Home » 健康法 » » 眼精疲労の原因と目の病気との関係性は?
眼精疲労の原因と病気

眼精疲労の原因と目の病気との関係性は?

Pocket


涙が出る、目が乾く感じがする、物を見る気がしない、瞼が下がってくる、瞬きがおかしい、ごろごろする、ひりひりしみる・・・など、
目の不快感を感じることは誰しもあるでしょうが、このような違和感が長く続くようであれば眼精疲労の可能性が高いです。
 
パソコンやスマホなどが浸透している生活において、あらゆる場面で目を使うことの多い環境の中どんなことに気をつければよいのでしょうか。
眼精疲労になる原因や治療法、そして眼精疲労が進行すると起こる目の病気についてみていきましょう。

.

眼精疲労になる原因

 
眼精疲労の原因
 
年を重ねるごとに目の調整機能は落ちてきます。
老眼も目の調整力の低下ですし、瞼や目周辺の筋肉の衰えを疲れとして感じてしまうこともあります。
また、スマホやパソコンなどの長時間使用や、近視や乱視、メガネやコンタクトが合っていない場合も原因になります。
また体の他の部位や生活習慣にあることも多いのです。
 
 
 

眼精疲労の治療法は?

 
残念ながら眼精疲労に決まった治療法はなく、原因と思われるものをひとつずつ取り除いていくしかありません。
例えば、働き過ぎ。
これは目が疲れているのではなく体が疲れていることから目に疲れを感じるケースです。
 
あとは精神的なストレス、乾燥したオフィスの環境、姿勢の悪さなどが目に疲れを感じる発端になっていることが多いので、
それらをひとつずつ取り除いてゆきます。
.

眼精疲労をきっかけに起こる目の病気

 
  • ドライアイ
  •  
    ドライアイの症状
     
    目を潤す涙の力が低下し乾きやすい状態になります。すると角膜表面が傷つきやすくなり目に不調がでてきます。
     
    【症状】
    目が乾く、ごろごろするなど眼精疲労と似ていますが、ドライアイには目の表面や涙の質、量に判断基準があります。
    目が乾くせいで読み物が読めないなど生活の質が下がるのはドライアイの疑いがあります。
     
    【原因】
    大きく2つの原因があり、①涙の量が少ない ②涙の質が変化している、です。涙は一様な液体ではなく2層になっています。
    角膜上皮に近い方からムチンと栄養を含む水層、そして表面側は涙の蒸発を含む油層から成ります。
    例えば、表面の層にあたる油を分泌しているのはマイボーム膜というところなのですが、
    そこが詰まったりすると油の量が減って層が不安定になり涙が蒸発しやすくなりドライアイになります。
     
    【対処法】
    基本は点眼薬での治療です。
    最近では涙の分泌を増やすものや、涙のそれぞれの層にはたらきかけてバランスを整えるものなど治療できる点眼薬もでてきました。
     
     

  • 緑内障
  •  
    緑内障の症状
     
    40歳以上の100人に5人がかかるとも言われる、意外にも多い病気です。
    進行はゆっくりですがほおっておくと悪くなる一方で自然に治ることはまずありません。
     
    【症状】
    「視野障害」と呼ばれる視野の一部が欠けて見える症状が現れます。
    しかし欠けている部分の画像がもう片方の目や眼球の動きによって補われてしまい異常に気付けないことが一番怖いところです。
    緑内障によって一度欠けてしまった視野は治療をしても取り戻すことはできないので初期の段階で発見することはとても重要です。
     
    【原因】
    視神経の目に近い部分が何らかの理由で損傷してしまうことが視野の欠損を起こします。
    損傷の理由は、目の内部を満たしている房水の流れが悪くなり、目の内圧である「眼圧」が高くなって視神経を圧迫することです。
    しかし、眼圧には問題がないのに緑内障になることがあり、日本人ではこちらのタイプの緑内障が約7割を占めます。
     
    【対処法】
    眼圧の高低にかかわらず、いずれの緑内障でも眼圧を下げることで進行が抑えられることが分かっています。
    ほとんどは眼圧を下げる点眼薬で治療をしますが、レーザー治療や外科手術を行うこともあります。
    ただし、これらの治療は緑内障の進行を遅らせるもので失われた視野を回復させるものではないことに注意しておきましょう。

 
眼精疲労は病気になる手前の未病に位置していますが、ただの疲れ目だと思ってほおっておくのはよくありません。
症状が軽いうちは市販の目薬で緩和してあげてもよいでしょうが、違和感が長く続くようなときには一度眼科で診てもらいましょう。
また緑内障の場合、健康診断や人間ドックで撮影される「眼底写真」によって見つかることが多いので、定期的な検査にいってみるのもよいでしょう。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*