Home » 美容 » 美肌・アンチエイジング » 男性の肌荒れ原因と改善する洗顔料の利用法
男性肌荒れ原因

男性の肌荒れ原因と改善する洗顔料の利用法

Pocket

女性と比べて少々肌が荒れても目立たない、気にされないと思われがちな男性ですが、男性も女性もやはり肌が美しい人ほど好印象を持たれるのも事実ですよね。
 
そして男性肌で気になるのがやはり「肌荒れ」の存在です。
一般女性へのアンケートによるともっとも印象が悪い男性のイメージが「不潔なイメージ」だそうで、その中には肌の手入れをしているかも清潔感の1つとしています。
 
それでも急に吹き出物がでたり、ガサガサ肌になったりと悩ませる男肌の肌荒れについて今回はみていきましょう。

.

男性の肌が荒れる原因

 
肌荒れ原因
 
男の肌は強い!と勘違いしている方がいますが、実は男性肌の方が繊細で肌荒れしやすいのです。
 
  • 食生活の乱れ
  • 体は100%食べるものからできているように、皮膚も脂っぽい食事や野菜不足など普段の食事に大きく左右され、ちょっと気をぬくとすぐに肌荒れとして現れます。
     

  • 睡眠不足やストレス
  • 肌は睡眠中に作られるのですが、その睡眠自体が足りていないとやはり肌荒れを起こします。
    また慢性的に仕事や人間関係などのストレスを溜めていると肌も荒れていきます。
     

  • アトピー性皮膚炎
  • ご自身や親の食生活の乱れや生活不摂生によって、現代人には本当に多くのアトピー性皮膚炎を持った方がいます。
    小さい頃にアトピーだったという方もやはり肌質は弱い傾向にあり、肌荒れしやすいです。
     

  • 水分量が少ない
  • 女性と比べて皮膚内の潤い(水分量)がもともと少ない男性は、女性よりもターンオーバーが乱れやすく肌荒れしやすいのです。
    また水分量が少なく乾燥肌の方も多いのですが、肌表面は乾燥しているけど細胞奥には潤いが足りないという矛盾が肌荒れに繋がっています。
     

  • 皮脂量が多い
  • 女性の3倍皮脂量が多いと言われる男性は、10〜50代までほぼ同じ量の皮脂を出し続けるほど皮脂分泌が過剰なため、ニキビや肌荒れを起こしやすいとされています。

また女性と違い普段からあまり紫外線対策(UVケア)に疎い点も、じわじわと肌に負担をかけ肌を痛めつけ肌荒れを助長しているといえますね。
 
 
 
 

自分の肌タイプを知ろう

 
肌のタイプ
 
男性肌と一言にいっても当然個人差があり、1人1人肌質が異なってきます。
 
  • 乾燥肌タイプ
  • 肌細胞の水分量が少なく、特に冬場などはカサつき粉がふくことも。
    肌を保護するバリア能力が低く、少しの刺激でも肌負担になり荒れを起こしやすいタイプです。
     
    かさつき、かゆみ、ニキビ、しわ、くすみなどの肌荒れに繋がりやすく、正しくない洗顔やスキンケア、加齢によって進行が進みやすいタイプでもあります。
     

  • オイリー脂肌タイプ
  • 男性に多いオイリー肌は皮脂分泌が過剰で、ちょっとほっておくとすぐにテカリ始める傾向にあります。
    顔のテカリやニキビ、毛穴の詰まり、顔が赤らむなどの症状があります。
    男性ホルモンによる原因も大きいですが、生活や食生活の不摂生でオイリー肌になる場合が多いです。
     

  • 乾燥&オイリー肌混合タイプ
  • 上記の乾燥肌とオイリー肌を両方持ち合わせているタイプ。
    肌表面はオイリーなのに肌細胞奥の水分は足りていなかったり、Tゾーンなど皮脂量が多い部分はテカリやすく、目元や口元など皮膚が薄く繊細な場所はかさつきやすいなど、両方のデメリットを兼ね備えているタイプです。

.

 

年齢別に考えたい洗顔料タイプ

 
男性の肌も当然10代と40代では肌質も違いますので、対策方法も変えるべきです。
特に30歳ごろをピークに肌荒れの内容も変化してきますので、自分の肌質を見極めながら丁寧にスキンケアしていきましょう。
 

  • 10〜20代向け洗顔料
男性ホルモンのバランスが安定的でない10〜20代は皮脂分泌の多さから「思春期ニキビ」や「大人ニキビ」など肌トラブルが起こりやすい年代です。
 
過剰に分泌される皮脂量を抑えつつ、肌の状態をきれいに整えることで美肌を保てることを意識して洗顔料を選びましょう。
 

1位 「NonA(ノンエー)」

 
ノンエー
 
キメが細かく毛穴の奥に入り込み洗浄してくれるノンエーは、ニキビ専用洗顔料として有名なのですが、実はその含有有効成分をみていくと、あらゆる肌荒れやシミ・くすみ対策、しわなど美肌作りに有効な成分で生成されているとわかります。
 
思春期や大人ニキビ対策はもちろん、乾燥肌対策を含め綺麗な肌質を目指したい方にぜひおすすめしたい洗顔料です。

→ 「NonA(ノンエー)」 公式HPはこちら

 
 

