Home » 病気・不調 » 手足 » 手の痒みの原因と対処法【ストレスや病気かも?】
手の痒み原因と対処法

手の痒みの原因と対処法【ストレスや病気かも?】

Pocket

寒さであかぎれた、、玉ねぎでかゆくなった、、などわかりやすい原因があるわけでもないのに、急に手が痒くてたまらなくなったという事はありませんか?
筆者自身も乾燥肌とそれほど皮膚が強くないこともあり、手荒れを含め手がかゆくなることも多くあります。
そんな手の痒みには様々な原因が考えられるため、自身の原因を知って痒みを抑える対処をしていきましょう。

.

手が痒くなる原因

 
手が痒くなる原因としては、一番多いのが肌荒れだと思いますが手の痒みを伴う病気には次のようなものがあります。
 
  • 手湿疹(主婦湿疹
  •  
    主婦湿疹
     
    主に美容師や料理人、主婦など水仕事が多い人に現れる症状で別名「主婦湿疹」とも呼ばれています。
    手湿疹は水で皮脂が奪われ、手や指などが乾燥状態になり痒みが発生。
    ひどくなると眠れない程痒みを伴う湿疹が現れます。
     

  • 汗疱(かんぽう)
  •  
    汗疱症状
     
    汗疱とは、手のひら、指先などに水泡ができる疾患です。
    特に指の間などに多数現れ、痒みや痛みが発生する場合が多いです。
    主な原因は多汗や食事、歯科での金属アレルギーによるものが多いとされています。
     

  • 手水虫
  •  
    手水虫
     
    水虫は足だけではなく、手にでる場合も多くあります。
    いわゆる手水虫と呼ばれるもので、主な原因は足にできた水虫が手にうつってしまうことで発症するというパターン。
    カサカサしていて痒みが少ない場合も多いので、他の症状と見分けがつきにくいのですが、例えば手湿疹はほぼ両手に発生しますが、片手にだけ症状がある場合は手水虫の可能性が高いです。
     

  • 花粉症による痒み
  • 花粉症といえば鼻や目でしょ?というイメージですが、花粉が皮膚に入ってしまうことで、手や腕まわり、頭などにも痒みが出る場合があります。
    花粉が乾燥した肌細胞に入り込んで、痒いのでかいたりこすることでさらに悪化します。
    手を含め顔なども花粉の季節にカサつきやすいという人は、花粉症が原因かもしれません。
     

  • 肝臓の病気
  • 沈黙の臓器と呼ばれる肝臓は、表に病状が現れにくい特徴をもっています。
    知らない間に進行しているのが肝臓の病気ですが、外部に現れるサインの一つとして、肝臓機能低下によってβエンドルフィンと呼ばれる物質が発生。
    これは痒いと感じる神経に作用する働きもあるため、手に痒みがでる事があるんです。
    手はもちろん、足裏や全身かゆみがある、、という人は医師の診断を受けてみることをオススメします。

.

手の痒みへの対処法

 
主な原因を知ったところで、それぞれに対して適切な対処法を行って治療していきましょう!
痒みがひどい、もしくは原因の検討がつかない、という方は、皮膚科に行って診察を受けるのが早期完治に繋がりやすいのでぜひ診察を受けるようにしてみてくださいね。
 
  • 手湿疹(主婦湿疹)の対処法
  • 手湿疹は、指先がパックリ割れるなどの症状も伴う事が多いですが、なかなか治りづらいものです。
    できれば皮膚科を受診し、皮膚のパッチテストなどで手の症状を調べた上で塗り薬など自分に合った薬を処方してもらえるので、一度相談するようにしましょう。
     
    そして、水仕事をする際は水や洗剤、シャンプーから守る為、木綿手袋で保護するようにします
     
    木綿の手袋
     
    (ゴム手袋も敏感になっている皮膚には刺激が強すぎと考えます)
    そして常にハンドクリームなどで丁寧な保湿が重要です。
     
    指のひび割れや乾燥対策については、次の記事を参考にしてください↓
    痛い指のひび割れ 原因と即効で治す方法
     

  • 汗疱(かんぽう)への対処法
  • 汗疱は皮膚科でステロイド剤などを処方されますが、根本的に治す方法としてはオススメしたいのが、ピチオン治療です。
    ピチオンとはビタミンB群の1つで皮膚を作るのにとても重要な栄養素なんです。
    このピチオンをドラッグストアなどで、配合されたサプリメントを購入し飲むようにします。
    ※皮膚科でピチオン配合の飲み薬をくれるところが少ないため。
    一般的に約10日程できれいになる事が多いですよ。
     

  • 手水虫への対処法
  • 手水虫は放置していると症状がひどくなり、爪水虫に移行する場合があります。
    爪水虫になるとなかなか治りづらくなりますので、早期治療が大切です。
    手水虫はまずは皮膚科での診察を受けましょう。
     
    顕微鏡怨嗟などで手水虫かを判断してもらえますので、その後塗り薬や内服薬などで治療していきます。
    少し時間はかかりますが必ず治ります。
    ですが爪水虫は完治まで半年以上かかる場合も多いので、疑いを持った人は症状が進行する前に、早く受診するようにしてくださいね。
     

  • 花粉症での痒みへの対処法
  • アトピー症状を持っている人や、ファンデーションなど皮膚に毎日負担をかけて刺激を与えている女性がなりやすい花粉症による皮膚の痒み。
    最初に覚えておきたいのが、花粉症の季節に痒みがでても決して掻いたりしないこと。
    患部を掻いてしまうと雑菌が入り悪化したり、化膿する場合もあります。
     
    濡れタオルなどで花粉を拭き取るようにしてください。
    ワセリンは花粉の侵入をガードしてくれますので、ワセリンを手に塗って外出するなどすれば防ぐことができます
    ですが、痒みがひどい、手がじゅくじゅくしている、、と症状がひどければすぐに皮膚科を受診しましょう。
     

  • 肝臓の病気への対処法
  • 肝臓の病気が進行していくと、手の痒みを訴える人が多くなります。
    これは病院で詳しく検査するしか調べる方法がありませんので、もしかしたら、、と感じた方は診察を受けるようにしてください。
    また、人間ドックなど定期検診の場を設けるように心がけるのが大切です。

 
 
 

ストレスとの関係は?

 
手の痒みとストレス
 
手の痒みともう一つ密接な関係性にあるのが、ストレスです
心と身体は自分が考えている以上に深く繋がっているもの。
強いストレスが続くと免疫力が著しく低下し、肌荒れに繋がります。
また内臓も弱まり、皮膚に湿疹がでるなど諸症状があらわれるんですね。
 
ストレスを感じている方は、手の保護や保湿に加えストレス除去を心がけるようにしてください。
手の痒みだけでなく、多くの病気予防や精神安定につながりますので、痒みが心の状態を教えてくれたんだと思い、ぜひストレスを抜く方法をみつけるようにしましょう。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*