Home » ファッション » 【第一印象が大切】面接の服装マナーを男女別に
面接の服装マナー

【第一印象が大切】面接の服装マナーを男女別に

Pocket

 
これから就職活動や転職活動などで面接を受ける機会があるみなさん、面接のときの服装のマナーって知っていますか?
面接時には様々な質問をされますが、その前に見た目の身だしなみでやはり第一印象がかなり変わってきます。
 
せっかく履歴書などで好印象を与えることができていても、
服装のマナーがきちんとできておらず印象が悪くなってしまい不採用となってしまうのは残念すぎますよね。
ここでは、面接にふさわしい服装を男女別で紹介していきます。

.

 

面接のときの服装のマナー

 
面接官の方が服装でチェックする点はいくつかあります。
基本的なものとして、
 
■社会人としてふさわしい服装であるか
■企業の一員としてふさわしい服装であるか
■やる気を感じることができる服装であるか
 
などが挙げられます。
また男性の場合は髭が伸びていないか、女性の場合はメイクや指先の爪などもチェックされることがあるため、注意しなければなりません。
 
では、男女別に服装のマナーを紹介していきます。
 
 
 

面接の服装~男性編~

 
男性服装
 
  • スーツ・・・
  • アイロンを丁寧にかけて、しわが残っていないように注意しましょう。
    色は黒色あるいはグレー色が適しています。
     
    ボタンの数はだいたい2~3個のものが主流です。
    型崩れを防ぐために、ハンガーにかける際は肩の部分が丸みを帯びた形になっているハンガーを使用しましょう。
    スラックスにはきれいな折り目をしっかりとつけておきましょう。
     
     

  • ワイシャツ・・・
  • 面接の際にはなるべく白色のワイシャツを着用するようにしましょう。
    カラーシャツは個性を引き出してくれますが、企業によっては悪い印象を持ってしまうこともあるので注意しなければなりません。
     
    また、ストライプなどの柄物のワイシャツは知的なイメージを印象付けることができる反面、派手に見えてしまうこともあるため、こちらも企業によっては注意しなければならないでしょう。
    ワイシャツで一番気をつけなくてはならないことは、襟元や袖口などの黄ばみです。
     
    黄ばみが気になるようなら漂白剤を使って洗濯するなど工夫し、黄ばみが目立たないようにしましょう。
    洗濯後はアイロンを丁寧にかけてしわが残っていないようにしましょう。
     
    自分に適したサイズのワイシャツを着用するようにしないとだらしなく見えてしまうこともあります。
    気をつけの姿勢になったときにスーツの袖口から1cmほどワイシャツが見えるくらいがベストです。
     
     

  • ネクタイ・・・
  • 単色のもので派手でないものが面接には適しています。
    無地でなければならないということはなく、柄が入ったものならばドットやストライプが身なりが整った印象を与えてくれます。
    ネクタイは丁寧に結びましょう。結んだ時にネクタイの先がベルトのあたりに来るように整えましょう。
     
     

  • 革靴・・・
  • 派手でない黒色のシンプルな革靴を履きましょう。
    履きつぶされた革靴は禁物です。面接官は足元をしっかりと見る方が多いようなので、革靴は履く前に磨いてきれいにしておきましょう。
     
     

  • 靴下・・・
  • 紺色・黒色・グレー色などの目立たない色のもので革靴の色と合わせた時に違和感がないようにしましょう。白色の靴下は禁物です。足首まで隠れるくらいの長めの靴下を着用し、肌が見えないようにしましょう。
     
     

  • ビジネスバッグ・・・
  • 黒色のものが適しています。
    書類を折り曲げたりしなくて済むようにA4サイズ以上のもので、安定感があり床に自立するものにしましょう。
     
     
    基本的な服装のマナーは以上です。
    服装以外にも面接官の方の目につくものとして、髪形や髭、腕時計なども挙げられます。
     
    髪形は基本的に黒髪で短髪が良い印象を与えます。
    髭は面接の日の朝しっかりと剃るようにして、剃り残しのないように気を付けましょう。
    腕時計は必需品ですが、派手で目立つ腕時計は避けるようにしましょう。

.

 

面接の服装~女性編~

 
女性服装
 
  • スーツ・・・
  • アイロンを丁寧にかけて、しわが残っていないように注意しましょう。
    色は紺色・黒色・グレー色が適しています。ボタンの数はだいたい2~3個のものが主流です。
     
    型崩れを防ぐために、ハンガーにかける際は肩の部分が丸みを帯びた形になっているハンガーを使用しましょう。
    スカートの長さは、椅子に座った姿勢の際に膝が少し見えるくらいがベストです。
     
     

  • ブラウス・・・
  • 面接の際には白色のブラウスを着用するのが基本ですが、企業によっては派手でない薄いカラーブラウスは着用してもかまわないでしょう。
    ただし企業によっては悪い印象を持ってしまうこともあるので注意しなければなりません。
     
    ブラウスで一番気をつけなくてはならないことは、襟元や袖口などの黄ばみです。
    黄ばみが気になるようなら漂白剤を使って洗濯するなど工夫し、黄ばみが目立たないようにしましょう。
    洗濯後はアイロンを丁寧にかけてしわが残っていないかチェックすることを心掛けましょう。
    また、自分に適したサイズのブラウスを着用するようにしましょう。
     
     

  • パンプス・・・
  • 派手でない黒色のシンプルなパンプスを履きましょう。歩いたときに音が響いてしまうものは避けるようにしたほうが良いです。
     
     

  • ストッキング・・・
  • 必ずストッキングは着用しましょう。
    素足で面接に臨むのは絶対にいけません。
    ストッキングの色は肌色が適しています。
    自分の肌の色と照らし合わせて違和感のないものをなるべく選ぶようにしましょう。

 
 

  • ビジネスバッグ・・・
  • 黒色のものが適しています。書類を折り曲げたりしなくて済むようにA4サイズ以上のものを選ぶようにしましょう。
    ショルダーバッグを使われている方が多いです。
     
     
    基本的な服装のマナーは以上です。
    服装以外にも面接官の方の目につくものとして、髪形やメイク、腕時計や爪なども挙げられます。
     
    髪形は基本的に黒髪が良い印象を与えます。前髪は目が隠れないような長さにし、長すぎる場合はピンでしっかりと固定しましょう。
    後ろ髪が長い方は、目立たない色のヘアゴムでまとめるなど、清潔感のある髪形を心掛け、ナチュラルにメイクをするようにしましょう。
     
    ナチュラルメイク
     
    すっぴんで面接を受けることは印象を悪くしてしまう場合もありますので気を付けましょう。
    薄くメイクをするように心がけ、目元を強調させたりしすぎるなどの派手なメイクは控えましょう。
    腕時計は必需品ですが、派手で目立つ腕時計は避けたほうが良いです。
     
    また、面接官は指の先までしっかりと見ています。
    爪を長く伸ばしていたり派手な色のマニキュアを塗っていると印象が悪くなりかねないので気を付けてくださいね。

     
     
    面接の際には服装をきちんと整えて挑むようにしましょう。
    そのためにも服装のマナーをしっかりと知っておく必要があります。
    一つ一つ確認しながら清楚感あふれる身だしなみを心掛けましょう。
     
    また、面接会場に少し早めに到着するようにし、面接の前に服装の最終確認をするようにしましょう。
    ぜひここに書いた服装のマナーを参考にしていただいて、面接でいい結果を出せることを願っています。
     

    Pocket

    .

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *