Home » 美容 » 美肌・アンチエイジング » 【しっとり肌】美肌を作る入浴方法
美肌を作る入浴方法

【しっとり肌】美肌を作る入浴方法

Pocket

肌寒い季節は体も暖まるバスタイムは欠かせません。
じつは毎日のバスタイムは、ちょっとしたポイントを抑えるだけでしっとりとした美肌が期待できるんです!
そんなこれからの季節に知っておきたいバスタイムのポイントをご紹します。

.

設定温度はぬるま湯で

 
ぬるま湯に浸かる
 
お風呂でしっとり濡れたはずなのに、なぜか出た後は肌が乾燥しているという人はいませんか?
その原因はもしかしたらお風呂の温度にあるかもしれません。
 
肌の潤いを保つ細胞間脂質は、体温以上のお湯にさらされると外に流出してしまいます。
つまり、42度以上の高温のお風呂に長く浸かれば浸かるほど、肌は乾燥してしまうのです。
美肌のためには38度から40度のぬるめのお湯に浸かるのがオススメ!
寒いとついつい熱くしがちですが、ぬるま湯にじっくりつかってしっとり美肌を手に入れましょう!
 
 
 

湯気のスチームで美肌効果

 
お風呂でパック
 
入浴中の肌はもっちりしてませんか?
それは、湯船からでる湯気がスチームとして美肌効果をもたらしてくれているのです。
スチーム効果を上手く活用して、パックをしたりクリームを塗るのもオススメです。
毛穴が開いているので、浸透力がアップしてさらにもっちり美肌になれますよ!
 
 
 

肌はやさしくたっぷりの泡で洗う

 
体の洗い方
 
体のアカや汚れを落とすために、ついついゴシゴシ洗いがちの方もいると思います。
ですが、それは肌への負担が大きく美肌からは遠のいてしまいます。
 
ゴシゴシ洗うと必要な皮脂を落としてしまったり、肌に傷をつけて乾燥を加速させたりとマイナスなことばかり。
体を洗うときは、ナイロンや合成繊維が入っていないコットン100%のスポンジなどでしっかり泡立ててからやさしく洗ってください。
 
ゴシゴシ洗わなくても十分に汗やほこりは落ちますよ。
敏感肌や乾燥肌の方は、専用のボディソープを使って手で洗うと良いでしょう!
.

入浴剤を使って潤いを保つ!

 
入浴剤で美肌
 
バスタイムにちょっとした道具をプラスするだけでさらに美肌効果はアップします!
それは入浴剤です。
保湿成分の入った入浴剤を入れるだけでしっとり感はさらに増すでしょう!
湯船からあがるときにシャワーで洗い流さないのもポイントです。
他にも、湯上がりに潤いを逃しにくいバスローブを羽織ったり、ボディクリームを塗ったりとちょっとしたアイテムをプラスすることでしっとり美肌が保てますよ。
 
 
 

汗のヴェールで潤いゲット

 
汗をかく
 
バスタイムはぜひしっかりと汗をかいてください。
汗と皮脂が混ざり合うことで、肌の潤いを守ってくれる皮脂膜がつくられからです。
あまり長時間つかってられない人は、発汗作用のある炭酸やしょうが、トウガラシなどが配合されている入浴剤を使ってみてください。
汗をかいて血行を良くすることで、ターンオーバやデトックスを促してくれるので美肌に近づけますよ。
 
 
普段何気なく過ごしているバスタイムもちょっとしたポイントを抑えるだけで素敵な美容タイムになります。
この冬はバスタイムを楽しみながらしっとり美肌を手に入れてくださいね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*