Home » 健康法 » » 【網膜剥離の原因と症状】痛みや視力はどうなの?
網膜剥離の原因と症状

【網膜剥離の原因と症状】痛みや視力はどうなの?

Pocket


よくボクサーが網膜剥離にかかってしまったというニュースを見ることがありますが、実際に網膜剥離という病気は身近な存在となっています。
白内障や緑内障などと並び目にとって重要な病気になる網膜剥離。
今回は網膜剥離となってしまう原因や症状などを紹介していきます。

.

網膜剥離になる原因

 
網膜剥離の原因
 
視力に大きな影響を与えていく網膜剥離は、原因として色々な要因がありますので日常生活で気を配らなければなりません。
事故などでも網膜剥離になってしまうケースがありますので、予想外のアクシデントで発症するケースがあるということを認識してください。
 
  • 加齢による網膜剥離
  • 加齢によって網膜剥離を発症してしまうケースがあります。
    特に危険といわれているのが40代から60代で、急に視界が悪くなったと感じてしまうことでしょう。
     

  • ストレスや目の負担
  • いくら視力が普段から良くても、若い人が急に網膜剥離になってしまうということも想定されます。
    日々のストレスや目を酷使することでも発症してしまうことがありますので、常に目へ負担をかけないようにしていきましょう。
     

  • 自覚症状が出ると危険
  • 加齢やストレスなどによって視界が徐々にぼやけていったり、黒い虫が飛んでいるような症状が襲ってくるようであれば危険です。
    網膜剥離になってしまうと視野欠損が起こってしまい、網膜の上部が次第に剥がれていきます。そして下側から見えなくなってきてしまいますので、注意しなければなりません。

 
 
 

網膜剥離の症状は?

 
網膜剥離の症状
 
そもそも網膜剥離というのは目の病気というものの、どのような症状を引き起こすかわからないという方も多いです。
 
  • 失明の恐れ
  • 網膜剥離は目の中にあるカメラのフィルムのような働きを持っている網膜が悪化することで発症してしまう病気となっています。
    網膜というのは目の内側に存在しており、光を刺激としながら視神経で受け取っていく機能を持っています。
    ここに穴が開いてしまうと眼球の中にある水分が抜けていきます。
    そして網膜の後ろへと入り込んで剥がれていき、全てなくなると失明をしてしまいます。
     

  • 回復が困難になる
  • 網膜剥離が進行してしまうと網膜の細胞が全て死んでしまうため、最悪回復させることができなくなってしまいます。

.

網膜剥離にかかった時の痛みや見え方

 
見え方
 
  • 痛みはほとんど感じない
  • 実際網膜剥離にかかってしまうと、痛みというのがほとんどありません。
    視界も急に失っていくということはなく、黒い虫が飛んでいるかのような症状が襲ってきます。
     

  • 視界が少し歪んでくる
  • 手術をした後で網膜の下にある溜まっている水が目の黄斑部に残ってしまうことがあります。
    これは粘り気がとてもあり、網膜の下液へ溜まると次第に視界が歪んでしまいます。
    時間が経つと従来は元に戻っていきますが、網膜剥離が進むと危険です。
     

  • 視力が大きく下がる恐れも
  • 網膜剥離にかかり手術をして回復できる可能性は極めて低く、視力の回復についても時間が非常にかかってしまいます。
    黄斑部に網膜剥離が生じた時は、視力はほぼ見えなくなると思っていいでしょう。大半の人は測定すると視力0.1以下となっています。

 
いかがでしょうか。このように網膜剥離は日常生活で常に背中合わせの状態となっていますので、気をつけて生活を送っていかなければなりません。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*