Home » 健康法 » » 歯が黄色くなる原因と白くする方法

歯が黄色くなる原因と白くする方法

Pocket

まじまじと鏡を見てみると「私、こんなに歯が黄色かった?!」って思うときないですか?
 
筆者が初めて感じたのは、結婚式を和装でし、白無垢を来た時でした・・・
真っ白い着物に、白い綿帽子、そしてちょっと白めの肌、そこに真っ赤な口紅。
そうすると、歯だけがすごく黄色く見えるのです・・・
 
のちにビデオを見て大ショック・・・
その時の経験から、どうすれば歯が白くなるのか、黄色くなる原因と白くする方法について調べましたので今回は詳しくご紹介いたします。
 

.

歯が黄色くなる主な原因

 
  • 飲み物による着色
  •  
    歯コーヒー
     
    歯が黄色い原因の多くは、「ステイン」という歯のシミのようなものです。
     
    色の濃い飲み物、例えばコーヒー、紅茶、・コーラ・ウーロン茶、赤ワイン、ココアなどがありますね。
     
    このような色の濃い飲み物は、歯の表面に色素が付きやすく、ブラッシングではなかなか簡単におちません。
     

  • 食べ物による着色
  •  
    食べ物
     
    また飲み物だけでなく、食べ物にもステインの原因になるものがあります。
    カレー・キムチ・チョコレート・・たくあんなどの濃い色の食べ物は注意ですね。
    カレーにキムチをのせて、たくあんを一緒に食べたりしたら・・・
     
    あとは、調味料も色が濃いですね。
    醤油はもちろん、ソースやケチャップなども黄色くなる原因の一つです。
     
    そんなこと言い出すと、口にするほとんどがそうなのでは・・・と言いたくなりますね。
     

  • タバコ
  •  
    喫煙
     
    これはもう当然と言っていいでしょう。
    綺麗な女性でも、歯と歯茎を見ればタバコを吸っている方かわかりますよね。
     
    タバコのヤニは部屋の壁紙も黄色くしますよね。
    そのヤニの成分であるニコチンやタールが、歯に付着し、歯を黄色くしてしまうのです。
     
    また、喫煙は歯を黄色くするだけでなく、歯や歯茎を傷める原因ともなり、
    歯周病の発症率を大きく高めてしまいます。
     

  • 歯磨きのし過ぎ
  •  
    歯磨きすぎ
     
    これは意外な原因ですね。
    虫歯を予防したり、着色させないという点ではもちろんとても効果的です。
     
    しかし、あまりにもゴシゴシと磨きすぎると、それが歯が黄色くなる原因というのです。
    それはなぜか、歯の表面のエナメル質まで削ってしまい、黄色い象牙質が透けてしまうためなんです。
     
    さらに研磨剤が多く含まれる歯磨き粉でも同様のことが起こることがあります。
    歯を磨かないのもダメ、磨きすぎもダメ。難しいですね・・・

他にもどうしようもない加齢によるものや、遺伝的なものもあります。
こういった様々な原因がありますが、なるべく白くなりたいですよね?
ではどうすればいいのでしょうか?
 
.

歯を白くする方法

 
  • 重曹で磨く
  •  
    重曹歯磨き
     
    台所の汚れに欠かせない「重曹」ですが、歯にまで効果があるんです。
     
    今では重曹は掃除用具のイメージが強いですが、もともとはお菓子作りなどに
    つかう「ふくらかし粉」です。
     
    歯をみがくときはこちらの食用を使いましょう。
    少量の水で溶いてペースト状にしたりも出来ますが、毎回めんどくさいですよね。
     
    なので、通常の歯磨き粉を乗せた歯ブラシに、ひとつまみ重曹をかけて歯磨きする。
    これなら簡単ですね!
     
    しかし注意が、最初の2~3習慣は1日おきのペースでし、それ以降は、週に1~2度程度のペースにしましょう。
     
    やはり、研磨効果が高いので、あまり頻繁にしようすると、先ほど原因で紹介した
    「みがき過ぎ」のように、エナメル質をも傷つけてしまいます。
     

  • バナナの皮で磨く
  •  
    バナナの皮磨き
     
    またこれも意外なものですね!
    なぜバナナなのか?
    バナナの皮には、色を白くする物質、自然増白剤という天然由来の成分が含まれているのです。
     
    ではみがき方をご紹介します。
     
    1.まず5㎝ほどカットした皮の内側(白い方)を歯、全体に二分ほどこすりつけます。
     
    2.そのまま10分置きます。
    そのまま10分間放置。
    ※ この10分間は、できるだけ口は閉じず、外の空気が歯が触れるようにしておきます。
     
    3.歯磨き粉をつけていない歯ブラシで、まず丁寧に優しくみがいてください。
     
    4.最後は普段通り、歯磨き粉をつけてみがきます。
     
    寝る前にするのが効果が高く、2週間ほどで効果があらわれてきますので、
    しっかり続けてみるのがいいですね。
     

  • ココナッツオイル
  •  
    ココナッツオイル
     
    筆者も好きなココナッツオイルが、またまた効果的なんです!
    油で!?と思いますが、今はやりの「オイルプリング」
     
    油で口をゆすぐ方法も人気ですね。
    ココナッツオイルを使い、口をゆすいだり、歯を磨くことで歯が白くなる効果が期待できます。
    それは、クレンジングオイルのように、油で油汚れを浮かせたり、歯石も取ってくれます。
     
    また、ココナッツオイルには虫歯菌を減らしたり、歯肉炎の予防にも効果があります。
     
    やり方は簡単!
     
    スプーン一杯を口に含んでゆすぐだけ。
     
    ちょっと長いですが、しっかり15分ほどすると効果が高くなります。

 
 
このように自宅にあるものでも歯を白く出来るんですね。
 
でもまずは食べた後は、口をゆすぐ。
あと、よくしてしまうのが、歯ブラシや歯磨き粉をを濡らしてからみがいていませんか?
 
泡立ちがいいのでみがきやすく感じるのですが、それは逆効果なのです。
歯磨き粉の有効成分がしっかり歯に届かないんです。
 
なので、乾いた歯ブラシに歯磨き粉はつけて、磨きましょう!
頑張って白い歯で素敵な笑顔を作ろっていきましょう!

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*