ちゃん・育児 » 赤ちゃんや幼児の意外な食物アレルギー食品や予防法
アレルギー赤ちゃん

赤ちゃんや幼児の意外な食物アレルギー食品や予防法

Pocket

食物アレルギーと聞くと、牛乳や小麦、卵をイメージする方は多いと思います。
ですが、じつはかなりの食材がアレルギーになることをご存じでしたか?
最近では幼稚園のクラスの半分以上の幼児がアレルギーを持っていると言われるほど、現代人のアレルギー増加が問題となっています。
今回はそんな食物アレルギーの中でも、これもアレルギーがあるの?という意外な食材や予防法についてご紹介します。

.

そもそも食物アレルギーとは?

 
食物アレルギー
 
食物アレルギーとは、食べ物を経口摂取した際にその食べ物に対してアレルギー反応が生じることです。
アレルギーのほとんどは、摂取してから数分から1時間以内に症状が現れる即時型ですが、数時間以上経過してから発症する遅延型があります。
 
そしてアレルギー反応の主な症状は、発疹やじんましん、腹痛や下痢、ぜんそがあります。
アレルギーの原因は、食べ物の中のタンパク質が十分に分解されずに吸収されてしまい、アレルゲンの抗体や細胞に反応して生じ、症状が現れるのです。
 
また子供の食物アレルギーはタンパク質の分解が不十分なために多く見られます
他にもアレルギーではありませんが、アレルギーに似た成分を含むサバやタケノコ、なすやじゃがいもなども摂取すると食物アレルギーのような症状が出ることがあります。
 
 
 

意外な食物アレルギー食材とは?

 
アレルギー食材
 
【主要アレルギー品目】
 
卵・小麦・そば・落花生・乳・えび・かに
 
これらは患者の多さや使用される頻度の高さから必ず食品に表示するように義務づけられています。
 
 
【知っておきたいアレルギー品目】
 
あわび・いか・いくら・オレンジ・カシューナッツ・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・ごま・さけ・サバ・大豆・鶏肉・バナナ・まつたけ・もも・やまいも・りんご・ゼラチン
 
これらも実は食物アレルギー品目に含まれ、特に花粉症と併発しやすい果物アレルギーは一度発症すると多くの果物でアレルギー反応が出てしまいます。
 
もし卵や小麦粉が入っていないのにアレルギー症状が出た場合、これらの食材を口にしていないか?をチェックしてみてください。
.

食物アレルギーの対処法

 
幼児アレルギー対策
 
食物アレルギーの一番の対処法はその食材を食べないことです。
食べ物を購入する際は、必ず食品のアレルギー表示を確認し、外食の場合もメニュー表の記載やお店の方に聞いてみましょう。
 
それでも摂取してしまった場合、抗ヒスタミン薬や気管支拡張薬、アナフィラキシーショックを発症した場合はアドレナリン自己注射薬を摂取します。
 
 
他にも、最近では小さなお子さんが幼稚園に入るまでにアレルギーを緩和してあげようと、医師の指導の元、アレルギー食材を徐々に摂取して、少しずつ食べれる量を増やして体に抗体をつける経口減感作療法という治療法もあります。
 
筆者の甥っ子もこの経口減感作療法で小麦粉と卵アレルギーが完治したので、効果的な方法だと実感しています。
 
食物アレルギーは6歳未満で発症したアレルギー品目は約80%の方が成人までには治ると言われています。
ですが、逆に成人してから発症すると治療は難しいとされています。
 
 
 

子供にも増えている花粉症アレルギー

 
子供の花粉症
 
杉の木などは今では花粉症対策のために植えられることも少なくなりましたが、アレルギーは遺伝する場合もあるため両親のどちらかが花粉症持ちだということから、小さな子供にも花粉症が流行しています。
 
そしてこの花粉症は食べ物アレルギーとも関わりがあり、特にグレープフルーツなどの柑橘類やキウイ、パイナップルなどフルーツ類を食べると気持ち悪くなるという諸症状が出ることも多いです。
 
本来子供が大好きなフルーツを食べると気持ち悪くなったり、アレルギーがでるのは花粉症が原因かもしれません。
 
 
 

食物アレルギーにならないための予防法

 
食物アレルギー予防
 
食物アレルギーを防ぐには、幼少期に多量のタンパク質摂取を避けることである程度予防できます。
特に、大豆や卵、牛乳には注意して同じものを連続して与えないようにしましょう。
 
妊娠中の妊婦さんの食事も子供のアレルギー体質に関わってくるため、授乳中の方もなるべく多量に大豆や卵、牛乳を摂取することは避けましょう。
 
 
また、アレルギーは遺伝的な部分もあります。
両親のどちらかが何らかのアレルギーを持っている場合は、子供がアレルギー持ちである可能性は30%、両親ともにアレルギーの場合は50%にまで増えます。
 
両親ともにアレルギーを持っていなくても、子供がアレルギー持ちになる場合もありますが、これは単に両親が発症してなかっただけという可能性もあります。
 
 
食物アレルギーは、当人だけでなく周囲の方も苦労されることが多いと思います。
ですが、正しい知識と対処法を知っていれば豊かな食文化を楽しむことは十分にできます。
 
また、現在では食物アレルギーの代替品なども数多く存在するので、食べられないというストレスはかなり軽減されると思います。
ぜひとも食事を楽しんでくださいね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*