2位 BUSO

 
buso
 
「テカリの多いオイリー肌」と「カサカサ乾燥肌」の真逆である肌質を両方ともに改善してくれる優秀な固形洗顔料がBUSOです。
 
女性スタッフがプロデュースしていることもあり、目指す仕上がりイメージの肌が理想的なツヤッとしたモテ肌にしよう!というコンセプトを持った人気洗顔石鹸料です。
 

→ BUSO 公式HPはこちら

 

3位 どろあわわ

 
どろあわわ
 
国産ベンナイトや沖縄のマリンシルトといった美容用「泥」の高い吸着力で不要な皮脂や老廃物をきれいに落とし、高保湿性成分によって肌を保護。
ニキビなどあらゆる肌荒れ改善・予防に効果を発揮してくれる女性にも非常に人気のロングセラー洗顔料ですね。
 

→ どろあわわ 公式HPはこちら

 

  • 30代〜40代向け洗顔料
シミやほうれい線、目尻の小じわ、肌全体のくすみなど肌トラブルや肌印象の悪化が起こりやすいこの年代。
主に美肌作り+アンチエイジングを目的とした洗顔料を選ぶことがポイントで、この先10年も変わらず若々しい肌質と印象を与える準備として洗顔に気を使っている人は、肌が老けにくく、くすみのない美しい肌質やイメージをキープできます。
 

1位 BULK HOMME(バルク・オム)

 
パルクオム
 
きめ細やかな泡が持つ心地よく高い洗浄性はもちろんのこと、肌全体のくすみや目立ちがちな目元のシミなど中年になると気になってくる肌トラブル解決に高い効果を発揮してくれるおすすめ洗顔料です。
 
また初回購入がとてもリーズナブルですので、まずは気軽に使い心地や実際の効果を試せる点も評価しています。
 

→ 「BULK HOMME(バルク・オム)」 公式HPはこちら

 

2位 BUSO

 
buso
 
30代40代の方にもおすすめしたいBUSOは、「オイリーなテカリ肌」と「かさつきがちな乾燥肌」の真逆な悩みを両方改善してくれる優秀な洗顔料です。
 
またテーマをモテ肌作りに置いているように、しっとりとした吸い付くよう色気のある肌作りができ、若々しい肌を目指したい方にもオススメの、女性スタッフがプロデュースした広い世代に人気の洗顔石鹸料です。
 

→ BUSO 公式HPはこちら

 

3位 マージェンス コンディショニング ウォッシュ

 
マージェンス コンディショニング ウォッシュ
 
高級成分S-ヒアルロン酸保湿などから生成されている良質な有効成分による大人向け洗顔料です。
毛穴のつまりや汚れを丁寧に除去しながら、蓄積されたストレスや仕事の疲れ、飲酒などからくる肌質の悪化まで改善してくれる、まさにアンチエイジングに特化して開発されたというべき「大人の洗顔料」ですね。
 

→ マージェンス コンディショニング ウォッシュ 公式HPはこちら

 
 
 
 

洗顔で気をつけたい事

 
洗顔の注意点
 
洗顔料の選び方も大切ですが、洗い方も大切です。
気をつけておきたい洗顔時の注意点が以下のものです。
 
  • 洗顔しすぎない!
  • 特にオイリー肌やニキビに悩む方に多い傾向ですが、常に清潔にしておこう!と1日に何度も洗顔してしまうパターンです。
     
    洗いすぎは必要皮脂も落としてしまい、徐々に細胞の潤いが不足していき肌トラブルを招きます。
    肌のタイプに関係なく、洗顔は1日2回までを基本にしておきましょう。
     

  • ゴシゴシ洗いはNG
  • 男性に多い強くこすった方が汚れが落ちるという勘違い。
    老廃物や毛穴の汚れ、皮脂は洗顔の泡の吸着で落とすのが基本です。
     
    ゴシゴシ洗いは汚れを落とすには効率が悪い上、肌に刺激を与えて肌荒れ原因にもなりかねません。
    またタオルで水気を拭くときも、こすらずにポンポンとあてがうように優しく拭きましょう。
     

  • 肌がつっぱるほど洗わない
  • 洗顔後の肌のつっぱりを「洗ったな〜」というサインのように感じている方もいますが、つっぱりは洗いすぎと考えられます。
    その場合洗顔料の洗浄力が若干強いか、長時間洗いすぎの可能性があります。
     

  • 制汗剤は控えめに
  • 夏場のエチケットとして制汗スプレーなどをガンガン使う方もいますが、使いすぎは毛穴をふさいだりして黒ずみの原因になります。
    また制汗シートも肌が弱い方には痛い事があるかと思うので、多様せず使う場合も刺激の少ないシートを選ぶようにしましょう。

 
 
男性肌は筋肉と同じように男は強い!というイメージや女子じゃないんだから〜という気持ちから、ケアが豪快な分、徐々に肌を痛め肌荒れや老け顔になりやすいもの。
 
ですが逆にいえば少し気を使うだけで、いつまでも綺麗でイキイキとした肌感を保つことができますので、少し意識して正しいスキンケアを続けていきましょうね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*