Home » ライフ » 生活の知恵 » マウスウォッシュの危険性【ガンや肌荒れの原因?】
マウスウォッシュ危険

マウスウォッシュの危険性【ガンや肌荒れの原因?】

Pocket

 
♪お口クチュクチュ、モンダ○ン♪ など、口臭予防や虫歯や歯周病にも効果があるとされているマウスウォッシュ(口内洗浄液)。
クチュクチュした後、口内に広がる爽やかさから確かに効果ありそうと毎日使用されている方も多いかと思います。
 
筆者の住むアメリカではマウスウォッシュの使用者が日本よりも多いのですが、その反面最近マウスウォッシュを危険視する声が増えているため、筆者自身も日常的な使用はほぼ控えるようにしました。
そんな馴染み深いマウスウォッシュですが、実は身体にとってとても負担を掛け、ガンや肌荒れ、高血圧の原因にもなる危険な存在である事を知る人は少ないのが現状です。
 
今回の記事は、マウスウォッシュを日常的に使用されている方にはぜひ見て頂きたいと思います。

.

マウスウォッシュの危険性

 
マウスウォッシュが危険視されている原因は、生成成分にあります。
 
特に注意が叫ばれているのが、「抗菌成分」
 
口内の菌を殺菌するために含まれている四級アンモニウム、ビスビグアニド、ポビドンヨード、クロルヘキシジンなどに代表される抗菌成分は、
身体に負担を掛け悪影響を及ぼすだけでなく、実際は口内に住む必要な常在細菌まで死滅させる上、むし歯や歯周病の予防には効果はほぼ無く、味覚障害まで及ぼす危険毒素であるとされています。
 
 
 

マウスウォッシュが引き起こす症状

 
マウスウォッシュを日常的に使用すると、以下のような症状に繋がる危険性があります。
 
マウスウォッシュ
 
  • 肌荒れ
  • 主な原因は、ラウリル硫酸ナトリウム(ドデシル硫酸ナトリウム)とラウレス硫酸ナトリウムです。
    これらは、シャンプーや家庭用洗剤にも使われる界面活性剤で、この成分は肌アレルギーを引き起こす原因になります。
     
    肌に直接付いてももちろんですが、皮膚や唾液と共に体内に取り込まれる事で肌荒れへと繋がるため、敏感肌の方は特に気を付けるべきです。
     

  • 発ガン性
  • アルコール成分やパラベンなどの防腐剤が含まれたマウスウォッシュには、口内ガンを引き起こす高いリスクがあります。
     

  • 高血圧
  • 抗菌成分の中には、血管弛緩に必要な栄養素を殺してしまうクロルヘキシジンなど、血圧を上昇させるものがあります。
     

  • 脳卒中や心臓発作
  • 血圧値が上がる事で、脳卒中や心臓発作になる可能性が7~10%以上高まるとされています。
     

  • 内臓障害
  • 皮膚や唾液から胎内に取り込まれると、内臓障害の原因になります。

.

できるだけ使用を控える

 
マウスウォッシュはほとんど口臭予防としての簡単な役割しか無く、それと引き換えにするにはあまりにも危険な成分からできています。
また口臭予防も一時的なものでしかなく、根本的には解決できていません。
 
口臭が気になるのでしたら、丁寧なブラッシング(歯磨き)をしたり、歯を治療したり、食生活を見直すなどの方法を取る方が効果的です。
 
マウスウォッシュをした後は、しっかりとブクブクうがいしていても少量は必ず口内に残り、唾液と共に体内に取り込まれています。
できれば、マウスウォッシュを日常的に使用するのは控えることをおススメしたいところです。
 
 

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*