Home » ライフ » グルメ・食品 » 料理をきれい&おしゃれに盛り付ける方法
料理の盛り付け方法

料理をきれい&おしゃれに盛り付ける方法

Pocket

最近ほとんどの人がSNSの投稿を楽しんでいると思います。
なかには手料理を載せたいという人もいると思いますが、彩りや盛り付けなどが気になって投稿出来ないなんて人もいるはず。
今回はそんなときに抑えておきたい、キレイでオシャレに盛り付けられるポイントをお教えします!

.

基本の3色で彩りを豊かに

 
見た目を華やかにするには、基本の3色を取り入れればOKです!
それは、信号カラーの「赤」「黄」「緑」。
 
料理の彩り
 
【赤】・・・鮭、マグロ、ローストビーフ、トマト、ラディッシュ、紅心大根、イチゴ、りんごなど
 
【黄色】・・・卵、白菜、黄ズッキーニ、黄パプリカ、レモン、たくあん、柑橘類など
 
【緑】・・・アボカド、ほうれん草、小松菜、キャベツ、レタス、ピーマン、キュウリなど野菜類
 
これらの彩りを食事に取り入れればオシャレで美味しそうに見えます。
また、ついついメインに多い茶色や白などもカラフルな彩りで栄養も見た目もばっちりカバーできます!
 
 
 

副菜は高さを出そう!

 
ほうれん草のおひたしや切り干し大根など、副菜で活躍するおかずは何となく地味なものばかり。
そんなときは盛り付け方に工夫を出せばたちまち魅力的な一品になります!
 
高さを出す
 
ポイントはピラミッドのように中央を高くして盛り付けること
こうすることで、地味なおかずも華やぎますよ。
 
大皿や一人分ずつ配る小鉢や豆皿でも同じ。
地味な料理ほど高さを出して盛り付けましょう!
.

食器選びのキーワードは季節感と温度感

 
食器選び
 
料理に合わせた食器選びはなかなか難しいので、初心者は白の食器が無難です。
ですが、気がつけば白い食器ばかりなんて人は季節感と温度感に合った食器をチョイスしてみてはいかがでしょうか?
 
例えば、温かい料理なら温もりを感じる陶器のもの、冷たい料理なら涼しさを演出するガラスなど
秋や冬なら温かみがあるオレンジや赤系のカラー、夏なら涼しげなブルー系、春はピンクなど季節毎のイメージカラーというとわかりやすいですね。
 
また、温かさを演出したいときは土鍋やオーブン皿ごと出すのもオススメです!
 
 

+αの小物で見た目アップ

 
基本の3色と盛り付けをマスターしても、+αでおいしさはさらにアップします。
それは、小物です。
盛り付けや彩り以外に、箸置きやランチョンマット、テーブルクロスなどが加わるだけで華やかさは一気にアップします。
 
ランチョマットなど
 
また、基本のさ3食が足りないときはそうした小物で色味を足すのもオススメです。
箸置きやランチョンマットがなくても、コルクやお気に入りの布地、木のトレイなどの代用品でも充分オシャレになります。
 
例えば、お菓子や一口オードブルを盛り付けるときに、アフタヌーンティーのような何段ものトレイがなくても代用品で盛り付けられるんですよ!
じつは、大きさの異なる丸いお皿とガラスのコップがあればできちゃうんです。
やり方はとっても簡単で、大きめの丸いお皿のまん中にガラスのコップを置き、そのガラスのコップの上に少し小さめの丸いお皿をおけばアフタヌーンティーのようなトレイが完成します。
 
ガラスのコップの中にも盛り付けしてもオシャレです。
このように、家の中を見回して、何か使えそうなものを探すのも楽しいですね!
 
 
以上の基本を守れば、どんな不器用さんでもキレイでオシャレな料理が演出できますよ!
これを機に、ぜひSNSで手料理を投してみてはいかがですか?

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*