Home » ライフ » 赤ちゃん・育児 » 【会社への妊娠報告】時期と方法はこれがベスト!
会社への妊娠報告

【会社への妊娠報告】時期と方法はこれがベスト!

Pocket


待ちにまった妊娠。
特に不妊などで悩まれている方も多く、本当に人生でも最良の瞬間ですよね。
これから始まる出産や子育てに少し不安を覚えつつも、新たな命の感動を毎日味わえる素敵な時間でもあります。
 
ですが、人生の大きな出来事だけに仕事をしている女性にとっては、どうしても産休に入るなど、会社や上司に妊娠を報告する必要性がでてきてしまいます。
 
バタバタと忙しい時期だったり、人材が足りていないこの時期に報告しないといけないのか、、
また最近ではマタニティハラスメントと呼ばれる妊婦への精神的な嫌がらせがある会社もあると聞くし、、と
報告するのが憂鬱だという方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
今日は、妊娠された女性のために、会社など職場への妊娠報告にベストなタイミング時期と礼儀としての
方法をご紹介していきますね。

.

妊娠報告に適した時期

 
妊娠報告
 
まず、妊娠したら上司へは早めに報告しておいた方がいいです。
当然〇月から産休に入る、もしくは退職するなどを考えて、今後の仕事を動かしていかなければならないからです。
ですが、これはご自身の身体、つまり赤ちゃんの成長に合わせて報告するのが良いでしょう。
 
  • 心拍確認が取れた段階で報告する
  • 受精したといっても、まだ不安定な時期です。
    受精後約6週間で「胎嚢(たいのう」と呼ばれる赤ちゃんが入る袋ができた後、
    妊娠約6~8週目頃にトクトクと、赤ちゃんの心拍が確認できます。
    心拍確認がとれると、流産の確率が3~5%とグッと低くなりますので、
    その後安心感を持って報告するという方が最も多く、身体にも精神的にもいいですよ。
     

  • 安定期に入ってから報告する
  • 流産経験がある方などは、それでも不安だと思います。
    周りに心配かけるのも嫌という方は、妊娠12週目に入り安定期になれば
    流産などの心配はほぼ解消されます。
    安定期に入ってから報告というのも一つの時期の目安ですね。

 
時期に関しては、仕事よりも母子の身体を優先すべきだと思います。
最低でも心拍確認が取れてからを目安にしてください。
 
 
 

会社や上司への報告 誰に伝える?

 
上司への報告
 
では、会社や上司に妊娠報告をするにはどうすればよいのでしょうか?
当然全く悪い事をしたわけじゃありませんし、とてもおめでたい事ですので気を使う事なく
報告すべきだと思いますが、仕事という立場上、最低限のマナーは守りたいところですよね。
 
  • 直属の上司に伝える
  • 同僚達に話して、噂で上司の耳に入るのはちょっと避けたいところです。
    まずは、自分の部署の責任者である上司に伝えるのが好ましいです。
     

  • その後の周りに報告する
  • 上司に伝えた後、会社の先輩や仲の良い同僚→取引先の方々と伝えていきましょう。
    もちろん、すべての人に伝える必要はありません。
    イライラは身体に悪いので、何か精神的にダメージを負いそうな人がいれば、
    お腹が大きくなるまでは、最低限の小人数にだけ伝えるのもよいと思います。
     

  • あまりはしゃぎ過ぎない事
  • 妊娠は喜ばしい事ですが、当然周りには子供を授かっていない方や仕事に集中したい方もいます。
    喜びは家族や友人とシェアして、会社では抑え目に大人として振舞うことも大切ですね。

.

報告の言い方は?

 
報告の言い方
 
上司に対し、「〇〇部長、少しお時間よろしいでしょうか?」と時間をとってもらい、静かな場所で話しましょう。
 
「実は、妊娠しました。今現在〇週目になりました。」と現在の妊娠周期や出産予定日なども伝えましょう
そして、現在の体調状態や検診予定を伝えるのも大切な事です。
 
「現在つわりがひどく、〇〇の作業に支障をきたすかもしれない、、」と現在取り組んでいる仕事との兼ね合いを相談しましょう。
 
特に男性上司は出産経験が無いため、身体の事などがわかりずらいものです。
ある程度具体的に伝えておくことで、その後の仕事をカバーしてくれたり、フォロー体制を整えてもらいましょう。
 
 
 

仕事復帰希望の意思を伝えよう

 
大手の会社であれば産休手当や、出産後の復帰などの保証がしっかりしていますが、
多くの会社ではその辺りの社内制度がまだまだ整っていないところも多いです。
 
ですが法律上、妊娠や出産を理由に退職しなさい、、と迫る事は違法です
もしそのような事があっても、大切なのは冷静でいること
熱くなると状況は悪化してしまいますので、自分の意思をしっかりと伝えて対処するようにしましょう。
 
 
妊娠、出産、子育てはその時期にしかできない人生の中でも素晴らしい時間と経験を得られます。
仕事ももちろん大切ですが、長い人生後悔のないように今の幸せを味わい尽くしてくださいね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*