Home » ライフ » グルメ・食品 » 痛風の敵!プリン体が多い食べ物や飲み物って?
ビールアルコール

痛風の敵!プリン体が多い食べ物や飲み物って?

Pocket

プリン体ゼロのビールなどでもお馴染みの存在である「プリン体」。
プリン体ってカロリーみたなもので太ってしまうんでしょ?と考えている人が意外と多いですが、実際のところはどうなのでしょうか?
今回はプリン体の本当のところと、プリン体が多い食べ物や飲み物についてみていきましょう。

.

プリン体とは?

 
そもそもプリン体とは、あらゆるお肉や魚、穀物、野菜などの食べ物すべてに含まれる成分で、人間を形成しているDNAを構成する物質として生きていく上で必要不可欠な存在なのです。
 
 
 
 

プリン体が体に悪いといわれる理由

 
プリン体悪い
 
巷ではプリン体=体に悪いというイメージがすっかり定着していますが、どの食べ物にも存在する成分が体に悪いだけなわけはないですよね?
 
プリン体の7割は体内で生成され、肝臓で代謝されて尿酸として体外に出ていきます。
必要なプリン体を体内で使用して、不必要なプリン体は尿酸として排出されるサイクルがうまく回っていれば問題ありませんが、問題なのはその量です
 
現代人の偏った食生活によってプリン体を大量摂取し、それに伴って尿酸が増え高尿酸血症を起こします。
さらに進化すると尿酸が結晶化してしまい、これが主に関節に沈着し急性関節炎を起こすのです。
 
この急性関節炎がいわゆる「痛風」です。
このように必要な成分なのに、いつの間にか悪者にされてしまったのがプリン体なのです。
 
 
 
 

プリン体摂取に制限を

 
プリン体制限
 
必要成分であるプリン体ですが、やはり何でも過剰摂取は体によくありません。
ビールに限らず現代人は欧米化された食生活によって、明らかにプリン体摂取量が増えていることが問題なのです。
 
特に中高年になってくると尿酸として排出する力も弱まってくるため、痛風の方はもちろん、将来痛風にならないためにも今から予防を兼ねて食事に気をつけていきたいところです。
 
 
 
 

プリン体の多い食べ物

 
レバー多い
 
プリン体は1日に400mg以内におさめることが目安にされていますので、プリン体の多い食べ物には特に注意しておきましょう。
100g中に含有されているプリン体量がこちら
 
煮干し(746mg)、鰹節(493mg)、干し椎茸(379mg)、鶏レバー(312mg)、白子(305mg)、牛レバー(219mg)、豚レバー(284mg)、エビ(273mg)、オキアミ(225mg)、カツオ(211mg)
上記の食べ物が特にプリン体が多い食品として代表的なものになります。
また、DNA/RNAやクロレラ、ローヤルゼリーといったサプリメントもプリン体が非常に多いので痛風の方は今すぐ控えるようにしてください。
 
煮干しなど一見問題なさそうなものに大量に含まれていたりするため、目安が分かりにくいのもプリン体の悩ましい点ですね。
.

 

プリン体の多い飲み物

 
ビールアルコール
 
飲み物に関しては、やはり圧倒的にアルコール中にプリン体量が多く含まれています。
100g中に含まれているプリン体量がこちら。
紹興酒(11.6mg)、地ビール(5.8〜16.6mg)、ビール(3.3〜6.9mg)、発泡酒(2.8〜3.9mg)
焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は0〜0.4mgとプリン体が非常に低く、また日本酒(1.2mg)ワイン(0.4)と低くなっています。
 
 
 
 

飲み過ぎ食べ過ぎに注意

 
痛風はお酒好きな方や太っている人に多いというイメージですが、プリン体の高い食べ物を毎日摂取していると痛風になってしまう可能性がぐんと高くなります。
 
いくらプリン体が低いお酒を飲んでいても、飲み過ぎていては体脂肪として体内に蓄積されどんどん太る&痛風になってしまいます
どんな栄養素も摂りすぎていては問題になりますので、限度を守って摂ることを基本としましょう。
 
また痛風対策のサプリも出ていますので、サプリの利用もとても有効的ですよ。
 

恵葉プレミアム


 
→ 痛風・尿酸値・プリン体が気になる方に【恵葉プレミアム】公式サイトへ
恵葉プレミアム
 
 
痛風はなってしまってからではなく、なる前から予防しておくことが何よりの健康法です。
特に30代後半頃からその可能性が格段に上がってきますので、ぜひ気をつけた生活を過ごすようにしてくださいね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*