Home » ライフ » 赤ちゃん・育児 » 赤ちゃんの夏風邪 予防と治し方
赤ちゃんの夏風邪

赤ちゃんの夏風邪 予防と治し方

Pocket


暑いとついエアコンを強めにしてたり、直接扇風機の風を浴び過ぎてたり、
寝汗でカラダが冷えて、お出かけして帰ってきたら熱を出して、、と、
夏場の暑い時期になると、逆に赤ちゃんは風邪をこじらせがちになりますよね。
 
冬場よりも気をつけておきたお、赤ちゃんの夏風邪の予防法や治し方について今回はお届け。
敏感な赤ちゃんの体調ですので、気をつけたいところをピックアップしました。

.

赤ちゃんの夏風邪の予防

 
夏風邪予防
 
まずは、風邪に対する予防対策が重要です!
  • 小まめなお着替えが大切
  • 寝起きと外出後は必ず着替えさせてあげてください。
    赤ちゃんは大人よりも体内の水分量が多いため、普段から本当に良く汗をかきます。
    特に寝汗は見えないだけで大量にかいていますので、
    濡れた服でカラダの体温を奪われ、風邪をひくというパターンが本当に多いです。
     

  • 冷房の冷えをカバーする
  • 暑い外から、急に涼しい中に入った際の身体の冷えをカバーしてあげましょう。
    スーパーに入ったり、ちょっとカフェで休憩なんてときも、大人にとっては快適な涼しさなのですが、
    赤ちゃんにとっては、自律神経(身体を調節する神経)が乱れ、体温調節が出来なくなり免疫力が低下するため風邪になりやすくなります。
     
    そんなときにはちょっとしたスポーツタオルなどで赤ちゃんのお膝にかけてあげる事を忘れずに。
     

  • あまり冷たい飲み物を飲ませない
  • 冷たいお茶などで涼ませてあげたいと思うのが親心ではありますが、あまり冷たいとそこからお腹をこわしたり、
    カラダが冷えることもあるので気をつけましょう。

 
赤ちゃんのカラダは本当に敏感なので、大人の感覚だけで行動せずにいたいですね。
ですが、それでもひくときはひいてしまうのが、夏風邪。
じゃあ、ひいた時はどうすればよいのでしょ??
.

夏風邪の治し方

 
治し方
 
  • 小まめな水分補給
  • まずは、しっかりと水分補給させてください。
    発汗によって脱水症状になる場合もありますので、それを防ぐためにもまずは水分補給が大切です。
     

  • たっぷり睡眠をとる
  • 当たり前と思われそうですが、、
    風邪をひいた=薬 という考えは小さなお子様にはあまりオススメできません。
     
    特に解熱剤ですが、ウィルスに対する免疫反応によって起きているのが発熱です。
    解熱剤は免疫反応自体を抑制することで熱を下げているので、解熱剤を使うと病期が長引く可能性があります。
     
    赤ちゃんに対しては、できるだけ睡眠を取り体力や免疫力を高め、自然に治るのを待つというのが一般的なのです。
     

  • 濡れタオルで少し冷やす
  • 生後間もない赤ちゃんは特にですが、冷えピタなどで急激に冷やすのは避けましょう。
    気持ち良い程度に濡らしたタオルで少し冷やしてあげるくらいでよいです。
     

  • 医師の診察を受けよう
  • 喉や体痛がる、高温であるなど様子がきつい時は、早めにかかりつけの医師の診察を受け、点滴などの治療をうけるのがいいでしょう。

 
 
 

最後に

 
夏風邪は、高熱が出るのが特徴です。
いきなり高熱になると正直驚いて不安にもなりますが、心配しないでくださいね。
 
そんな時こそ落ち着いて対処してあげましょう。
予防でこまめに、着替えさえてあげるといいましたが、結構気をつけたいのが、あせも なんですよね。
夏風邪対策とともに、あせも対策も兼ねて、常に清潔な服で過ごさせてあげてくださいね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*