Home » ライフ » お金 » 出産祝いの相場と二人目の金額はいくら?
出産祝いは?

出産祝いの相場と二人目の金額はいくら?

Pocket

子供が生まれるというのは人生にとってとても大きなイベントですよね。
それが友人や兄弟、親類など身近な人であれば喜びもひとしおです。
 
ですが、その際考え込んでしまう問題があります。
そう「出産祝いはどうしよう・・」という事です。
 
筆者自身もここ数年を考えても複数の友人が出産し、身近なところでは実姉や義姉も出産しました。
 
実姉に関しては直接お祝いはいいよと言われたため、ベビー服をプレゼントした経緯がありましたが、
親類関係などの出産祝いは正直今まで親任せだったり、初めて友人に子供が生まれた際など祝い金の相場はいくら?どうすれば良い?と迷ったものです。
 
また特にどうなの?と思ったのが、二人目以降の出産についてです。
 
2人目以降も差をつけずに同じ金額を渡すのが普通なのか?でも差をつけるのも・・・と様々な疑問がでてきますよね。
 
そこで同じお悩みの方も多くいらっしゃるだろうと思いますので、今回は出産祝いの相場や金額についてです。

.

出産祝いの相場

 
さて出産祝いの相場ですが、これは渡す相手の立場や自身の年齢などによって大きく左右されます。
 
【年齢別参考相場】
 
  • あなたが20代の場合
  •  
    親類関係⇒ 10,000円
    友人・知人⇒ 5,000円
    ご近所⇒ なし
    兄弟・姉妹⇒ 10,000円
    仕事関係⇒ 3,000円
     
     

  • あなたが30代の場合
  •  
    親類関係⇒ 10,000円
    友人・知人⇒ 5,000円
    ご近所⇒ 5,000円
    兄弟・姉妹⇒ 10,000円
    仕事関係⇒ 3,000円
     
     

  • あなたが40代の場合
  •  
    親類関係⇒ 10,000円
    友人・知人⇒ 10,000円
    ご近所⇒ 10,000円
    兄弟・姉妹⇒
    仕事関係⇒ 5,000円
     
     

  • あなたが50代の場合
  •  
    親類関係⇒ 10,000円
    友人・知人⇒ 10,000円
    ご近所⇒ 5,000円
    兄弟・姉妹⇒
    仕事関係⇒ 5,000円

 
※アンケートによる平均金額になります。
※空白部分は回答が年齢により圧倒的に少ないためです。
 
当然関係性が近く、年齢が高くなるほど相場は上がってきています。
両親が子供に送る場合は2~5万円、兄弟間は1~3万円程度が平均で、その他の関係に関してはほぼ上記平均値と差はないようです。
 
また会社の同僚・上司などには社員仲間共同でいくらというカタチにしたり、物をプレゼントする方法が多いです。
.

二人目以降の出産祝いは?

 
二人目
 
二人目や三人目の出産祝いについてですが、多くの方が同金額か、もしくは「1人目の7割程度」の金額を渡してらっしゃるようです。
 
また最近多いのが、2人目以降はベビー用品やオムツなど消耗品をプレゼントされるパターンが増えています。
ただ親しい友人であればプレゼント、親類などにはお金を包むなど分けて考える必要もあるかと思います。
 
 
 

現金以外で喜ばれる贈り物は?

 
両親からのプレゼントであれば、

・ベビーカー

・ベビーベッド

・チャイルドシート

などの高級育児グッズ

友人などへのプレゼントであれば、

・オムツ

・ベビー服

・タオル

・おもちゃ

等の消耗品が喜ばれる傾向にあるようです。

 
ただベビー服やおもちゃは、相手の趣味趣向や教育方針などによっては不満に思われる可能性もありますので、相手の趣味や考えを理解した上で贈る事をおススメします。
 
 
 

友人間は簡単なプレゼントでもOK

 
ラフなプレゼント
 
最近では堅苦しい感じは避けたい、でもマナーとして祝いを贈りたいという点から若い世代の方ほど気軽にプレゼントを渡される傾向にあります。

例えばGAPベイビーで選んだ数点の服や、最近流行りの子育て便利グッズをアマゾンで注文など。

「特に友人のお宅に赤ちゃんをみにいく」という場合、そういったラフな祝い品に、何かケーキなど手土産を持参していく程度でも十分かと思いますよ。

もちろんそれは自分が既に相手から出産祝いを頂いている場合は、それに見合った商品や金額を考える必要がありますが、友人であればそれほど悩む必要はなく、むしろお子さんの誕生を素直に祝ってあげる姿勢が大切かと思います。

特に20代後半〜30代以降になってくると、それこそベビーラッシュかのように親類や友人間での出産祝いを渡す機会も増えるものです。
プレゼント自体が億劫にならないためにも、あまり肩に力を入れずラフな感じをイメージされればよいでしょう。

出産祝いは名前の通りお祝い事ですので、何を贈られても感謝とともに受けとるという受ける側の心も大切だと思いますが、大人ですから贈る際のマナーなどには最低限気をつけた上で贈りたい所ですね。
 
 

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*