Home » ライフ » 年中行事 » ハロウィン ジャックオランタン(かぼちゃ)の由来って?
ジャックオランタンの由来

ハロウィン ジャックオランタン(かぼちゃ)の由来って?

Pocket


ここ数年日本でもすっかり年中行事の一つとして定着した感があるハロウィン。
一種のお祭り騒ぎのように街中が仮装する人で溢れかえる映像が、毎年ニュースでも流れますよね。
 
保育園や各ご家庭でもハロウィンパーティーをされる方も多いかと思いますが、
少し気になるのが、かぼちゃのオバケ(ジャック・オー・ランタン)の存在です。
 
ハロウィンを象徴するキャラクター?として有名ですが、一体どういう意味や由来があるのか
ご存知でしょうか?
 
ハロウィンの意味についての記事はこちら↓
ハロウィンの起源と仮装する理由

.

ジャックオランタンの意味は?

 
ジャックオランタンの意味
 
ジャックオランタンは、スコットランドやアイルランドのハロウィンでもともと魔除けとしてカブで作られたランタンに火を
灯していたのですが、ハロウィンが19世紀にアメリカに伝わった際にアメリカで多く生産されていたかぼちゃに代わったそうです
 
見た目的にジャックオランタン自体がなんだか悪魔的に見えますが、魔除け(悪魔を怖がらせて追い払う意味で怖いランタンになっている)
として使う鬼火なんですね。
.

ジャックオランタンの由来は?

 
由来は
 
さて、ジャックオランタンの由来ですが、そこにはある物語が関係しています。
それはこんな物語です。
 
昔々、暴力的で悪さばかりしているジャックという男がいました。
ある年のハロウィンの夜、ジャックがいつもどおり大酒を飲み酔っ払っていると、目の前に悪魔が出現します。
 
その悪魔は「ジャック。。お前の魂を奪ってやるぞ!」と脅してきますが、ウソの上手いジャックの口車に乗せられ、
魂を取らずにおいてやる、、と約束をさせられます。
そしてその後、長い年月が経ちジャックは年をとり亡くなります。
 
ですが、生前悪事をはたらいてばかりいたジャックは天国に行くことができません。
しぶしぶ地獄へと向かうジャックですが、地獄の入口であの時の悪魔と再開します。
 
ジャック「地獄しか行くところがない、、入れてくれ」
悪魔「お前の魂は奪わないと約束したから、それは無理だ」
 
地獄行きも拒否されたジャックは「どうすればいいんだよ!」と悪魔に詰め寄ります。
すると悪魔は「それは自分で探せ」と答え、ジャックに火の魂を分け与えます。
 
その火をカブに入れちょうちん(ランタン)にしたジャックは、永遠と暗闇の中をさまようのでした。
 
少し怖いお話ですが、ランタンは悪魔を追い払ったジャックを表現しているんですね。
ジャック自身はさまよい続けるはめになりましたが、悪魔を追い払うという意味では
象徴的なアイテムとして今でも使われるようになったというわけです。
 
お祭りやパーティーを楽しむ際には、その意味や役割を伝えるために、
ぜひお子さんなどにお話されてみてはいかがでしょうか?

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*