Home » 病気・不調 » 感染症 » RSウイルス感染症とは?症状や治療法まとめ
RSウイルス

RSウイルス感染症とは?症状や治療法まとめ

Pocket

 
夏、冬は感染症なども多いけれど、秋って結構平気でしょ?
こう思っている方も少なくありません。
でも秋から冬という季節にかけて注意をし始めてほしい病気もあります。
 
「RSウイルス感染症」です。
この病気は冬季に流行する感染症ですが、お子さんは2歳までにほぼ100%感染し、その後免疫が十分できないことから繰り返す傾向にあります。
その後、一生再感染を繰り返すこともあるので面倒や病気です。
 
大人も繰り返し感染する危険性があるので十分注意をしておきたいものです。

.

RSウイルスって?

 
RSウイルスは、Respiratory syncytial virusという名称のウイルスです。
比較的弱いウイルスで55℃以上の熱、界面活性剤、エーテルで不活性されるため、石鹸や消毒液でも感染力を失うウイルスです。
潜伏期間は2日から8日です。
 
 
 

RSウイルスの症状は?

 
潜伏期間中、風邪のような症状が現れます。
 
・咳、鼻水、熱
・気管支や肺に炎症が広がると重症化し治癒まで長くかかる
・細気管支炎になった場合、長期間喘息を繰り返すことがある
・1歳以下の初感染の中で1/3に重症化を起こすという報告がある
・重症化した場合のリスクに心肺の基礎疾患や免疫不全がある
・合併症として中耳炎、無呼吸、ADH分泌異常症候群、急性脳症がある

 
 
 

どうやって感染する?

 
感染経路
 
感染経路は2つ。
 
・飛沫感染
・接触による感染

 
です。
感染した場合、マスクを着け、咳をまわりにまきちらさないこと、感染者の傍にいる場合、マスクをして手洗いをしっかり行う事で感染を防ぐことができます。
 
ただ感染力がとても強いので、軽症のお子さんがただの風邪と考えて保育園などに登園し感染が広がる事もあります。
.

診断は?

 
乳幼児の鼻水、しつこい咳、呼吸にぜいぜいという音が聞こえるような場合、3割程度の確率でRSウイルス感染症と考えることができます。
鼻水からRSウイルスの抗原を検出することができますが、入院した場合のみ保険適用となる診断です。
 
 
 

治療法は?

 
・呼吸管理
・酸素投与
・輸液
・気管拡張剤
・抗生物質
 
ひどい場合には、気管拡張剤や抗生物質を用いることもあります。
重症化する例はRSウイルス感染症に感染した患者の1%から3%です。
 
一般的に数日から長くても1週間で改善に向かいますが、あまりにも長く症状が継続する場合は、再度診察を受けるようにしましょう。
 
特に新生児はミルクを飲めなくなったり、無呼吸を繰り返すという事もあります
早く治療を行い重症化しないように努めることが必要です。
 
 
 

気を付けてほしいこと

 
赤ちゃんRSウイルス
 
早産で生まれたお子さんや、慢性的な肺の疾患があるというお子さん、また血行動態に異常がみられる先天性心疾患のお子さんは特に注意が必要です。
リスクが高いという事で、抗RSウイルス単クローン抗体を投与するという場合もあります。
リスクが高いお子さんは感染が広がっている際、外出を避ける、感染情報に気を配るなどの配慮が必要です。
 
 
 

夏は少ない?いえそんなことはありません

 
実はこのRSウイルス、夏の感染報告は少ないといわれていたのですが、近年「6月下旬」からの増加傾向がみられています。
夏だからといってRSウイルスに感染しないという事はないのです。
特に秋から冬にかけて、夏の疲れが取れない状態で感染することもあります。
秋口こそ、こうしたウイルスをもらわないようにする注意が必要なのです。
 

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*