Home » ライフ » お金 » 【小学校入学祝い】お返しの金額やマナーまとめ
入学祝い

【小学校入学祝い】お返しの金額やマナーまとめ

Pocket

 
子供が幼稚園や保育園に上がったときも感動しますが、
義務教育でもある小学校に上がると、本当に大きくなったんだなぁ。。と感動する方も多いようですね。
 
筆者の周りでも小学校に上がる子供がいる友達も多く、この間出産祝いを渡したところなのに??というくらいのイメージで、子供の成長の早さにびっくりさせられているくらいです。
 
親の立場からすると、入学式の時期である春は、子供の新生活準備で色々と追われてらっしゃることだと思います。
 
初めてのランドセルに、上履き、新しい教科書、雑巾まで?? 遠足前のようで親にとっても忙しい反面、楽しい準備期間ではないでしょうか?
 
 
ですが一つ困ることがありますよね。 はい、そうです『入学祝いのお祝い返し』です。
 
おじいちゃんやおばあちゃん、親類やご近所の方から頂く入学祝い。
もちろん、すごくありがたいことですが、お返しはどうすれば・・?マナーとかあるのかな・・?と不安になりますよね。
 
下手な事をして常識知らずと思われるのもイヤですし。
 
という事で、今回は小学生の入学祝のお返しにスポットを当てた話題を取り上げてみます。

.

祝い返しの金額相場について

 
相場の前にまず知っておきたいのは、“基本的に入学祝にお返しはいらない”という事です。
 
そもそも入学祝は、まだ経済力の無い小さなお子様に対して渡すものですから、お返しはしなくてよいものとされています。
 
それでもやはり簡単にでもお返しはしておきたいという場合は、金額の相場として頂いた金額の“半額~1/3程度”を目安にお返しするようにしましょう。
 
そして、お返しは現金ではなく消耗品を送るのが一般的ですし、おススメです。
 
具体的に人気のお返しとしては、

  • 商品券
  • のり
  • 箱詰めのお菓子
  • ジュースなどの詰め合わせ

などあげられます。
 
やはりお中元なんかと同じで、日常的に使える消耗品が喜ばれる傾向にあるようです。
 
 
送る時期もできれば、お祝いを頂いてから2週間以内に。 
4月中旬から遅くとも下旬頃までには送る事が望ましいです。

.

お祝い返しの際のマナー

 
◆まずはお礼の一報  
お祝い返しで何か品物を送る送らないの前に、必ずしておきたいのが電話などでお礼を伝える事です。
 
お祝いを頂いたら、なるべくその日のうちに遠方の祖父母などはもちろん、ご近所の方でも電話でまずはお礼の一言を伝えましょう。
その際できれば、直接お子さんから一言ありがとうと伝えると非常に喜んでもらえます。
 
 
◆お礼状を書く  
お返しの商品を配送したり、渡す際にはお礼状を添える事を忘れないようにします。
季語などの形式もありますが、会社関係者以外であれば堅苦しくない文面で問題ありません。
 
 
 
◆のし について  
 
のし
 
 
お返しの品につける“のし”には、『内祝』下部にはお子様のお名前を書きます。
お品にかけるかけ紙は、水引が紅白、蝶結びを選ぶようにしましょう。
 
 
 
ご両親や祖父母などをはじめ、入学祝いは“返さなくてよい” が基本になりますが、
身内であっても頂いたことに対する感謝をしっかりと伝えることとは一番大切です。
 
ご家族内であればお返しはせずに甘えてよいと思いますが、ご近所の方やご親戚には、せめてお礼状だけでも送るようにした方がよいですね。
 
 

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*