Home » 病気・不調 » 感染症 » ノロウイルスの治し方や二次感染を防ぐには?
ノロウイルス治し方

ノロウイルスの治し方や二次感染を防ぐには?

Pocket

 
ノロウイルスは冬だけでなく、春先や夏場など一年を通して感染の可能性がある胃腸風邪の一種であるノロウィルス。
感染すると嘔吐や下痢などで苦しまされますよね。
 
ふつうの風邪などには有効なアルコール消毒、熱湯(高温)消毒などが全く効かないのが特徴です。
正しい消毒方法を身につけて、もしも、家族に感染者がでたら、二次感染をしないようにしっかりと予防しましょう。

.

ノロウイルスの流行る時期

 
11月~3月に流行することが多いですが、年間を通して発病する胃腸風邪の一種です。
 
 
 

ノロウィルスの感染経路

 
感染経路
 
ほとんどの経路が経口感染です。
 
→感染者の便や嘔吐物から直接、または二次的に感染。
→感染している食品取扱者を介して調理された食品を食べて感染。
→ウィルスに汚染された貝類(二枚貝)を生か加熱不十分で食べて感染。
 
 
 

潜伏期間は?

 
24時間~48時間くらい。
 
 
 

ノロウイルスの症状は?

 
腹痛
 
主な症状は、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛であり、発熱は軽度(37~38℃くらい)です。
症状は1~2日続いた後に治癒しますが、 免疫の低下した老人や乳幼児は長引くことがあります。
 
激しい下痢や嘔吐が続く場合は、脱水症状に気をつけ、様子がおかしい時に は病院を受診しましょう。
下痢より嘔吐の方が多いという特徴がある為に、ウィルスが飛散して感染者が増えやすい傾向があります。
 
感染した場合でも発症しない場合や軽い風邪のような症状で済む場合もあります。
.

有効な治療法は?

 
ノロウイルスには有効か薬はなく、対症療法が行われます。
自宅では、脱水症状に注意して少量ずつでも水分を取るようにしましょう。脱水症状がひどい場合には、病院で輸液などを行う必要があります。
 
特に、乳幼児や高齢者はぐったりしてきたり、体力の消耗が激しい場合には早めに病院を受診しましょう。 
また、強い下痢止めを飲むことは厳禁です。無理に下痢を止めるとウイルスが腸管内にとどまってしまい、回復を遅らせること
があります。
 
 
 

予防法と二次感染を防ぐには?

 
外から帰ったらうがい、手洗いをする。家族に感染者がいる場合には同じタオルを使わないなど基本的な予防法のほかにノロウイルスの感染者が家族内にでた場合の予防法を紹介します。
患者の便や嘔吐物にはしばらくの間、大量のノロウイルスが排出されるの で次のことに注意をしましょう。
 
  • しっかりとした消毒
  • アルコール消毒や高温での消毒は効きません。
    「塩素系」の漂白剤などを希釈した液をペットボトルなどに用意しましょう。
    嘔吐物の後掃除、嘔吐物で汚れた床やカーペットなどは、この液を使って消毒をしましょう。
     

  • 空気感染を防ぐ掃除法を
  • 嘔吐物を掃除する時には、使い捨て手袋を着用し、ペーパータオルなどでふき取り、汚れたペーパータオルはビニール袋に入れてしっかり縛りって捨てましょう。
    しっかり密封しないと乾燥して、空気中に舞い二次感染することがあります。
     

  • 食べ物は加熱処理する
  • 品中のウィルスは、85℃で一分以上加熱すると死滅します。十分に加熱調理してから食べましょう。
     

  • 飲み水に気を付ける
  • ウィルスに汚染された井戸水や簡易水道でを消毒不十分で摂取しても感染します。注意しましょう。

 
 
ノロウィルスは、一度感染しても、その後何度でも感染します。予防法をしっかりと身につけて家族をノロウィルスから守りましょう!
 

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*