Home » ライフ » 生活の知恵 » つらい筋肉痛を早く治す5つの方法
筋肉痛を早く治す方法

つらい筋肉痛を早く治す5つの方法

Pocket

久しぶりに張り切って運動したのはいいけれど、翌日あたりから襲いかかる「辛い筋肉痛」。
ちょっと物を運んだり、動くだけで痛いのは本当につらいもの。
 
数日で治るとは知りつつも、やっぱり早く治したいものですよえ。
そこでつらい筋肉痛を早く治す即効性の高い方法をご紹介します。

.

筋肉痛が起こる原因

 
筋肉痛原因
 
筋肉痛が起こる原因は2つ「乳酸の蓄積」と「筋肉の損傷」です。
激しい運動や筋トレをすると疲労物質である乳酸が筋肉に蓄積され、乳酸によって筋肉が硬直し炎症を起こすことで痛みを感じるのです。
 
また「筋肉の損傷」は損傷と聞くと怖いえすが、筋肉が炎症を起こしている状態を指し、一般的に炎症が回復するときに、筋肉を保護しようとより筋肉がつくため、筋トレで筋肉量を増やしたい人にとって筋肉痛は筋肉増量中の嬉しい痛みでもあります
 
 
 

筋肉痛を早く治す方法

それでは、つらい筋肉痛を早く治す方法について1つ1つみていきましょう。
 

まずはアイシング

 
アイシング
 
筋肉痛は筋肉の炎症ですので、まずは冷たいタオルや氷で痛む箇所を冷却してあげましょう。
炎症の緩和プラス痛みの神経を和らげるため痛みを感じる度合いも低くなります。
 
 

筋肉マッサージ

 
筋肉マッサージ
 
乳酸が溜まり固くなっている筋肉をマッサージでほぐしてあげることで、早く痛みが回復します。
あまり難しく考えず、リンパや血液を流すイメージで気持ちよい程度にマッサージしてあげましょう。
マッサージによって酸素や栄養素が筋肉に行き渡り回復スピードが速まりますよ。
 
 

湯船にしっかり浸かる

 
湯船
 
入浴時はシャワーで済ませず、しっかり湯船に浸かりましょう。
血行が促進され疲労回復に繋がります。
また、お風呂上り前に冷水を浴びて筋肉を引き締めると疲労物質が排出され筋肉痛が早くおさまります。
.

タンパク質やビタミン類を摂る

 
タンパク質を摂る
 
筋肉の疲労回復に有効な栄養素には亜鉛やクエン酸などがありますが、特にタンパク質を意識的に摂ることで回復を早めてくれます。
肉類や魚はもちろん、畑のお肉と呼ばれる「大豆」をたくさん摂取するようにしましょう。
 
またビタミンB1やビタインEも血行促進され回復が早まりますので、フルーツや野菜もしっかり摂取したいところですね。
 
 

十分な睡眠

 
十分寝る
 
睡眠中に分泌される成長ホルモンは新陳代謝を活発にし、疲労回復や筋肉の損傷を修復してくれます。
筋肉痛がひどい日ほど早目に寝て、少しでも回復させるお手伝いをしてあげましょう。
 
 
 

筋肉痛の予防法

 
筋肉痛予防
 
筋肉痛が起こるということは、普段からあまり筋肉を使っていない証拠です。
再び筋肉痛が起こりにくくするには予防法も把握しておきましょう。
 
  • 運動前には入念なストレッチ
  • 急な激しい運動は筋肉を痛めます、事前に筋肉を伸ばすストレッチをしっかり行うことで筋肉繊維のダメージを減らすことができます。

  • 日頃から運動を続ける
  • たまの運動だから筋肉痛が起こるともいえます。
    日頃から定期的に体を動かし、普段使用していない筋肉を使ってあげることは将来的な健康を考えてもとても大切な行為です。
    特に老後のために「貯金と筋肉は貯めておけ」といわれるほど、足腰の筋肉を鍛えておくことで一生自分の足で健康的に歩くことができますよ。

  • 水分補給やプロテイン補給
  • 運動をして汗をかくと血液の水分量が減り血液がドロドロになり疲労物質が蓄積されやすくなります。
    運動中もこまめに水分補給することで乳酸などが溜まりずらく、筋肉痛にもなりにくいです。
    またプロテインは筋肉増量の手助けでなく、良質なタンパク質から作られているため筋肉痛回復に効果的です。

  • 体を冷却クールダウン
  • 筋肉痛になる前に、例えばジムのシャワーで冷水を浴びるなどアイシングしてあげるだけでも翌日の筋肉痛がかなり和らぎますよ。

 
 
筋肉痛はつらいものですが、必要な筋肉量がアップしているという証でもあります。
筋肉痛を緩和しながらも、ひどい筋肉痛が起こらないように日頃から体を動かす習慣をつけておきたいところですね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*