Home » 健康法 » 冷えが原因?つらい痔の痛みを改善する対処法
痔と冷え性

冷えが原因?つらい痔の痛みを改善する対処法

Pocket

お尻が痛い、切れて血が出るなど「痔(じ)」の症状は、大変つらく苦しいものです。
日本人の3人に1人は痔にかかっている痔主といわれているほどメジャーな症状ですが、イメージ的に恥ずかしい、、と感じるのか、なかなか病院や周りの人に相談しにくいと感じている人が多いのも痔の特徴です。
 
ですが、ほおっておいても治ることはまれで、症状が進むことの方が多く悪化の一途をたどってしまいます。
つらい「痔」は冷えとも深い関係があります。
つらい痛みを改善するためなんとか打つ手はないのでしょうか?対処法を検証してみました。

.

痔になる原因

 
痔の原因
 
痔とは「肛門の病気」です。
例えば排便時に出血がみられたり肛門に痛みがある場合、「痔の疑い」があります。
 
そして痔の主な原因としてあげられるのは、便秘や下痢です。
特に便秘のとき無理にいきむことが続いた場合、固い便により肛門が裂けてしまうこともあります。
 
また強くいきまなければならない出産時の影響や、一日中座りっぱなしなども原因のひとつと考えられ、総体的にお尻や肛門に著しく負担がかかる生活や動作が原因とみられています。
 
実は肛門の内側と肛門出口あたりは、髪の毛よりも細い血管といわれる毛細血管が集中する箇所。
つまりからだの表面の中でも特に敏感でデリケートな部分。
痔という病気は誰にでもそのリスクがあるようです。
 
 
 

痔の種類には何があるの?

 
痔と一言にいっても、次のような種類に分かれます。
 
  • 切れ痔
  • 肛門の皮膚が切れることを「切れ痔」といいます。
    排便時に痛みを感じることが多く、出血することも多いのが特徴です。
     

  • いぼ痔
  • 肛門の静脈が集まる部分がうっ血することにより起きる痔の症状が「いぼ痔」です。
    その名の通り、いぼのような腫れがみられます。
     
    肛門の内部にできるいぼ痔を「内痔核」と呼び痛みはほとんど感じませんが、排便時にギョッとするようなおびただしい出血がみられることが多いようです。
    内痔核のいぼ痔に対し、外痔核は肛門の外側にできるいぼ痔です。
    強い痛みが起きるのが特徴で、これは血栓により炎症が起きているという証拠とみられます。
     

  • 痔ろう
  • 肛門の回りに膿がたまり、慢性化した状態を「痔ろう」といいます。
    主な原因は便に含まれる大腸菌などの細菌感染によるものです。
     
    化膿し肛門周囲膿瘍ができると、痔ろうと診断されます。
    症状は肛門の周囲が腫れて痛みます。
    またお尻はもとより全身の発熱がみられることもあります。

.

痔になってしまった時の対処法

 
痔の対処法
 
とりあえず市販の痔の薬を塗布する方法もありますが、症状によっては医師の治療が必要な場合もあります。
痔イコール手術?と怖くなってしまいますが、専門の医師に任せてみることはきっとプラスにはたらくはずです。
 
また日常生活での改善方法としては「排便時に温水機能のトイレで肛門をきれいに洗う」、「長くトイレに座らず便が出ないときは早々に切り上げる」、「湯船に入りお尻を温める」などがおすすめです。
 
また痔が出そうなときは横になって安静にすることで、つらい痔の症状が軽減されることがあります。
 
 
 

冷性改善で痔を治す!

 
冷え症改善
 
痔をわずらう人は家系的にも痔持ちの人が多いようですね。
また一般的に痔をわずらう人は「冷え性」が多いのも特徴とみられます。
 
足の冷えは万病の元。
痔の症状の改善をはばんでいる足元の冷えを改善すれば、厄介な「痔」ともさよならできるかもしれません。
さらに良質な睡眠と適度な運動、バランスの良い食事で「痔」とは今後一切無縁になるはずです。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*