Home » 美容 » ココナッツオイルの効能とおすすめの使い方はコレ!
ココナッツオイルの使い方

ココナッツオイルの効能とおすすめの使い方はコレ!

Pocket

最近、ココナッツオイルが話題となりお店などでもよく見かけるようになりました。
美容のためにと愛用される方も多く、女性の皆様には気になるアイテムですよね。その、ココナッツオイルの驚くべき効能と長く愛用できるように簡単な使いかたをご紹介していきたいと思います。

.

ココナッツオイルってどんなもの?

 
ココナッツオイルは、ヤシの実からとれる油のことです。
ヤシの実でもココヤシ果実の種の部分からとれる油になります。
アジアや太平洋地域での人々の生活において大切なものとして使われています。
 
25度以下では、白くクリーム状になっていますが25度以上では液体状になるので、加熱して使用すると、油の様にサラサラの状態となります。
香りはきつくなく、食品やお菓子にまぜても気にならないくらいの良い香りです。
 
 
 

ココナッツオイルの効能

 
ココナッツオイル効能
 
油の種類には、太る原因と言われるものと、体に必要と言われるものがあります。
その中で、ココナッツオイルは飽和脂肪酸が多く含まれています。
飽和脂肪酸と聞くと体に悪いイメージがあるかと思いますが、飽和脂肪酸には種類があります。
 
その中でもココナッツオイルの飽和脂肪酸は「中鎖脂肪酸」と言われる体に蓄積しない油の分類となります。
また、体に取り入れてすぐエネルギーに代わりやすく脂肪としては蓄積されません
その他には、「便秘改善」の効果があるため、腸内環境の改善にも効果的です。
その上ビタミンEを豊富に含んでいるため、「抗酸化作用」「アンチエイジング」などの効果があります。
 
つまり代表的な効能を上げるだけでも
・ダイエットにいい
・免疫力を上げる
・美肌効果
・ニキビケア
・日焼け後の肌のケア

と多くの効果が望めるのがココナッツオイルの魅力なんです。
.

ココナッツオイルおすすめの使い方

 
ココナッツオイル使い方
 
  • 暖かい飲み物に混ぜる
  • コーヒーに混ぜるとほのかにココナッツフレーバーなどとしても楽しめます。
     

  • パンケーキを焼くときに油の変わりに
  • パンケーキを焼くときに油やバターを使う代わりにココナッツオイルを使います。カロリ−も抑えられますよ。
     

  • バターや油の変わりにお菓子に混ぜる
  • スポンジケーキや、シフォンケーキなど、以外と油を使う焼き菓子などに、バターや油の変わりとしてココナッツオイルを使ってみてください。
     

  • マッサージオイルとして
  • 保湿効果もあるのでリンパマッサージなどをするときに使ってみてください。
     

  • ニキビやかさついている肌に塗る
  • 抗菌作用などもあるので、南国では傷口に塗る薬として使われています。

ココナッツオイルはたくさんの種類がありなにを基準に購入すれば良いか悩むと思います。
購入する際には、「農薬不使用」つまりオーガニックのものや、「無精製」、「低温圧搾」のものをおすすめします。
「低温圧搾」は栄養や風味を壊さない加工の仕方です。よくパッケージを見て購入してください。
 
ココナッツオイルは肌に塗ってもいい、食べてもいいと万能です。
使い方も簡単で効能もとても良いので、ぜひ長く愛用していただきたいと思います。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*