Home » ライフ » 生活の知恵 » 【なぜ安い?】ジェネリック医薬品と新薬の違いや安全性

【なぜ安い?】ジェネリック医薬品と新薬の違いや安全性

Pocket


薬を購入したいけど、市販の薬や処方箋で出される薬が高く感じてしまうこともあるかと思います。
そこで最近ではジェネリック医薬品のニーズがとても高まってきていますよね。
 
でもジェネリック医薬品というのが一体何なのか?を知っている人ってあまりないのではないでしょうか?
中には効果が薄そう、偽物なんじゃ?なんてイメージをお持ちの方もいらっしゃるようです。
今回はこのジェネリック医薬品を色々な点から見ていくことにします。
経済的にも楽になっていくだけでなく、実は様々な点で異なっているんです。

.

新薬とジェネリック医薬品の違い

 
新薬との違い
 
最近広告など聞くジェネリック医薬品ですが、これは20年から25年ほど特許を出願したメーカーが独占して製造したり販売を行っています。
新薬と同様にジェネリック医薬品を国が認めており、医療費などを割安にすることができると推進されている医薬品になります。
 
よく医薬品というと新薬という言葉を見かけますが、これは最初に日本で発売された薬を指しており、別名で先発医薬品といわれています。
具体的に一体どのように違うのでしょうか。
 
  • 後発医薬品となっている
  • ジェネリック医薬品というのは後発医薬品といわれ、新薬と違って新薬の特許期間が満了となった後で提供されているのです。
    というのも、薬品を製造していったり販売する点について管理を行う厚生労働省より承認を得たことで、製造または販売していくが可能となっているのです。
      

  • 開発にかかる費用が安い
  • ジェネリック医薬品は開発にかける費用も後発医薬品のため安くなりますので、患者も購入しやすいです。
    しかも当然ながら新薬と同じように効果を発揮していきますので、ジェネリック医薬品のニーズが高まってきているということなのです。

 
 
 

ジェネリック医薬品はなぜ安いの?

 
安い理由
 
ジェネリック医薬品は患者の医療費の負担についてしっかりと減らしていけるといわれています。
なぜジェネリック医薬品は安く提供することができるのでしょうか。そこには様々な要因がありますが、一番の要因は開発研究費がほとんどかからないためです。
 
新薬は莫大な開発研究費用を投資して、ようやく商品化されるため、当然販売価格も開発費を上乗せした価格になります。
ですが、特許が切れた後に同じ成分を使用して作られたジェネリック薬品は、開発研究費が新薬と比べると当然はるかに安くすむため、販売価格の大きく下がるのです。
その恩恵は多くの人にあります。
 
  • 収入が不安定な方には嬉しい
  • どうしても体を動かせないために働けないという状況に陥ると、収入が常に不安定になっていってしまうこともあります。
    そんな時には医療費もリスクになってしまうことがありますが、そんな悩みの種を解消するためにジェネリック医薬品が近年注目されているのです。
      

  • 高齢者が安心して購入できる
  • 開発費用が安くなったことで、ジェネリック医薬品も安くなりました。
    これによって新薬と同じ効果を得ることができるジェネリック医薬品を手軽に購入することができるため、年金生活者の多い高齢者にも安心です。

 
 

安全性の問題

 
安全性
 
効果は同じでも、安全面ではどうなのでしょうか?
 
  • 副作用の心配がほとんどない
  • 価格が安くなっているため、なかなかジェネリック医薬品に手を出せないと不安を感じてしまうこともあります。
    しかしジェネリック医薬品は効き目がなかったり、副作用について心配することがほとんどありません。
    開発に対して後発医薬品となっているためで、新薬で抱えたリスクをクリアしながら製造されているのです。
     

  • 厚生労働省が認可している
  • ジェネリック医薬品の安全性は厚生労働省が認可しています。
    不安を解消しながら服用していくことができるでしょう。

 
 
このようにジェネリック医薬品は規制をクリアしたり、安全性などを確保しながら販売されています。
品質管理などについても、もちろん国が厳格に管理していますので、安心して服用することができますね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*