Home » ライフ » お金 » ふるさと納税のメリット・デメリット
ふるさと納税メリットデメリット

ふるさと納税のメリット・デメリット

Pocket


「ふるさと納税」という言葉をよく聞くようになりましたよね。
自分の生まれ故郷はもちろん、思い入れのある土地に収めるこの仕組み。
 
ですが、以外と利用している人が少ないのはそのお得感が伝わっていないからではないでしょうか?
今回は、このふるさと納税のメリット・デメリットについてお届けしたいと思います。

.

ふるさと納税とは?

 
ふるさと納税とは
 
都市部と地方間に起こる地域格差バランスを平均化させるために、2008年から始まった制度です。
個人個人が自分の意思により任意の地方自治体(都道府県、市町村や特別区)に自由に寄付金を送ることができるものです
 
ここで誤解されやすいのが、「ふるさと納税」という名前から、「納税」だと思われがちですが、
ふるさと納税は「寄附金」扱いになります
 
つまり、寄附金として送った金額は全額、本来納めるべき税金から引いてくれるシステムなのです。
手続きは各自治体によって方法が異なりますが、もっとも簡単なのがYahoo!の公金支払いです。
 

 
 
 

ふるさと納税のメリット

 
では、ふるさと納税にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
 
  • 地方の特産品がもらえる
  •  
    地方の特産品
     
    恐らくこのイメージが一番強いと思います。
    福岡市はいちごのあまおう岩手県北上市はお米のひとめぼれが、、とその土地の名産品や工芸品が
    寄付金の金額によってお礼として送られてくるんです。
     

  • 思い入れのある土地に送れる
  •  
    思い入れのある土地
     
    自分が生まれ育った場所や、大好きな場所など思い入れのある土地に自由にお金を送ることができます。
     

  • 税金の控除
  •  
    税金控除
     
    確定申告の際、送った金額を「市区町村への寄附金」として控除する事ができます。
    税金の控除+お礼の品となれば断然お得なんですね。
     

  • いくつもの土地が選べる
  • ふるさと納税は1箇所だけではなく、複数の土地を自由に選ぶ事が可能です。
     

  • 税金の使い道が選べる
  • 普段税金って何に使われているか不明確ですよね?ですがふるさと納税では税金の使い道を自分で決める事ができるのです。

 
税金控除してもらえるし、特産品ももらえる、お世話になってふるさとや大好きな土地に還元もできる。
と、まだまだ利用者が少ないですがこんなにも多くのメリットがある制度なんですね。
.

ふるさと納税のデメリット

 
デメリット
 
では、逆にデメリットはないのかみていきましょう。
デメリットとなるのは以下の点です。
 
  • 確定申告にかわる申請書が必要
  • 2015年4月より、寄付先の自治体が5つ以内であれば確定申告が不要になりました。
    ですが、そのかわり申請書が必要になります。
     

  • 全額控除ではない
  • 2015年4月から住民税の控除額が2割程度に増えましたが、全額控除ではなく
    2000円程度は負担する計算になります。

 
ですが、2000円で特産品をどっさりともらえる事を考えると断然お得ではないでしょうか?
 
ざっくりとふるさと納税のメリット・デメリットについてみていきましたが、特産品をもらえる上に税金控除されるので
損は全くないですよね?
地方活性化という意味でも、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*