Home » 病気・不調 » 腹痛 » みぞおちが痛い原因と病気との関係性
みぞおちが痛い原因

みぞおちが痛い原因と病気との関係性

Pocket

胃や腸など内臓系との関係も深いため、謎の腹痛に襲われるととても不安になりますよね。
冷たいものの食べ過ぎなど、明らかに原因がわかっている場合は大丈夫ですが、そうでは無いのに「下痢を起こす」「吐き気を伴う」などの諸症状が出ると病気なのでは?と心配になるのも当然です。
痛みを気軽に考えて放置しておくと、後々大変なことにもなりかねません。

.

みぞおちが痛む原因

 
みぞおちが痛い原因
 
胃や肝臓、大腸など様々な臓器が交錯する場所である「みぞおち」が痛いという場合、いくつかの原因が考えられます。
 
  • 食べ過ぎ、飲み過ぎ
  • 胃に近いこともあり「食べ過ぎ」「飲み過ぎ」た場合にみぞおちが痛みます。
    特に辛味の強い刺激物を食べることで胃に負担をかけたり、飲酒後や翌日に痛むという場合は多いです。
     

  • 喫煙
  • 特にヘビースモーカーの方は、タバコの煙が胃を刺激するため胃酸が大量に出ることで胃が痛い、、と慢性的な痛みが続いている人も多いです。
     

  • 過度なストレス
  • ストレスはあらゆる体の変化に繋がります。
    みぞおちが痛い、、と病院で診察しても原因不明な場合も多く、大抵の場合「ストレス過多」による神経性の痛みの場合が多いですね。
     

  • 自律神経の乱れ
  • ストレスと共に、夏場など暑い外部からエアコンの効いた室内に出入りするなど寒暖の激しい状況にいると自律神経が乱れ、胃酸が大量に出るなどの変化に繋がり痛む事があります。
     

  • 食あたり
  • 下痢を伴う痛みの場合、水や食べ物にあたって食あたりになっている可能性もあります。
     

  • NSAIDs潰瘍
  • 近年多い症状で、解熱鎮痛薬の副作用によって胃が自身の胃酸で傷つき痛みを生じる場合があります。
    頭痛薬や生理痛の痛み止めなどをよく飲む人は注意が必要です。

 
 

みぞおちの痛みと病気との関係

 

急性胃腸炎・過敏性腸症候群

 
急性胃腸炎
 
みぞおちあたりの激しい痛みに加え、下痢や発熱、胸焼け、吐き気などを伴うのが特徴です。
原因は暴飲暴食や、ストレス過多、ウイルス性など多岐にわたりますが、発熱や吐き気を伴う場合はサルモネラや腸炎ビブリオなどの細菌や、ノロやロタウイルスなどのウイルスが原因の場合が多いです。
 
特に諸症状が無いのにキリキリ痛む、気分が冴えない、胸焼けがする、という場合は、神経性胃炎を含む現代人に非常に多いストレス性の胃腸炎の可能性が最も大きいといえます。
 
 

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

 
「主に空腹時に痛む」「胸焼けがする」「ゲップがやたら出る」などを併発している場合、胃潰瘍の可能性もあります。
胃潰瘍はストレスだけでなく、ピロリ菌と呼ばれる細菌に感染することで胃粘膜が弱くなり、胃酸で胃壁が傷つき痛みを発生させます。
 
ピロリ菌の存在は胃潰瘍、十二指腸潰瘍だけでなく、ほっておくと胃がんになる可能性も秘めていますので、早い段階から抗菌薬によってピロリ菌を除菌する必要があります。
 
 

盲腸

 
みぞおちや、みぞおちの右下辺りに強い痛みを感じる場合「盲腸」の可能性があります。
盲腸の正式名称は急性虫垂炎といい、盲腸に連結している虫垂と呼ばれる箇所の炎症です。
盲腸は手術などで簡単に治りますが、痛みを我慢してほっておくと虫垂に膿が溜まり腹膜炎を併発するなど危険度が高くなるため、早めの対応が必要になります。
 
 

胆石症

 
胆石
 
ビタミンなどの消化や吸収を助ける胆汁(たんじゅう)が通る胆道に結石ができる病気です。
日本人の10人に1人は胆石を持っているといわれ、食生活の乱れなどが主な原因とされています。
 
尿の色が茶色になったり、背中や右肩が痛い、嘔吐、食事の後に痛むなどの症状が現れますが、症状らしい症状があらわれないことも非常に多いです。
ですが、ほっておくと急性胆のう炎などにかかる場合があるため、X線検査での発見や胆石を溶かす薬などによる早期の治療が必要です。
 
 

  • 膵炎(すいえん)

  •  
    アルコールの過剰摂取や、胆石が膵液の出口をふさぐことで起こる膵炎。
    ほっておくと死に至る場合もあるため、こちらも早期発見、早期治療が必須といえます。

    .

    病院は何科に行けばよい?

     
    内科を受診
     
    みぞおちに痛みを感じる場合、まずは早めの受診を心がけるようにしてください。
    そして向かう医院は「内科」です。
    他にも専門的には胃腸科、消化器内科、消化器外科などありますが、まずは内科での受診がよいでしょう。
     
     
     

    日常的に痛みの予防を

     
    みぞおちの痛みの原因や病気の可能性は多岐に渡りますが、多くの場合元をたどれば日々の食生活や生活週間の乱れや、ストレス過多によるところが大きいです。
    正しい食生活を心がけ、ストレスや不安を抱えている人は自分なりのストレスの抜き方を作り、少し立ち止まって休まれてはいかがでしょうか?
     
    とにかくまずは痛みが激しい、続くという場合はどれほど忙しくても早めに病院での診察を受けるようにしてくださいね。

    Pocket

    .

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *