Home » 病気・不調 » 手足 » 足の裏が痛い!原因や病気との関連性を徹底究明
足の裏の痛みと病気

足の裏が痛い!原因や病気との関連性を徹底究明

Pocket

毎日自分の体を支え、立ち上がりや歩行に使う足裏。
手と同じくらい毎日酷使している箇所ではないでしょうか?
そんな足裏に不快な痛みを感じた時、ちょっと不安になりますよね?
 
特に足の裏には無数のツボがあるように、体の健康と密接に関係してるっていうし、どこか体の不調を知らせるサインなのかも、、病気なのかも、、と考えてしまいます。
そこで足の裏の痛みに関するその原因や病気との関係をしっかりみていきましょう。

.

足の裏が痛くなる原因

 
まずはよく見受けられる足裏の痛みに関する原因をさぐっていきましょう。
かかとを激しくぶつけたなど、明らかな原因があるわけでもないのに急に足裏が痛み出すのにはいくつかの原因が考えられます。
 
 

筋肉疲労による痛み

 
筋肉疲労
 
ジョギングや立ち仕事などよく歩いたり運動する人に多い痛みです。
足の裏にある骨や筋肉、腱が立ち座りや歩行によって疲弊していき筋肉などが炎症することで起こります。
この場合、歩いているうちに徐々に痛みが増していく症状が多いのが特徴です。
 
 

偏平足による痛み

 
へん平足
 
足の裏の土踏まずがきれいなアーチ状に凹んでいない状態を偏平足といい、大人の場合主に老化や筋肉の断裂が原因とされています。
偏平足は足裏の果たすべきクッション機能が低下し、足裏が疲れたり痛くなりやすくなります。
靴にインソールを入れて保護したり、足裏の筋肉を鍛えることで徐々に改善することが可能です。
 
 

外反母趾による痛み

 
外反母趾痛い
 
足の親指が外側にそって曲がっている状態を外反母趾といいます。
かかとの高いヒールを長時間履いていたり、肥満や筋肉低下によっておこる外反母趾・
親指の関節にとくに痛みを感じます。
こちらもストレッチや筋肉量を増やす、正しい靴を選ぶことで改善されていきます。
 
 

魚の目による痛み

 
魚の目痛い
 
皮膚の一部が硬くなり魚の目のような形状に変形している状態を指します。
血行不良や靴のサイズが合わない、重心が片足によりがちな人に多く、魚の目用薬品で取るなどすれば痛みは治まります。
 
 

足底線維腫(そくていせんいしゅ)

 
足底線維腫いぼ
 
足の裏に手にできるような豆のような’しこり’ができ痛みを共なう症状です。
はっきりとした原因は未だ解明されていませんが、しこりが痛むという方は足底線維腫の可能性が高いので、皮膚科などで1度診察してもらうことが早期解決に繋がります。
 
 

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)

 
足底筋膜炎
 
歩き始めの1歩目が痛い、、足が地面に着くor離れる瞬間に痛む、歩いていると足の裏やかかと部分が痛み始める、、足裏がしびれるなどの症状がある方は足底筋膜炎(そくていきんまくえん)の可能性があります。
近年ジョギングブームによって増えてきている症状ですが、とくに足裏の真ん中のラインが痛みやすくなっています。
足底筋膜炎に関しては、こちらの記事で詳しく紹介しています↓
足底筋膜炎の原因と筋トレやツボで治す方法

.

足の裏の痛みと病気との関係性

 
上記の痛みの原因は主に筋肉や歩き方、靴のサイズなど外部要因によっておこる痛みですね。
それとは別に内蔵の病気など内部要因による痛みの可能性もあるのが足の裏です。
ある種、早期発見のサインを出してくれているので敏感に察知して早期治療で治していきましょう。
 
 

痛風による痛み

 
痛風と足の裏痛み
 
プリン体の過剰摂取によって尿酸が結晶化され、関節などに沈着し痛みを起こす痛風。
とくに関節部分が痛む、、という方は痛風の可能性も高いです。
食生活の見直しによって改善されますが、まずは病院にいって血液検査や尿酸値の検査でお医者さんからのアドバイスや治療を受けることをお勧めします。
 
 

モートン病による痛み

 
モートン病
 
つま先に圧力が長時間加わることで起こる神経障害です。
ハイヒールやパンプスを履く機会の多い女性に多く、しびれや指の麻痺などの症状がおこります。
早めに整形外科での診察を受けましょう。
3ヶ月程度で治らない場合は手術を受けなければいけない場合もあります。
 
 

糖尿病による神経障害

 
糖尿病神経障害
 
血糖値の高い状態が続く糖尿病により、毛細血管から足先などの神経に栄養分が十分行き渡らず、しびれや痛みが発症する病気です。
すでに糖尿病を患っている方や血糖値の高い方は診察を受けるようにしましょう。
 
 

前立腺炎や動脈硬化の恐れ

 
動脈硬化
 
血流が滞る動脈硬化や前立腺が炎症を起こす前立腺炎も足裏痛みなどの違和感がでてきます。
胸の痛みや、体のしびれが伴う場合は、早めに病院に相談するようにしましょう。
 
 
 

足の裏が痛くなったときの対処法

 
普段よく運動などされる方は痛みを感じた場合、しばらく運動を控えるなどして痛みが治まるのを待ちましょう。
そして偏平足や足底筋膜炎など特定される場合は、それぞれの方法で対処していきましょう。
 
基本的には1日2日の痛みは気にしなくても問題ありません。
足裏をマッサージしてあげたり、しっかり湯船につかって血流を良くするなどの対処で十分痛みが消えることの方が多いです。
 
足裏マッサージ
 
ただし1週間単位で痛む、、という場合は、1つ1つ症状を確認しながら、整形外科や整骨院などに相談して早めに対処することが大切です。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*