Home » 健康法 » » ものもらいの原因と治療法
ものもらいの原因と治療

ものもらいの原因と治療法

Pocket

目の痛みを感じた翌日、朝起きると目が腫れていた、、なんてことありませんか?
ゴロゴロした痛みや目が腫れてしまうのが「ものもらい」。
ほっておくと日常生活に支障をきたす場合もあるので、すぐにでも治療したいですよね。
今回はそんなものもらいについてご紹介します。

.

ものもらいになる原因は?

 
ものもらい原因
 
ものもらいの原因は、黄色ブドウ球菌と呼ばれる菌による感染です。
この黄色ブドウ球菌は、化膿した傷に多くいるのですが、健康な人の皮膚や髪などに分布しているのでいつでも感染する可能性があります。
 
特に、目にケガをしたときや病気やストレスなどで抵抗力が落ちているときに目をこするとものもらいができることがあります。
実際に、ものもらいができるときは疲れていたり体調が良くないときではありませんか?
 
 
 

ものもらいの症状

 
ものもらいは、目の脂や汗を出す腺に細菌が感染して起こる急性化膿性炎症と呼ばれています。
主な症状としては、
まぶたの一部が腫れる
まばたきをすると痛みを伴う
症状が悪化するとまぶた全体が腫れ、目やに、かゆみ、赤みが出てくる
更に進行すると膿ができる

など、ほっておくと進行する場合も多いので数日たっても治らない場合重症化する前に眼科を受診しましょう。
 
 
 

ものもらいの種類

 
ものもらい種類
 
  • 霰粒腫(さんりゅうしゅ)
  • まつげの生え際には、まつげを保護する脂を分泌するマイボーム腺というものがあります。
    そして、そのマイボーム腺の脂が詰まることで腫れたりしこりができることを霰粒腫と言います。
     

  • 麦粒腫(ばくりゅうしゅ)
  • 霰粒腫と異なり、雑菌によって感染した状態のこと。
    痛痒いかったり、ゴロゴロしたりとした症状の後、膿のできもの(膿点)ができます。
    この膿点が破れて膿が出ると治っていきます。

 
 
 

ものもらいの治療法

 
ものもらいができた場合、できれば眼科での診察の上、早めに治療してしまう方がよいでしょう。
そして、眼科での主な治療方法が次の内容になります。
 
  • 目薬や軟膏薬で治療
  •  
    点眼
     
    症状が軽ければ、専用の市販薬で治療できます。
    このとき、一回ずつ使いきりタイプのものが衛生的でオススメです。
    症状がひどい場合や早く治療したいときは眼科を受診して点眼薬や軟膏薬、内服薬を処方してもらいましょう。
     

  • コンタクトやアイメイクは避けて
  • ものもらいは目の回りを清潔にしておくことがポイントです。
    なるべく触らないようにしたり、洗顔料を洗浄力の弱いものしたり、コンタクトやアイメイクを避けるなどして労りましょう。
     

  • 蒸しタオルでマッサージする
  •  
    蒸しタオルマッサージ
     
    脂が詰まった霰粒腫の場合なら、セルフケアができます。
    やり方は簡単で、蒸しタオルを目に当てて、そのうえからまつげの生え際にあるマイボーム腺を刺激するように優しく押しましょう。
    湯船に浸かりながら行うと更に効果的です。

 
 
 

ものもらいの呼び方

 
ものもらいは、地方によって呼び名が変わることは有名ですよね。
東北ではめこじき、めぼい。
近畿地方では、めばちこやめいぼと呼ばれているそうです。
石川や福井ではめもらい、宮城はばか、熊本ではおひめさんとも呼ばれるそうです。
 
また、ものもらいに関して多くの人が他人に感染すると認識していますが、それは大きな間違いです。
他人にうつるウィルスではないので、タオルを分けたりする必要はありませんよ
 
 
ある日突然できるものもらい。
不便な上に痛みがあるので厄介ですよね。
何より、ものもらいができたときは疲れている証拠かもしれません。
自覚症状を持ってしっかり完治させましょう!

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*