Home » 健康法 » 口臭・体臭 » 女性の加齢臭の原因と対策用石鹸
加齢臭

女性の加齢臭の原因と対策用石鹸

Pocket

男性はもちろん、女性にも当然加齢臭はあります。
男性特有?とも思われがちですが、女性ホルモンの特性によって男性よりも臭いが弱いから男性ほど言われていないだけで、年齢とともにちゃんと発生しているのです。
 
個人差もありますが、だいたい40代に差し掛かったあたり、早い人だと30代に入ったら加齢臭を感じる人が多いといわれていますので、自分ではなかなか気づきにくいものですが「あれ?」と感じたら早めの対策が重要です。

.

女性の加齢臭の原因

 
加齢臭原因
 
年齢と共に強みを増す体臭、加齢臭はある種生きている上では仕方ない事です。
それは、年齢と共にコレステロールなど老化物質が溜まりやすくなり、皮脂腺からもパルミトオレイン酸という老化物質が溜まっていきます。
他にも「ペラルゴン酸」も加齢と共に臭いを放つ物質があります。
 
この老化物質が酸化し、分解される事で「ノネナール」という臭いを放つ物質に変わるのです。
ノネナールは特有の青臭さや脂っぽい臭いがして、これがいわゆる「加齢臭」の臭いなんですね。
 
女性も当然ノネナールが発生しますが、女性ホルモンの酸化抑制力によってノネナールが発生しにくいため、男性よりは臭いがキツくならないとされています。
 
 
 

加齢臭がキツくなる原因

 
女性の体臭
 
臭いの元ノネナールの発生は仕方ありませんが、より加齢臭をキツくしている原因もあります。
 
  • 食生活の乱れ
  • 脂っこい食事やジャンクフードなど食習慣が乱れることでノネナールの発生はもちろん、汗などから臭いがキツくなります。
     

  • 運動不足
  • 年齢と共に代謝が落ちている上に運動しないため、どんどん代謝が落ちて老廃物が体内に溜まりやすくなるためです。
     

  • 日々のストレス
  • ストレスは万病の元ですが、臭い物質の分泌量を高めてしまい加齢臭を強くします。
     

  • ゴシゴシ洗い
  • 加齢臭を取ろうとゴシゴシと身体を強くこすり洗いするのは実は逆効果です。
    肌細胞を傷つけてしまい、結果、乾燥→乾燥を防ぐため皮脂を出す→加齢臭が強くなるという悪循環になります。

.

加齢臭を抑える対策法は?

 
では、加齢臭を出さないために心がけたい対策法には何があるのでしょうか?
女性はもともと加齢臭がキツくない方(男性と比べると)ですので、日々の生活習慣を改善するだけでもある程度予防が可能です。
 
  • 脂質の多い食事・添加物は控える
  •  
    油っぽい食事
     
    外食が多かったり、脂っこい食べ物が多いという方は少し減らすとよいでしょう。
    油分は皮脂の分泌量を高くしてしまいます
     
    日本にはもともと加齢臭という言葉は無かったのですが、食事が完全に欧米化した近年、「加齢臭」と騒がれ始めました。
    また「食品添加物」や「農薬」の摂取も酸化を手伝う要因ですので、食材のチョイスにはなるべく気をつけて避けるようにしましょう。
    食生活が大きく体臭と関わりますので、健康のためにも再確認してくださいね。
     

  • 睡眠不足やストレスを解消する
  •  
    ストレス除去
     
    日々の睡眠不足や、蓄積されていくストレスは体内活性酸素を多く発生させます。
    そして酸化が起こり臭い物質を発生させていくのです。
    十分な睡眠をとり、ジョギングや趣味に没頭するなどストレスから解放される時間を持つことが大切です。
    特にジョギングやウォーキングなど有酸素運動は身体の酸化を防ぐ働きがあるので、体調管理の意味も含めておすすめです。
     

  • タバコや飲酒控えめに
  •  
    タバコ控える
     
    喫煙は煙を体内に入れると身体の酸化を引き起こします。
    その上、ニコチンが抗酸化作用のあるビタミンCを壊すので酸化に繋がります。
    飲酒も同じく体内を酸化させてしまうので、飲みすぎには注意が必要です。

 
 
 

加齢臭を抑制する対策石鹸を使う

 
よくあるのが体臭をごまかすために、スプレーや香水を使うことです。
ですが加齢臭は香水と混ざると余計にキツイ臭いになってしまうことが多く、それをごまかそうと知らず知らずに香水料が増え、周りに迷惑をかける程になってしまった、、という女性も多いのも事実です。
 
そこで生活習慣を見直した上で、加齢臭に効果を発揮する専用石鹸やボディソープの使用がおすすめです。
臭いをごまかすのではなく、高い消臭力や殺菌力から加齢臭を抑制する働きのあるものを使うのです。
 
その中でも保湿力が高く、美容成分配合の美肌作りにも繋がる一石二鳥の働きで、当然臭い除去に効果の高いものに絞ってご紹介しますね。
 
 
 
颯香力(そうこうりょく)
 
そうこうりょく
 
加齢臭の原因である「ノネナール」を95.5%カットしてくれる、まさに加齢臭対策のための石鹸です。
抗菌や保湿力の高いリボエキスと柿タンニンを主成分におき徹底臭い除去を行いがなら、ヒアルロン酸など保湿成分ももちろん豊富です。
 
大手製薬会社で開発された安心感もあり、リピート率の高さからも人気がうかがえる石鹸ですね。
香りだちや泡立ちもよく、毎日使う+美肌作り目的としても効果を発揮してくれるのがオススメの理由です。
 


→ 颯香力公式HPはこちら

 
 
ジャムウ・ハーバルソープ
 
ジャムウ・ハーバルソープ
 
ジャムウハーバルソープは、デリケードゾーンの臭い除去というイメージもありますが、実は加齢臭にもかなり効果的な石鹸です。
ロングセラーであり人気の高さからも効果の確実性は保証されていますし、しっかりとした臭い除去に加えて黒ずみ対策など肌トラブルの解決にも使える石鹸です。
 
ジャムウ

→ ジャムウハーバルソープ公式HPはこちら

 
 
 

洗濯にも気をつけよう

 
洗濯
 
臭いを放つ身体をケアしてあげると共に、気をつけたいのが衣類です。
 
直接肌に触れる衣類には、見えないだけで皮脂や老廃物、汚れがしっかりついているものです。
この皮脂汚れが蓄積されると、洗濯してるのに臭いがとれない、、という状態に。
皮脂汚れは簡単に落ちにくいものですので、洗濯にもひと工夫が必要です。
 
そして皮脂汚れを落とすポイントとなるのが、「温度」です。
 
もちろん衣類の繊維によって温度指定がありますので、チェックした上で問題なければお湯を利用すると一気に洗浄力が増します。
ただし20℃以下になると洗浄力が落ちますので、30〜40℃程度は欲しいところです。
 
洗濯方法
 
もし既に加齢臭が服に染み込んでいるという場合は、最近は加齢臭に特化した洗剤も普通に売られていますので、汚れ落ちが普通と違いますのでそちらを利用するのがおすすめです。
 
ですが通常の洗剤より若干お値段が高くなりますので、まだ加齢臭が染み付いていない場合はお湯と通常の洗剤や柔軟剤で皮脂汚れは十分に落ちます。
 
※皮脂汚れはとにかく蓄積させない事がポイントです。
そのためには、なるべく洗濯物を溜めずに毎日洗濯するようにしてください。
 
そして、枕カバーやタオルなどは洗濯しても臭いが落ちない!という場合は、気になるようなら新しいものに替えるのがベターです。
それ程皮脂汚れの臭いはしつこく、落ちにくいものなのです。
 
 
 

まとめ

 
石鹸の香りがする女性にドキドキ、、なんて意見も多いほど、人間にとって匂いってとても重要なものですよね。
逆に加齢臭は周りの人に不快感を与えてしまう特有の臭いでもあります。
気にしすぎる必要は全然ないと思いますが、いつまでも良い香りのする女性でいるためにも、ぜひケアや抑える工夫は続けていってみてくださいね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*