Home » 病気・不調 » 驚異の自然治癒「脱力・リラックス」だけで免疫力が上がる方法とは?
脱力リラックス方法

驚異の自然治癒「脱力・リラックス」だけで免疫力が上がる方法とは?

Pocket

ヒトのからだにはさまざまな免疫機能があります。
よく知られているのが笑うことではたらく免疫機能として有名な「ナチュラルキラー細胞」です。
 
癌細胞などを抑制し体調を元に戻すには自然治癒を高める方法が効果的ですが、「脱力」も自然治癒を助ける方法として有効なのを知っていましたか?
今回は「脱力するだけで免疫力が上がるリラックス方法」のご紹介です。

.

現代人に足りてない脱力

 
現代人のストレス
 
朝起きて、まず仕事などで出かけるしたくをしますが、時間を見計らいながら準備をするとき、無意識に緊張していることに気づきませんか?
例えば電車の時間や始業の時間、人との待ち合わせの時間など、予定の時間に遅れないように考え行動することは少なくとも「脱力」とはほど遠い状況ですよね。
朝のひと時でこの状態です。
つまり脱力とは対極にあるのがこのような「生活のストレス」です。
 
 
 

「脱力」から生まれる「治す力」

 
健康へと導く理想的な体内の状態のひとつが「サラサラとした血の流れ」です。
これがひとたびストレスにさらされるとドロドロとした流れに変化し、いずれはからだに様々な支障をきたす可能性も高くなります。
 
ストレスとは筋肉が緊張した状態です。
そして、これをゆるめる一番早い方法が「深呼吸」です
 
大きくゆっくりとした呼吸を深く長く続けることで、胸からお腹にかけての筋肉が自然にゆるみます
胸からお腹にかけては神経や毛細血管が密集しているゾーン。
それらを取り巻く筋肉を柔らかくしてあげられるのは「脱力」しかありません。
深呼吸はすぐに行える脱力の方法です。
.

うつや不眠も脱力で解決

 
鬱を解決
 
うつ病や神経不安症によく見られる症状が「不眠」です。
眠れない大きな原因のひとつには、神経が興奮していることがあげられます。
興奮していると筋肉も決してゆるもうとはしません。
こうなると眠るのは薬の力を借りるか、そのまままんじりともせず朝を迎えることのいずれかになります。
 
不眠解消には「脱力」に意識を向けることが大事で、全身の力を抜けば、あっけなく穏やかな眠りに入ることができます。
 
【睡眠前に行う脱力方法】
 
睡眠前
 
1.よく晴れた草原や海など自分が心地よくなれる場所に座ったり、横たわっている自分をイメージします。
 
2.足の指に意識を向け、一本一本力を抜いていきます。
※その時「親指」「中指」などと心でつぶやくと力が抜きやすくなります。
 
3.足の指から足首、ふくらはぎ、太もも、お尻といった具合に上半身に向け力を抜いていきます。
 
4.そして次は脱力する場所を上げていき、お腹から胸、首、顔までくるとかなり脱力ができているはず。
 
深い呼吸を続けながら脱力していくとまもなく眠りにつけるでしょう。
 
 
 

日常的に脱力する方法

 
脱力するにはとても意外な方法が役に立ちます。
それは何と「死んだふり」をすること。
 
【死んだふり脱力方】
 
デスクワーク脱力
 
1.まずはじめに仰向けに寝たら、次に演技をしているかのように「ガクッ」と首をうなだれます。
※自分が俳優になったつもりでオーバーにいきましょう。
 
2.そのまま5分ほど力を抜いたままにするとやがて足がポカポカしてくるのを感じ、急速に眠たくなってきます。
※これは血流が活発になった証拠。
血流が良くなるにつれ脳内では幸せホルモンが分泌され、自然な眠けに襲われることでしょう。
 
仰向けになれないデスクワークのときなどは、うーんと一杯に力を入れ大きく万歳をしながら伸びをしたあと、次の瞬間「ガクッ」と頭を前に垂らし、だら〜んと前にうなだれ「死んだふり」をします。
このまま1分。
若干怪しい動きですが、、これを3回繰り返しだけで大きく力が抜け脱力状態が作れますよ。
またふと気がついた時に「肩に力が入ってないかな?」と意識し、上がっている肩をだらんと下げて緩めてあげることも大切な脱力方法です。
 
 
 

まとめ

 
「脱力する方法」いかがでしたか?
脱力することで一時的にリラックス効果がはたらきます。
脳では副交換神経が優位になり、ジンワリとした気持ち良さを感じます。
気持ち良さを感じれば、必然的に体内の自然治癒力もアップします。「
脱力」を毎日の習慣にして、ぜひ病気にかかりにくいからだ作りを目指してくださいね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*