Home » ライフ » 年中行事 » お歳暮を贈る時期は?マナーと贈り忘れた時の対処法
お歳暮の時期

お歳暮を贈る時期は?マナーと贈り忘れた時の対処法

Pocket

 
日頃お世話になっている方へ送るお歳暮。
子供の頃は単純にお菓子やジュースが贈られてきたらラッキーくらいのものでした。
 
しかし、送る立場の大人になってみると結構知らない事だらけなんですよね。
 
一年の感謝を込めて贈る大人の習わし。
実家や親類、会社の上司など失礼の無いように送りたい所です。
 
今回はそんなお歳暮を贈る時期やマナーについてまとめました!

.

お歳暮にはどんな意味がある?

 
お歳暮ですが、歳暮というのは年の暮れを表す言葉で、もともとは先祖や神様を祀る供物だったのですが、
江戸時代頃から年末にお世話になった人への送り物をするという習慣に定着しました。
 
 
 

お歳暮を贈る時期

 
お歳暮時期
 
お歳暮を贈る時期ですが、
 
基本的には関東では12月初旬~12月31日迄。
関西では12月13日~12月31日迄。

 
とされていますが、はっきとしたルールはありません。
 
大晦日など忙しい時に送られてくるのは逆に失礼かと思いますので、なるべく12月中旬頃に送るのが一般的ではないでしょうか?
 
 
 

お歳暮の基本マナー

 
お歳暮を送るときは、送る商品に『御歳暮』と書いたのし紙を巻いて送りましょう。
 
のし紙
 
デパートなどのお店でのし紙をつけてくれる場合が多いので、その場で書いて送ってもらうのが手間も省けて良いかと思います。
 
また最近ではネットで買い物してそのまま直送する事も多くなってきています。
その場合でものし紙をつけてもらえるところを選ぶようにしましょう。
 
お歳暮はお礼の習慣であって、お祝いではありません。
なので、もし贈っていない方からお歳暮をもらった場合でも、特にお返しの必要はありません。
 
ですが、礼儀としてお礼状を送ったり、
せめて電話をかけてお礼を伝える事を忘れないようにしましょうね。
.

お歳暮の平均金額と商品

 
お歳暮に何を送ればよいかも迷うところですよね。
 
近年の人気定番商品としては、
 
・ビールやコーヒーなどの飲料

・ハム/ソーセージ

・食用油など調味料

・商品券

・ご当地の名物生鮮食品

などが人気です。
 
ビールお歳暮
 
やはりこういったハムやビールや食用油など、日常的に使える消え物が贈られてくると喜ばれる傾向にありますね。
 
金額としては、お中元のだいたい2~3割増し程度の3,000円~5,000円が主流です
 
 
 

もしお歳暮を贈り忘れてしまったら?

 
もし年内にお歳暮を贈り忘れてしまった場合ですが、
関東では1月7日、関西では15日までに『御年賀』とのし紙を貼り、送りましょう。
 
それ以降になってしまう場合は『寒中御見舞い』として贈ります。
お歳暮は日頃の感謝を伝える日本の良い風習のひとつですね。
 
簡単な方法で良いので、お歳暮を贈ったり、お礼状を書いたりと
そういった大人のやりとりができるように行動することは大切ですね。
 

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*