Home » ライフ » グルメ・食品 » 【二日酔いや便秘にも】コーヒーの効果がすごい!
コーヒーの効果

【二日酔いや便秘にも】コーヒーの効果がすごい!

Pocket


日常生活で何かというとコーヒーをついつい飲んでしまう人もいると思います。
眠気を解消して行ったり、リラックス効果をもたらすために飲んでいくと考えている方も多く、カフェでは色々なコーヒーを並べていることもありますよね。
 
カフェインの多いコーヒーは身体に悪い!という風潮も否めませんが、コーヒーはリラックスや眠気を飛ばしてくれるだけなく、
身体にとって良い効果ももたらしてくれるんです。
今回はコーヒーがもたらしてくれる具体的な効果について、様々なシチュエーションから見ていきましょう。

.

二日酔いにコーヒーが効く

 
二日酔いに効く
 
お酒を常に飲むという人は、翌日の二日酔いにならないようケアをするためコーヒーを飲むといいでしょう。
実は二日酔いに効果的で、肝臓の調子を改善していくともいわれているのです。
 
  • 二日酔いの原理を知ろう
  • 二日酔いになってしまう原因というのは、肝臓の働きが低下することにあります。
    アルコールが体内で分解できなくなってしまうので、血中に二日酔いとなるアルコールがたまっていきます。
    有害物質がたまって不快な酔いを感じたり、頭痛が止まらなくなることがあります。
     

  • 効果的なのはインスタントコーヒー
  • インスタントコーヒーを毎日5杯ほど飲んでいくとカフェインが大活躍します。
    尿を促進していく作用を持っているのがカフェインで、有害な物質を体外へとしっかりと放出していくことができます。
    二日酔いの成分であるアセトアルデヒドにも効果的で、肝臓や腎臓が活発に働いて分解してくれるんですね。
     
    肝臓を守る効果があるコーヒーを飲んで、二日酔い対策、肝臓対策をするのがオススメです。
     
     
     

    便秘にも効果アリ

     
     便秘解消
     
    女性にとって大敵ともいえる便秘ですが、実はコーヒーが大きな改善効果を持っているといわれています。
    どのような効果を体内で発揮していくのでしょうか。様々な観点から見ていきます。
     
    • カフェインが効く
    • 便秘の改善にカフェインが働いていきます。
      カフェインが徐々に腸の働きを活発にしていきますが、便意にもつなげていくことができます。体
      内の便通が正常の健康な状態に戻っていきますので、便秘も解消されていくことでしょう。
        

    • 即効性が高い
    • カフェインは即効性も高くなっています。急に便秘に苦しんでいったとしても、コーヒーを飲んでいくと便秘が急に改善されるということもあります。
        

    • コーヒーを飲むタイミングが重要
    •  最も効果的なのは朝です。目覚めの一杯という表現があるように、朝食でコーヒーを飲んでいくと大きな効果を得ることができます。生活で便秘で苦しんでいる時には、目覚めの一杯を怠らないほうがいいでしょう。

.

脳梗塞から救う

 
脳梗塞予防に効く
 
大病ともいわれている脳梗塞(のうこうそく)もコーヒーが改善させてくれるといわれています。
これはしっかりと科学的に認められていますので、常に飲んでいくといいでしょう。
 
  • 血栓が作られにくくなる
  • 血の塊となっている血栓というのは、徐々に脳梗塞などを脳内へ引き起こしていくことになります。
    これをカフェインの働きによって改善させていくことができますが、これは酵素がしっかりと働いているためです。
     

  • コーヒーを飲めない時は緑茶
  • コーヒーがどうしても飲めないという時は、同じくカフェインを多く含んでいる緑茶を飲んでいきましょう。
    コーヒーよりも少なくなっていますので、あまり効果は期待しないほうがいいでしょう。

 
 
いかがでしょうか。このように単に眠気などを解消していくだけでなく、コーヒーは生活で苦しんでいく病気について効果を発揮していきます。
時間帯によっては大きな効果をもたらしますので、定期的に飲んでいきましょう。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*