Home » 観光 » 人気のゲストハウス!メリットデメリットから価格帯まで
ゲストハウスとは

人気のゲストハウス!メリットデメリットから価格帯まで

Pocket

海外からの観光客が増えたことで、今ゲストハウスに注目が集まっています。
おしゃれでアットホームな雰囲気なのに、低価格とあれば利用価値大!
今回はリピーターも急増しているゲストハウスにスポットを当ててみました。

.

ゲストハウスとは?

 
ゲストハウスとは
 
ゲストハウスとは宿泊施設の一つで、2段ベッドが置かれた部屋での「相部屋」が基本です。
 
また普通、旅館やホテルに設置されているタオルや歯ブラシは用意されていません。
基本的には「ベッドで寝ることのみ」がベースとなっており、その他、共用のシャワーやトイレが利用できます。
 
また施設によっては共有のリビングや自炊用キッチン完備のところもあります。
 
 
 

海外からの観光客に人気!

 
海外観光客
 
欧米などからの観光客は「バックパッカー」と呼ばれるスタイルの人たちも多く、一般的に滞在費にお金はかけません。
 
日本のホテルは一泊最低5,000円以上はするものですが、ゲストハウスであれば、その半分程度で済んでしまいます。
 
「宿泊費を最大に抑えることができる」それが海外からのバックパッカーがゲストハウスに飛びつく理由です。
 
 
 

日本人利用者が激増している理由

 
日本人利用者
 
ゲストハウスは現在、日本人の若者たちの利用者が激増しています。
宿泊費が安いのも一つの理由ですが、彼らがゲストハウスに魅力を見いだしているのはそれとは別の部分です。
 
それは「他の宿泊者たちとコミュニケーションを取れる」という点です。
 
一人旅の利用者も多いので知らない人とコミュニケーションを取りやすいというものありますが、国籍や仕事などあらゆるカテゴリーを越えた幅広い繋がりが見いだせることが一番のメリットといえます。
 
 
 

宿泊費の価格帯

 
宿泊費は施設の充実や場所などによって前後しますが、一般的には次の価格帯が多いです。
 
・最安値 1,000円〜
・最多価格帯 2,600円〜3,800円

 
一泊1,000円からという驚きのお値段、こちらは沖縄のゲストハウスですが、これは長期滞在者用価格です。
ゲストハウスのスタンダード価格は一般的に一泊3,000円前後です。
.

ゲストハウスを使うメリット

 
ゲストハウスメリット
 
  • 終電を逃した
  • 「ネカフェや漫喫じゃ無理!」という人にも、ゲストハウスにはきちんとしたベッドがあるのでぐっすり寝ることができます。
     

  • 早朝や夜遅く到着の飛行機に乗るときに
  • 一泊とはいえ高くつくホテル泊。とりあえずからだを休ませることができればいい、という場合にもゲストハウスは重宝します。
     

  • 海外の人と交流したい
  • 海外の人と話せる機会ってなかなか作れないものですよね。英会話力を付けたい人や海外の友人を作りたい人もゲストハウスならOKです。
    思わぬ嬉しい出会いがあるかもしれません。

 
 
 

デメリットもある

 
  • 長期滞在者が多いゲストハウスには注意
  • 長期滞在者が多いゲストハウスの場合、施設によっては利用者ルールが勝手に作られていたり、入り込むことができないコミュニティが出来ていたりすることがあります。
     

  • 物音やいびき、おしゃべりが気になる
  • 物音が気になると寝られないこともあります。
    繊細な人であれば個室を選んだ方が良さそうですが、そうなるとビジネスホテルとあまり値段が変わらなくなってしまうかも。

 
 
 

冒険できる!それがゲストハウス

 
ネットの普及であらゆる情報網が密になった反面、人対人のコミュニケーションが難しい時代になりました。
 
しかし旅の醍醐味は、ゲストハウスを利用することでさらにその効力を上げてくれます。
日本全国に広がるゲストハウスを端から利用する、なんていうのも面白そうな冒険ですよね。
 
今よりもっと人脈が広がり、そこから新しいなにかが生まれる可能性もありそうです。
そんな魅力あふれるゲストハウス、ぜひ一度利用してみてください。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*