Home » 健康法 » 手足 » 繰り返す捻挫(ねんざ)の原因と予防・治し方
繰り返す捻挫原因

繰り返す捻挫(ねんざ)の原因と予防・治し方

Pocket

スポーツしているときや、歩いているとき「ぐきっ」と足首をひねったかと思いきや、そのまま歩けなくなったことはありませんか?
痛みとともにどんどん腫れてくる足首に途方にくれてしまったのではないでしょうか。
しかも「同じ足を何度も捻挫してしまう・・・という方」も大勢いるのでは?
今回はそんな「捻挫しやすさの原因とその対処法」をクローズアップしてみました。

.

捻挫とは?

 
くじきともいい、手首や足首を強くひねったときに起きる関節周辺の筋肉の炎症のことをいいます。
骨や靭帯、血管が傷つき内出血を起こすこともよくあり、症状が重いときには骨が折れてしまったり、靭帯が切れてしまうこともあります。
実はギックリ腰や突き指、むち打ち症も捻挫の一種です。
 
 
 

捻挫の主な原因

 
捻挫原因
 
  • 運動不足
  • デスクワークなどで一日中座りっぱなしだったり、ほとんど運動しない人の場合、筋肉が固くなりやすくちょっとしたはずみで筋肉を痛めてしまいます。
    また筋肉は運動することで柔軟性を保っているのですが、柔軟性を保つストレッチなどを習慣化していないと、必然的に捻挫のリスクが高まっていきます。
     

  • スポーツによる障害
  • 陸上や球技など瞬発力を必要とするスポーツに捻挫はつきものです。
    アスリートにとって足は一番大事なパーツなのですが、運動前後のケアを十分に行っていても、捻挫は想定外で起きてしまいます。

 
 
 

実は多い他の捻挫原因

 
歪みと捻挫
 
偶然に足首をひねって痛めたかのように見える捻挫ですが、根本の原因はもっと違うところにある場合も考えられます。
足の付け根、股関節の状態に左右のアンバランスがあると末端の足首にもゆがみが起きます。
 
例えば腰に前後のゆがみがある場合、足の長さも違ってきます。
ゆがみから足の長さが揃っていない場合、ただ歩くだけでも足首をひねりやすくなります
また一度捻挫すると靭帯が伸びてしまったまま固定してしまうことがあります。
一度捻挫になるとまた捻挫しやすくなるのはこのためです。
 
 
 

自宅での捻挫の治し方

 
捻挫の治し方
 
炎症を抑える手当てをできるだけ早く行います。
治し方手順の頭文字から取った、RISE(ライス)という言葉とその内容を覚えておくと、いざというときに役立ちますよ。
 
R rest(患部を動かさない)
 
I ice(患部を冷やす)
 
C compression (サポーターで押さえる)
 
E elevation(心臓より上に上げる)
捻挫した箇所を心臓より上にあげるのは、血液やリンパの流れを改善することで腫れが治りやすくなるためです。
 
以上を実行すれば通常、腫れや痛みは2〜3日でおさまります。
しかし痛みが増幅したり、捻挫した当初から痛みや腫れが強い場合は骨折の可能性もありますから、必ず整形外科を受診してください。

.

捻挫がなかなか治らない時

 
患部を冷やし、安静にしていたにもかかわらず痛みがなかなか取れない場合もあります。
整形外科の診察では「骨折していないか」レントゲンを撮り調べますが、筋肉の状態はレントゲンには写らないため実際の問題点が浮き彫りにならず、決め手の治療法が無いのが現状です。
こんなときは接骨院や整骨院などを受診してみるのがおすすめです。
 
整骨院と捻挫
 
鍼や股関節の歪みを矯正するなど違うアプローチ治療を行うことで治りの遅い捻挫の早期治癒や繰り返す捻挫の改善に期待できます。
 
 
 

捻挫を起こさない予防法

 
普段から足首を柔らかく保つ工夫が必要ですが、それには運動が一番です。
毎日のストレッチに加え、ウォーキングや水泳など足を使う運動を心がけてください
またお風呂上りの筋肉が柔らかくなっているときに、足首回しをしたり指でもみほぐすとさらに柔らかさを保てます。
 
 
 

捻挫まとめ

 
捻挫を起こすと、普通の生活も不便極まりないものになってしまいますからできれば避けたいものです。
最近では「炎症は冷やすだけでは良くない」という今までの常識をくつがえす理論も発表されていますが、素人判断はしない方が無難です。
いずれにしても患部に冷却を施した上で安静を保ちながら、医師の診察を受けるのがベストです。
ぜひ参考にされてみてくださいね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*