Home » ライフ » 年中行事 » 【お彼岸とは?】美味しいおはぎの作り方
おはぎの作り方

【お彼岸とは?】美味しいおはぎの作り方

Pocket

 
みなさんお彼岸って知っていますか?
彼岸花が咲いてくると、お彼岸が近づいてきたねー!と話すことはあると思いますが、実際のところお彼岸について詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか?
 
今更周りにお彼岸って何と尋ねることもできないですよね…。
ここでは、お彼岸とはどのような日のことなのか、そしてお彼岸にお供えするおはぎの作り方を紹介します。
知っているようで知らないお彼岸について、知識を深めてみてくださいね。

.

お彼岸とは

 
お彼岸とは日本特有の文化だと思っている方が多いと思いますが、実はお彼岸とはインドから伝わってきたものなのです。
古代インドで使われていた言葉で、仏教用語の「波羅蜜」の訳である「到彼岸」というものが由来となり「お彼岸」となったそうです。
 
平安時代に日本に伝わってきて、お彼岸としての風習が行われるようになりました。
お彼岸には春のお彼岸と秋のお彼岸があります。
 
春のお彼岸は春分の日と前後3日間の7日間を言います
また、秋のお彼岸は秋分の日と前後3日間の7日間を言います
 
お彼岸でのお供えものとして、花・果物・菓子・精進料理などがあります。
よくおはぎをお供えすると言いますが、秋のお彼岸にはおはぎを、春のお彼岸には牡丹餅をお供えする習慣があります。
.

美味しいおはぎ(牡丹餅)の作り方

 
おはぎと牡丹餅(ぼたもち)は同じものなのです。
春のお彼岸のお供えのために作れば牡丹餅、秋のお彼岸のお供えのために作ればおはぎというのです。
 
では、簡単に作ることができる美味しいおはぎのレシピを紹介します。
 
おはぎの作り方
 
【材料】
・もち米 3カップ
・うるち米 1カップ
・小豆 300g
・砂糖 300g
・塩 少々
 
 
【作り方】
1、小豆を水で洗い鍋に入れる。水を小豆より2~3cmほど上まで入れ小豆を煮る。
2、煮立ったら一度湯を捨て、もう一度、1と同じように水を入れ小豆を煮る。
3、煮立ったらもう一度湯をすて、今度は小豆より10cm程度上まで水を入れる。
4、中火で煮立ったら弱火にし、水分がなくなるまで1時間半~2時間ほど煮る。このあいだに水がなくなるようだったら追加しながら、小豆が水にしっかりとつかっているようにする。
5、うるち米ともち米を洗って水4カップとともに炊飯器で炊く。
6、米が炊き上がったら米粒をつぶすようにしながらかき混ぜる。おはぎ1つ分の大きさごとに分け、おはぎの形にまるめておく。
7、煮続けていた小豆が柔らかくなっていたら湯を捨て砂糖を半量加える。このとき水分が出てきたら火を強くして水分を飛ばす。
8、残りの砂糖を加えてかき混ぜる。このとき焦げ付きやすいので注意しながら鍋の底のほうからかき混ぜる。
9、塩を加えて混ぜる。ちょうどよい甘さになったら焦げ付かないようにさらに火にかけ、持ち上げた時にボタッと落ちる固さになったらあんこの完成。
10、あんこが冷めたら適量のあんこを手に取り、6を包むとおはぎの完成。
 
 
お彼岸について意外と知らなかったことが多かったと思います。
お彼岸についての知識も深められたので、これからはぜひおはぎを作って、お彼岸はもちろんお盆やお正月など行くことができる機会があれば、お墓参りに行きましょう。
お墓参りはこれから先も家の大切な行事として受け継いでいきたいですね。
 

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*