Home » 健康法 » 手足 » 腱鞘炎は注意!ばね指の原因や症状 予防法
ばね指の原因症状予防法

腱鞘炎は注意!ばね指の原因や症状 予防法

Pocket


数多くの指の病気の中で、筋肉が思うように動いていかないという症状もあります。
これがばね指という病気で、急激に指の動きが悪くなる症状が生まれていきます。
一体なぜ、ばね指が発症されてしまうのでしょうか。

.

ばね指になってしまう原因

 
ばね指原因
 
指の付け根に痛みや腫れていき、熱がこもっているような症状を発症して腱鞘炎を引き起こしてしまいます。
この状態が進んでしまうと筋肉がばねのようになってしまうことがあります。これがばね指です。
 
一番の原因は指の使いすぎです。
指を使っていくことによって刺激が入っていき、腱鞘といわれる指の曲げ伸ばしを行う部位にある筋にダメージが入っていきます。
こうして腱が次第に大きくなったり硬くなることでばね指になります。
 
  • パソコンやゴルフなど指の使いすぎ<
  • ゲームなどを含め指の使いすぎは腱鞘炎→ばね指へとつがなります。
     

  • 指の付け根に要注意
  • 特に親指や中指の付け根が弱いという方がばね指にかかりやすいです。
    親指の付け根は最もかかりやすくなりますので、ケアなどをしていかなければなりません。
     

  • 妊娠・出産・更年期
  • 女性によく見られる病気となっており、妊娠や産後、さらには更年期になると発症してしまうことがあります。
    指を酷使したりホルモンバランスを崩しても、ばね指にかかりやすくなっています。

 
 
 

ばね指の症状

 
ばね指症状
 
指に関する炎症は色々とありますが、ばね指や腱鞘炎といった普段の生活で支障をきたす炎症もあります。
その中でもばね指が進行してしまうと、どのような症状をもたらしてしまうのでしょうか。
 
  • 腱鞘炎が進行し痛みを伴う
  • 腱鞘炎が進行すると発症するばね指は指の動きが急に悪くなることもあれば、全く動かなくこともあります。
    関節を動かすとポキポキと音が鳴っていき、痛みを感じることもあります。それが前兆なのです。
     

  • 指が動きにくくなる
  • 痛みなどを感じてきたら、徐々に指が動きづらくなってきます。
    早めに診察を受け、治療方針を固めていきながら、早期回復ができるように治療を進めていきましょう。
    症状が悪化すると熱も出てきますので、指が全く動かなくなるスピードも早くなってしまいます。

.

ばね指を発症を予防しよう

 
指を酷使する作業を続けていくことによって、ばね指を発症してしまうことがあります。
この状態で作業を継続させていくとばね指を進行させてしまうこともありますので、しっかりと休憩を挟んでいくことも重要となります。
 
  • 痛みや熱を感じたら作業を止める
  •  
    予防法休憩
     
    作業をしていて熱や痛みを感じるなら、作業を一旦止めておきましょう。
    もしも症状がひどくなってしまうと熱や痛みが進行してしまうこともありますので、違和感を感じるようであれば、完全に指を休めていきましょう。
     

  • 少し休むだけで症状は改善される
  • ばね指になる前に痛み出したり熱を帯びたら、しっかりと指を休めていくことになりますが、少し休むだけでも熱を持つことがなくなります。無理をしないようにしましょう。

ばね指は痛みや発症したことを忘れてほおっておくと、いつの間にかかなり悪化していたということもあります。
進行しないように、早めにばね指について診察を受けることをお勧めいたします。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*