Home » 健康法 » » 【歯医者の無痛治療】その種類や方法・メリットとは?
歯医者無痛治療

【歯医者の無痛治療】その種類や方法・メリットとは?

Pocket

小さい頃から「歯医者さんとは縁が切れない」という人も多いかもしれません。
歯医者さんイコール「痛い」というイメージを描く人には、歯医者さんに対する恐怖心がかなりありそうです。
 
しかし年々「できるだけ痛みは感じない方が良い」という理論のもと、「無痛治療」が支持されてつつあるのをご存知ですか?
今回はこの歯医者さんでの無痛治療について、その方法やメリットをご紹介しますね。

.

無痛治療はこんな人に向いている

 
治療向いている人
 
  • 歯科治療にトラウマがある
  • 痛みがともないがちな歯の治療は苦手な人も多いはず。
    歯科医院の前を通るのもイヤという人もいるでしょう。
    嫌を通り越してトラウマになっていたり、治療を避けている人にも「無痛治療」はオススメです。
     

  • パニック障害や不安障害がある
  • 日頃からパニック障害や不安障害がある人は、歯科治療が怖くてたまらないかもしれません。
    でも、あらかじめ「無痛」であることが分かっていれば安心感も大きくパニックにならずにすみます。
     

  • 吐きそうになってしまう
  • 治療中に口の中に何か入れられたときに思わず吐きそうになる「えづき」が起きてしまう人がいます。
    これを嘔吐反射といい無意識に起きてしまうため、治療を受けたくても受けられずにいる人も相当数いるようです。
     

  • インプラント手術や骨の手術など
  • 骨にアプローチするような本格的な手術が必要な治療の場合でも、無痛治療であれば安心ですね。

 
 
 

無痛治療の種類や方法

 
続いて、具体的に無痛治療にはどのような種類や方法があるのかみていきましょう。
 
  • 電動注射器
  •  
    電動注射器
     
    虫歯を削ったり神経根の治療などには麻酔を使いますが、このとき痛みを感じるのが「麻酔薬を打つ注射」です。
    細い針を使ってゆっくりと麻酔液を注入すれば痛みが軽減されますが電動注射器であれば細かい調節がきくので、通常の麻酔注射より痛みが少なくてすみます。
     

  • 新型の無痛麻酔器「Wand」
  • アメリカ製の電動注射器がWandです。
    コンピュータ制御により麻酔液の注入を行い、痛みがかなり軽減できます。
     

  • 笑気吸入鎮静法
  •  
    笑気吸引
     
    笑気ガスを鼻から吸い込むことでからだの緊張が解け、リラックスした状態になるので痛みにも鈍感になります。
    眠くなることはなく意識は保たれています。
    健康保険が効き約1,000円ほどの追加料金ですむため、気軽に申し込めるのも人気の秘密です。

    .

     

  • 静脈内鎮静法
  •  
    静脈内鎮静法
     
    点滴により鎮静薬を投与し、うたた寝のような状態で治療を受けられるのが静脈内鎮静法と呼ばれるものです。
    病気や体質により通常の治療が受けられない患者さんのほか、心身症や不安神経症などにより適切な治療が難しい場合に行われますが、自由診療のためとても高額です。(治療費を除き一時間約30,000円〜50,000円以上)
     

  • 歯科用虫歯除去液(キャリソルブ)
  • 虫歯を削るドリルが苦手な人は大勢いることでしょう。
    この虫歯除去液は虫歯部分に薬剤を塗布し、虫歯をこそげ落としていく際に使用します。
    こちらも保険適用外で1本約15,000円となっています。
     

  • 3MIX-MP法
  • 虫歯菌を抗菌剤で無菌化するという方法で痛みはありません。
    こちらも保険適用外で1本約4,500円ほどとなっています。

 
 
 

無痛治療のメリット

 
無痛治療メリット
 
  • 緊張しないですむ
  • 痛みを感じない状態での治療は患者本人にとって、緊張度が和らぎとてもラクに治療を受けることが可能になります。
    また緊張が解けていることで歯科医もスムーズに治療しやすいというメリットがあります。
     

  • 治療に対する抵抗がなくなる
  • 早期発見&早期治療が功を奏するのは歯も同じ。
    歯を削るときや麻酔注射のときの鋭い痛みを考えるとついつい足が遠のきがちだった歯医者さんも、もう抵抗がなくなるはずです。
    早めの治療が行えるため、健康な歯を維持できている人が増えているのもメリットですね。

 
 
 

まとめ

 
治療法は各歯科医院により異なりますが、以前に比べ「無痛治療」を打ち出している歯科医院が増えているようです。
痛みに敏感な患者さんに対するそういった配慮はとてもありがたいですよね。
 
無痛治療の有無や種類をホームページに記載しているところも多いですので、事前にチェックするか電話などで確認されることをおすすめします。
 
筆者自身も歯医者が苦手ですので、これからも痛みを感じない治療がもっと普及してくれればいいな、と思っています。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*