Home » ライフ » 生活の知恵 » 筋肉痛を治す即効性のある方法や食べ物
筋肉痛の治し方

筋肉痛を治す即効性のある方法や食べ物

Pocket

ジョギングや筋トレなど、体を動かして健康的な生活を送ろうとする人が本当に増えていますね。
ですが、思い立って動くと次の日筋肉痛に・・・なんてことはありませんか?
今回はそんな筋肉痛と即効性のある治し方についてご紹介します。

.

そもそも筋肉痛とは?

 
筋肉痛とは
 
筋肉痛とは、筋肉を構成する筋繊維や結合組織が損傷または炎症したことによる痛みだと言われています。
また、乳酸という疲労物質が筋肉に蓄積されることで疲労を感じる状態とも言われます。
乳酸は酸性であるため、筋肉が酸の影響で固くなります。
その結果、筋肉の収縮が困難になって「筋肉痛だ!」と感じるのです。
 
 
 

乳酸とは?

 
乳酸
 
そもそも乳酸とは、糖分が分解されてエネルギーになる物質ですが、運動強度が高まると酸化が間に合わなくなり、筋肉に蓄積されてしまいます。
ですので、今までは乳酸=疲労感物質と言われていました。
 
ですが、近年では脳神経にとっては必要なエネルギー源だとされているのです。
乳酸を効果的に利用するには、運動前は糖分を控え、運動後は脳のために糖分摂取、そして乳酸の働きを抑えるクエン酸も摂取するようにすればOKなのです!
 
 
 

筋肉痛の即効性のある治し方

 
筋肉痛についてお話ししたので、次は即効性のある治し方をご紹介します。
 
  • まずはアイシング
  •  
    冷やす
     
    筋肉を使った当日に冷やすことで、血流を抑制し筋肉の炎症を少なくしてくれます。
     

  • 筋肉をほぐす
  • 筋肉が固く張ったようなら、緩めてほぐす血流が良くなり効果的です。
    血流が良くなると酸素や栄養素が行き渡ると同時に、老廃物も排出にも繋がります。
    ぬるま湯に浸かりながら軽くさする感覚でほぐしましょう。
     

  • 温冷浴
  •  
    温冷浴
     
    温冷浴とは、42度のお湯に3分浸かり、冷水のシャワーで1分流す方法。
    温冷刺激によって血流が良くなるので、筋肉痛の軽減に繋がります。
    ただし、心臓に負担がかかるので心臓から遠い足先からやりましょう。
     

  • 栄養補給に気をつける
  • 乳酸でも紹介したように、筋肉痛にはクエン酸がオススメです。
    クエン酸は梅干しやレモン、黒酢などに含まれています。
    他にも、筋肉を作るたんぱく質やエネルギー源として消費された糖分を摂取することも忘れないでくださいね。
     

  • 睡眠は十分に
  • 疲労回復には睡眠が最も効果的。
    睡眠時に分泌される成長ホルモンには、運動で使われた筋肉を修復してくれる働きがあるので、できれば運動後は8時間の睡眠を心掛けましょう。

.

筋肉痛に効く食べ物

 
筋肉痛に効果的なクエン酸が含まれるレモンや梅干し以外も、筋肉痛のときこそ食べて欲しい食材をご紹介します。
 
  • 筋肉を作るたんぱく質
  •  
    タンパク質
     
    多く含む食べ物・・・肉類、魚類、大豆製品、卵など
    筋肉に必要不可欠なタンパク質を意識して摂取します。
    ダイエット目的の運動なら、牛肉なら赤身、とり肉ならささみ、大豆製品ならとうふがオススメです。
     

  • 疲労回復に効くビタミンB郡
  •  
    ビタミン群
     
    多く含む食べ物・・・納豆、玄米、うなぎ、あなご、レバーなど
    筋肉痛は実はビタミン不足も関係しているので、なるべくしっかりと摂取するようにしましょう。
     

  • 筋肉痛にオススメのドリンク
  •  
    はちみつ入りミルク
     
    多く含む食べ物・・・もろみ酢、梅ジュース、はちみつ入りホットミルク
    特にホットミルクは、心を落ち着かせるセロトニンが含まれているので、さらに必須アミノ酸であるはちみつを加えれば効果的ですよ!
    ただし、はちみつは水あめなどで加糖されているものではない天然物を選んでください。

 
 
いかがでしたか?
運動は気分転換やストレス解消になりますが、筋肉痛はいらないという人もいるはず。
翌日の仕事やプライベートに支障をきたさないためにも、筋肉痛が気になったらしっかり治しましょう!

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*