Home » ライフ » 赤ちゃん・育児 » 嫌がる子供に薬をスムーズに飲ませる5つの方法
薬飲まない子供

嫌がる子供に薬をスムーズに飲ませる5つの方法

Pocket

小さいお子さんのいる家庭での悩みのひとつが「薬を飲ませるとき」ではないでしょうか?
大人だったら具合の悪いときなどはむしろ薬に頼りたくなるもの。
 
しかし小さい子供の場合、喜んで薬を飲んでくれる子は皆無かもしれませんね。
「飲んで!」「飲まない!」といった薬をめぐる子どもとの攻防戦に疲れ果てている親御さんもいるのでは?
そんな小さいこどもに「なんとか薬を飲ませたいときの方法5つ」をご紹介します。

.

まずは「お薬を飲もうね」

 
子供薬飲ませる
 
毎回苦労する子供へのお薬。
「またいやがるだろうなぁ..」と親御さんたちはとても気落ちするかもしれません。
 
しかしまずは子どもに「お薬を飲めば治るよ」ということをきちんと伝えましょう。
その際しっかりと抱っこして安心させることも大切です。
 
また治った際には「お薬飲んだから治ったんだね」というひと言を忘れずに
「薬を飲んだ」あとの「治る」というフィードバックをきちんとしてあげると、あとあとまでうまくいきます。
 
 
 

液体薬はスポイトを使う

 
スポイト使う
 
シロップ状のお薬におすすめなのがスポイトです。
ポイントは舌の上には乗せないこと。
味や食感のわかりにくい頬の内側に一滴づつ垂らすようにすればスルリと飲んでくれます。
 
 
 

粉薬は少量の水で溶かし上あごにつける

 
水に溶かす
 
粉薬の場合は、少量の水で溶ききれいに洗った指先につけて子どもの上あごや頬の内側に塗ります。
その後すぐに白湯を飲ませてください。
 
粉薬の苦味も感じにくくスムーズに飲んでくれるはずです。
.

甘いものに混ぜる

 
お菓子と混ぜる
 
「濃い甘さ」のものは薬の苦みを消してくれるので飲みやすくなります。
少量のチョコレートシロップ、ジャム、プリン、アイスクリームなどと混ぜて飲ませると抵抗感が少ないようです。
 
しかし薬によっては何かに混ぜると逆に飲みにくくなるものもあります。
特に抗生物質はオレンジジュースなど酸味のある飲み物に混ぜると飲みにくくなってしまいますので注意が必要です。
 
 
 

かかりつけ医に相談する

 
医者に相談
 
「イヤなものはイヤ!」と断固として口を開けてくれず毎回大泣きの子どもにほとほと困っていたら、かかりつけ医に相談してみましょう。
 
また処方された薬に何か混ぜて飲みやすくしたいとき、適切なものを聞いておけば次はうまく飲んでくれそうですよね。
 
 
 

やってはダメなこと

 
食べ物に混ぜる方法は一見すんなり成功しそうですが、実は後味の苦みにより味が変わることからその後、一切その食べ物を受けつけなくなる可能性もあります。
 
特にミルクに混ぜその味をいやがって飲まなかった場合、ミルクの代替品がないためその子にとって致命的なものとなってしまいます。
薬は薬としてそのままなんとか飲ませる方が無難かもしれませんね。
 
また大人と比べ子供は味覚に敏感。
「こんなのすぐ飲めるでしょ」と思っても大人と子どもは違うのです。
うまく飲めないからと必死の形相で叱ったりするとますます飲んでくれなくなります。
 
 
 

まとめ

 
いやいやながらもがんばってちゃんと飲めた時にはほんの少しだけ「ごほうびのおやつ」や「好きなビデオ」を観せてあげるのもいいかもしれません。
 
子育て中は冒険旅行のようなもの。
さまざまなハードルを一つ一つ乗り越えていくところにその醍醐味があります。
お子さんがうまく薬を飲めたときは大いにほめてあげて。薬に対する嫌悪感を乗り越えるには周囲の大人のサポートが絶対必要なのです。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*