Home » 病気・不調 » 腹痛 » 左側のお腹が痛い原因と病気の可能性は?
左側のお腹痛い

左側のお腹が痛い原因と病気の可能性は?

Pocket

体の痛みの中でも、内臓と大きく関わっているお腹の痛みは我慢できないものです。
また急にお腹の一部が痛み始めると「何か病気なのでは・・・」と不安になりますよね。
 
お腹がゆるい筆者にとって腹痛は日常茶飯事ではありますが、もし左側のお腹にだけ痛みが走っている場合は要注意かもしれません。
今回は、お腹の左側に痛みを感じる原因についてお届けしていきます。

.

左側のお腹が痛くなる原因

 
左のお腹痛い
 
お腹が痛くなる原因は主に3つの種類に分けられます。
 
  • 内臓による痛み
  • 胃や腸など内臓器官が伸びる、縮む、ねじれるなどの動きうあ、炎症は閉塞、腫瘍による圧迫などによって痛みを生じる場合があります。
    内臓痛は動いても痛みの増幅はありません。
    また内臓は痛みだけでなく、顔色が悪くなったり、冷や汗、嘔吐などを併発させる場合も多いです。
     

  • 損傷による体性痛
  • 筋肉などの組織に損傷や炎症が起き痛みが生じることを体性痛といいます。
    痛みは内臓系よりも強く、ズキズキと疼くような痛みがあり、動くと余計に痛むのが特徴で、場合によっては周囲の骨や関節が原因の場合も多いです。
     

  • 神経性の痛み
  • 炎症を起こしている部位の痛みが激しく、神経にまで触れて痛みを感じる事もあります。

いずれにしても、下痢などの腹痛ではないのに一定時間痛みが続くようであれば、内科での受診を早めに受けるようにしてください。
 
※お腹の痛みは内臓・損傷・神経痛など多岐に渡りますので、まずは内科で原因をみてもらい、もし内科診察で異常がなくとも、産婦人科や消化器内科など受診を勧められた科でも念のため受診されることが望ましいです。

.

病気の可能性はある?

 
病気の可能性
 
左側にだけお腹の痛みを感じる場合、次のような病気の可能性もあります。
 
  • 急性腸炎,慢性腸炎
  • 突如痛み始め、発熱や下痢、吐き気などを伴う場合は潰瘍(かいよう)などの腸炎の可能性があります。
     

  • 腸閉塞
  • 腸がねじれていたり、重い便秘やヘルニアによって胃液や腸液が逆流してしまっている可能性もあります。
     

  • 過敏性腸症候群
  • 極度のストレスや便秘などによって痛みを生じる病気の場合も多いです。
     

  • 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 突如痛みがあらわれたり、お腹がすくと痛み、食後に痛みが消える場合はこれらの可能性も高いです。
     

  • 憩室炎
  • 大腸が外側に膨らむ病気で、それ自体はあまり心配ありませんが、憩室炎が原因で出血している場合もあるので早めの診察が必要です。
     

  • 膵炎(すいえん)
  • 主に左上部分が痛む場合は膵炎の可能性もあります。
    過度な飲酒が原因ですので、診察とともに思い当たる方はお酒の量を減らす必要性があります。
     

  • 子宮筋腫
  • 女性の場合、子宮筋腫などの腫瘍の可能性もあります。
    子宮筋腫自体は良性腫瘍ですが、不妊や流産などの原因にも繋がるため早めに診察を受けるようにしましょう。

単純に便秘や下痢だった、、という場合も多いですが、お腹の痛みは早期発見しておいた方が良い病気に繋がる場合も多々あります。
いずれにせよ、面倒と考えず、安心感を得る意味でも気になる方は必ず早めの受診を基本と考えましょう。
 
また内臓の痛みは部位によって全く内容が変わってくるものです。
筆者は明らかにこの場所が痛む!という場合は、マジックで印をつけていくことをオススメしています
痛みが和らいだ際に受診しているとどこが痛かったかわからない、、というケースも多いので、早期解決のためにも痛む部分にマークをつけておくのがよいでしょう。
何か病気の可能性もありますので、ぜひ早めに受診するようにしてくださいね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*