Home » ライフ » グルメ・食品 » 【もち麦の販売店は?】ダイエットや美肌効果を求めるならこれ!
もち麦効能

【もち麦の販売店は?】ダイエットや美肌効果を求めるならこれ!

Pocket

以前から注目度の高かった「もち麦」ですが、最近TV番組でもとりげられる機会が多いことから、新たな健康食品として注目を浴びています。
 
ですが、あまり聞き慣れない「もち麦」という食品はいったいどんなもので、どのような効果があるのでしょうか?
またスーパーに行ってもなかなか手に入らないもち麦の販売店はどこになるのかなど、疑問解消していきたいと思います。

.

もち麦とは?

 
もち麦とは
 
もち麦とは大麦の一種にあたり、もち生の大麦の事を「もち麦」といいます。
白米や麦めし、うるち米など穀類にはたくさんの種類がありますが、白米100gの中に0.5g含まれている食物繊維に対して、もち麦は100gに10g以上含まれていて、抜群に食物繊維の含有量が高いのが最大の特徴です。
 
 
 

もち麦の販売店はどこ?

 
よくある質問として、もち麦はどこで買えるの?というものです。
もち麦は聞き慣れない穀物ですが、イオンやイトーヨーカドーなど大型スーパーであれば売っているところはあります。
(取り扱っているかどうかは、地域や店によりますので、実際に確かめてみてください)
 
また、便利に取り寄せるならやはりAmazonや楽天などの通販がよいでしょう。
 

 

 
 
 

もち麦の栄養価

 
もち麦栄養
 
先述した高い食物繊維の含有量に加えて、たんぱく質60g(精白米の1.6倍)/ビタミンE 7.0mg(3倍)/ビタミンB1 1.4mg(4倍)/亜鉛12mg(2.8倍)/鉄7.0mg(4倍)/マグネシウム340mg(9倍)と、お茶一杯で1日の栄養素の6分の1はまかなえます。
※ミネラル分や食物繊維は1杯で1日に必要な栄養価の半分を摂取できるのです。
 
しかもカロリーに関しては、白米1杯252Kcalと比べもち麦1杯198Kcalと低カロリーでヘルシーなのも人気の秘密ですね。
.

もち麦の効果効能

 
高栄養価として注目の高いもち麦ですが、実際に体に対してどのような効果・効能があるのでしょうか?
 
  • 高いダイエット効果
  • βグルカンが血糖値の急上昇を抑えてくれ、脂肪をつけるインスリンの分泌も抑えてくれます。
    また豊富な食物繊維から整腸作用、便秘解消効果が高くダイエットに繋がります。
     

  • コレステロールの低下
  • βグルカンによって血糖値の急上昇が抑えられると自然と血中コレステロールも低下されます。
     

  • 美肌効果
  • 肌の生成には欠かせないビタミンB群やビタミンEが豊富な上、アンチエイジングに効果的なポリフェノール、肌トラブルを抑えるミネラルなど美肌作り効果もとても高いです。
    また便秘が解消されることで新陳代謝が上がり、ターンオーバーが正常化されることも美肌になる理由ですね。
     

  • 大腸ガン予防
  • βグルカンには、がん予防効果があり大腸ガンや十二指腸潰瘍などを予防する免疫力をアップしてくれます。

 
 
 

もち麦の食べ方

 
もち麦食べ方
 
もち麦の食べ方はとても簡単です。
 
基本は、白米1に対して、もち麦1を混ぜて炊くだけ。(白米1合ならもち麦1合)
ポイントとしては、白米は洗いますが、もち麦は洗わずそのまま入れる点くらいです。
 
※炊く水の量も、いつもと同じ水分量を入れれば大丈夫です。
(白米1合・もち麦1合なら、水を2合目のところまで入れます)
 
 
 

玄米との違いは?

 
栄養価の高い穀物の代表格といえば「玄米」ではないでしょうか?
唯一の完全食といわれる玄米は非常に栄養価が高いのは間違いありません。
 
ただ玄米は精米していないためカロリーが若干高いもの事実です(もち麦と比べると)。
もち麦は玄米と比べても劣らない程栄養価が高い上にカロリーが低いため、ダイエットやメタボ予防の方にはとてもおススメといえますね。
 
玄米と比べて白米に混ぜて炊くだけと、とても調理が簡単ですので続けやすいのがいいですよね。
毎日食べるお米ですから、ちょっとこだわってみてもいいのではないでしょうか?

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*