Home » 病気・不調 » ひどい胸焼けは病気?原因や改善法について
胸焼けの原因

ひどい胸焼けは病気?原因や改善法について

Pocket

むかむかとこみ上げてくるような嫌な「胸焼け」。
なんとも気分が悪くできれば遭遇したくない症状ですよね?
そんなひどい胸焼けが起こる原因や、病気との関係性などを含め改善策についてみていきます。

.

胸焼けが起こる原因は?

 
胸焼け原因
 
胸焼けは基本的には胃酸が逆流することで起こる症状です。
例えば「タバコの吸いすぎ」「暴飲暴食」「アルコールの飲み過ぎ」「過度なストレス」などによるところが多く、喫煙者やお酒好きなど思い当たるフシがある方はあまり気にする必要はありません。
 
ただし胃酸が逆流するのは正常な状態ではなく、体が何かしらの反応を起こして胸焼けになっているので、タバコやお酒の量を減らす、ストレス解消に努めるなど生活改善をしていく必要性があります。
 
また女性の場合、妊娠初期症状として胸焼けが起こる場合もあります。
 
 

胃もたれと胸焼けの違い

 
胃もたれ
 
よく胃もたれと胸焼けを混同して考える人がいますが、基本的に2つは異なる症状です。
胃もたれは名前通り「胃」がむかつく、痛い、重いなどの症状が起こり、原因は胃活動能力の低下、胃酸が少なく消化しきれないなどによるものです。
※胃もたれの原因も胸焼けと同じく、タバコやアルコール、食べ過ぎなどによるところから混同されやすいと推測できます。
 
胃もたれは胃の粘膜が荒れている場合が多いので、おかゆなど消化の良い食べ物に切り替えてお酒やタバコを控えてしばらく胃を休ませてあげることで回復します。
 
そして胸焼けはやはり名前通り「胸」のあたりが焼けるように熱い、痛む、不快だという症状として現れます。
 
 
 

ひどい胸焼けと病気との関係性

 
病気との関係
 
続いて度重なって胸焼けに襲われる、胸焼けがひどい、、という方はもしかすると病気の可能性があるのでは?と疑う必要があります。
 
  • 逆流性食道炎
  • 胃液(胃酸)が大量に逆流し食道が炎症している病気です。
    前述したストレスやアルコール、喫煙、暴飲暴食など理由は個々に違いますが、ひどい逆流によって食道が炎症を起こし胸焼け、胃もたれ、喉が痛むなどの諸症状を起こしている状態です。
     

  • 自律神経失調症
  • 過度のストレスによって自律神経が乱れると、胃酸が過剰に分泌され胃や十二指腸を痛めてしまいます。
    そして大量の胃酸が逆流し、胸焼けを起こしやすくなるのです。
     

  • 胃がん
  • 胃がんの原因であるピロリ菌が胃の中に存在していると、胃の粘膜が傷つけられ慢性胃炎となり胸焼けがひどくなります。
     

  • 胃潰瘍
  • 胃酸や消化酵素が胃壁を溶かしてしまい、食事中や食後に胸焼けや胃もたれが起こることが多くなります。
    特にみぞおち辺りが重く痛む特徴があります。
     

  • 十二指腸潰瘍
  • 強いストレスによって胃酸が内臓を消化し、胸焼けや胃痛を起こします。

.

胸焼けの改善方法

 
ひどい胸焼けは基本的に生活改善することで解消されていきます。
 
  • まずは食生活の見直しを
  •  
    食生活改善
     
    特にジャンクフードなど脂肪分が多い食事を摂る機会が多いと、それらを消化しようと大量の胃酸が出るため胸焼けを起こしやすくなります。
    和食を中心とした胃に優しい食事に切り替えるだけで、胃酸分泌は落ち着きます。
    また食べ過ぎもNGなので、よく咀嚼した上で腹八分目を心がけましょう。
     

  • アルコール・タバコを控える
  •  
    アルコール控える
     
    アルコールは胸焼けの大きな原因です。
    またストレス×喫煙も胸焼けを起こしやすく、空えずきなども併発するためアルコールとタバコは体の健康を考えて少しずつ減らす努力をしましょう。
     

  • ストレスを溜め込まない
  •  
    ストレス解消
     
    ストレスはあらゆる病気や諸症状を招く元です。
    軽い運動やリラックスする方法・時間を増やすなどストレス解消に努めることで胃酸の分泌や逆流を防ぎ、胸焼けを抑えることができます。
     

  • 枕を少し高くする
  •  
    枕の高さ改善
     
    横になっても胸焼けがひどいという人は、枕の高さを若干高くして喉元に胃酸が戻ってこないように対処しましょう。
     

  • 牛乳で胃に粘膜を貼る
  •  
    牛乳飲む
     
    よく辛いものを食べた時に牛乳を飲むと良いといわれるのは、牛乳が胃の粘膜を守る働きをしてくれるためです。
    少量でよいので牛乳を飲んでおくと、胃や胃酸分泌が落ち着き逆流しにくくなりますよ。
     

  • ゆったりとした服装に切り替える
  •  
    ゆったりした服装
     
    スキニージーンズやベルトでキュッとお腹を締め付けていると胃が圧迫され、胃酸が逆流しやすくなります。
    少しゆったりとしたパンツや寝間着を選ぶことで胸焼け改善に繋がります。

 
 
 

病院での診察も検討

 
内科診察
 
アルコールやタバコを控え、食事にも気をつけているのになぜか胸焼けがひどい、、という場合は、やはり何かしらの病気の可能性が高いです。
前述した病気などの可能性があるため、内科・消化器科などで1度診察を受けた方がよいでしょう
 
胸焼け中には胃がんのように早期発見が何より大切な病気を知らせてくれているサインだったという場合もあります。
胸焼けが続くという場合は、何より早めに診察を受けて原因を追求するようにしてくださいね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*