Home » ライフ » 生活の知恵 » 効率的な英語学習方法はコレ!
効率的な英語学習

効率的な英語学習方法はコレ!

Pocket


少しでも英語を覚えたいという時に、自分に合う学習方法を見出さなければなりません。
英語を学んでいく方法は色々とありますが、どの方法が最も理想的なのでしょうか。
様々なやり方から見ていくことにします。

.

書いて覚えるメリットデメリット

 
書いて覚える英語
 
とにかく書いて覚えていくことが適しているという方も多いです。
指が痛くなるまで書いて英語を覚えていく時には、どのようなメリットやデメリットが生じてくるのでしょうか。
 
  • 書いて覚えるとスペルが正しく理解できる
  • メリットとして英単語や熟語をスペルでスムーズに覚えていくことができます。
    また正しくスペルを並べていきますので、間違えにくくしていくことができます。
     

  • デメリットは音が全く理解できないこと
  • その反面英単語などの読み方や発音に関するアクセントといった、音に関する部分の理解が全くできなくなるという問題が発生することがあります。
    試験でリスニング問題が出てきてしまうと、右往左往してしまうこともあります。
     

  • モチベーションが落ちてしまうことがある
  • 同じ作業を繰り返しながら覚えていきますので、疲労が溜まっていくと何度も同じスペルを書くことが苦痛になってしまうことがあります。
    こうなるとモチベーションが下がっていき、ミスを生んでしまうことがあります。

 
 
 

読解で学んでいく学習法について

 
読解で覚える英語
 
国際的な資格試験において、リーディングなどの必須条件が出てきますが、文章を読んでいきながら覚える方法もあります。
 
  • 文章の流れをしっかりと覚えられる
  • 読解を繰り返すことで、流れを覚えていくことができるのがポイントとなっていきます。
    トピックについても多いため、決して飽きることがないというのも、このタイプのメリットとなっています。
     

  • スペルを書く際に苦労してしまう
  • その一方で英単語のスペルが思い浮かばなくなってしまうというデメリットを生んでしまうことがあります。
    音で英語を理解をするため、知らない英単語を見てしまうと総崩れになる可能性も秘めています。

.

シチュエーションをイメージをして学んでいく方法

 
英語の勉強方法
 
英文を何気なく見ていきながらシチュエーションのイメージを沸かせていき、出てくる英単語などを覚えていく方法も存在しています。
 
  • 英作文などがスムーズに頭に入っていく
  • シチュエーションを把握することで英会話のイメージができあがっていきますので、勉強に着実に活かすことができます。
    ただ該当するシチュエーションでなければ、しっかりと覚えることができないというデメリットもあります。
     

  • ネイティブと同じように引き出すことができる
  • ネイティブの方は目でシチュエーションを確認しながら学ぶため、シチュエーションによる勉強法はほどんど苦労しません。
    徐々に単語を覚えていくのが通例ですが、会話をする時に慣れていないと困ってしまうかもしれません。

 
いかがでしょうか。適切な英語学習法を自分のやりやすいようにアレンジしていきながら、勉強を進めていくといいでしょう。
英語の成績がみるみるうちにアップしていくかもしれません。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*