Home » ライフ » グルメ・食品 » 牡蠣のオイル漬けの美容効果と作り方
牡蠣のオイル漬け効果

牡蠣のオイル漬けの美容効果と作り方

Pocket


牡蠣がおいしい季節はもちろん、最近は冷凍の牡蠣を一年中楽しめるのでぜひオススメのレシピがあります。
それは牡蠣のオイル漬けです。
 
とっても簡単なのにアレンジが豊富で、何より美容に良い!
そんな女性には嬉しい牡蠣のオイル漬けについてご紹介します。

.

牡蠣の美容効果って?

 
美容効果
 
通称「海のミルク」とも呼ばれ称される牡蠣には、美容のための栄養がたっぷりです。
 
  • 美白効果
  • 亜鉛にはメラニンの代謝を促す作用があるので、シミやそばかすを薄くしてくれる効果があります。
    また、ビタミンCと共に摂取するとコラーゲンを生成してくれるのでぷるぷる肌にも!
    なんと牡蠣には豚肉の3~5倍の亜鉛が含まれています。
    ただし、亜鉛は体内で吸収されにくいので、クエン酸と共に摂取すると良いでしょう。
    レモンやビネガーと一緒に食べてみてください。
     

  • 貧血予防
  • 牡蠣には良質なたんぱく質と豊富なビタミンがあり、特に造血に欠かせない鉄、コバルト、銅などが含まれています。
    貧血気味な女性だけでなく、葉酸も含まれているので妊婦さんにもオススメです。
    ※必ずしっかりと加熱してください!
     

  • ホルモンバランスを整えてくれる
  • 豊富な亜鉛がホルモンバランスを整え、生理不順や肌荒れにも効果的です。
     

また、アミノ酸やビタミンなどお肌のターンオーバーを促進させる美肌栄養素も豊富で、美容のための食材といえますよね。
 
 
 

オイルの美容効果は?

 
オイルの美容効果
 
牡蠣の次はオイルの美容効果についてご紹介します。
 
    【オリーブオイル】

  • 便秘改善
  • オリーブオイルには食物繊維や整腸作用があるオレイン酸がたっぷり含まれており、さらに適度な油分は便秘改善にはピッタリです。
     
    【ごま油】

  • 疲労回復
  • ごまに含まれるセサミンは抗酸化作用があるため、疲れの回復やアンチエイジング効果があります。
     
    【グレープシードオイル】

  • アンチエイジング
  • グレープシードオイルにはアンチエイジングに欠かせないポリフェノールとビタミンEがたっぷり含まれています。
    コレステロールもゼロですので、とってもヘルシーです。

.

簡単!牡蠣のオイル漬けの作り方

 
これまでに牡蠣とオイルの高い美容効果について触れたので、いよいよ2つを組み合わせた気になるレシピをご紹介します。
 
フライパンで
 
【用意するもの】
 
・牡蠣…200g~300g
・お好きなオイル
・小麦粉…少々
・塩…少々
・鷹の爪…2本
・ニンニク…1かけ
・オイスターソース…大さじ2
・ローリエ…2枚
 
 
【作り方】
 
1.牡蠣をざるに入れ、塩少々を揉み込み、水で洗ってぬめりを落とします。
2.キッチンペーパーで水気を丁寧に取り、小麦粉をまぶすておきます。
3.ライパンで牡蠣を強火で熱し、水分をとばします。
4. 牡蠣にオイスターソースを回しかけ、汁気がなくなるまで加熱します。
※時々木べらで混ぜる
5.消毒した瓶に牡蠣、鷹の爪、ニンニク、ローリエを入れ、最後にオイルをひたるぐらい入れます。
 
オイル漬け保存期間
 
※保存は2週間程ですが、味が馴染む2日目以降が食べごろでオススメです。
 
 
 

アレンジレシピ

 
牡蠣のオイル漬けはそのままでも充分おいしいですが、一手間加えるだけで更においしくオシャレになります。
・パスタ
・サラダ
・バケット
・クラッカー etc
他にもオイスターソースではなく、醤油にしたり、レモンの皮を加えてみたりと様々なアレンジができますよ!
 
 
いかがでしたか?牡蠣のオイル漬けは簡単なのにとっても使いやすいですよね。
何よりおいしくて美容にも良いのですから、ぜひ常備してみてはいかがですか?
これならカレが急に来たり、ホームパーティーをしても大丈夫ですね。
ぜひ試してみてください。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*