Home » ライフ » 生活の知恵 » 知っておきたいカンタン節約術10選
節約術

知っておきたいカンタン節約術10選

Pocket

昨年の消費税アップと同時に家計の負担も目に見えて大きく膨らむようになりました。
何とか支出を減らしたいものですがお金を有効に使う手段として、やはり「節約が1番効果的」です。
今回は生活を楽しみながら少しづつでも「節約につながる方法を10選」ご紹介いたします。

.

レシートの感熱紙で爪磨き

 
レシート爪磨き
 
買い物をしたときにもらえるレシートの表面の印字が無い部分で爪をこすってみてください。
なんと爪がピカピカに光ります。
レシートの表面は目に見えない凹凸があり、これが爪磨きにぴったりなのです。
 
 
 

効果の高い塩リンス

 
洗髪の仕上げに欠かせないリンス。
このリンスは塩で代用できます。
むしろ塩の方がミネラル成分で髪に本来のツヤと輝きが出ます。
やり方は簡単。シャンプー後に塩を手に取り塩を適宜もみこみ、よく洗い流します。
地肌を指で軽くマッサージしながら行うと白髪防止にもなります
ただし塩は天然の粗塩を使用してくださいね。
 
 
 

冷蔵庫にビニールをかける

 
冷蔵庫にビニール
 
100均でも売られている「冷蔵庫内の冷気を逃さないためのビニールシート」はかんたんにDIYできます。
冷蔵室内のサイズに合わせてカットしたビニールシートはすだれのように3か所ほどに切れ目を入れます。
上部を冷蔵室に貼り付ければ完了です。
これでかなりの電気代節約になりますよ。
 
 
 

電池を最後の最後まで使う方法

 
バッテリー切れした電池をそのまま処分していませんか?捨てる前にもう少し使える裏ワザをご紹介しましょう。
やり方はまず、使い終わった電池を太陽に当てます。
またプラスとマイナスを交互にして手に乗せ20秒ほどこすり合わせ摩擦熱を与えると、消費電力の低いリモコンなどで再び使うことができます。
 
 
 

野菜くずで流し掃除

 
調理中に出る野菜くずは、再利用ができます。
流しのステンレスを磨くと水アカや油汚れがすっきり落ちます。
 
 
 

洗った鍋は軽く拭いてから火にかける

 
洗った鍋を濡れたまま火にかけていませんか?洗ったあとはふきんで軽く水分を拭き取りましょう。
わすがな熱量も毎日の積み重ねになると膨大になってしまいます。
まずは日々実行することで節約につながります。
.

ストッキング伝線予防法

 
ストッキング長持ち
 
伝線したストッキングほど哀しいものはありません。
しかしあらかじめストッキングの伝線を予防する方法があります。
まず薄い石鹸水で軽く洗い、しぼってから干します
これだけで伝線しにくいストッキングになります。
また新しいストッキングはいったん濡らしてから冷凍室で凍らせます
凍ったストッキングを解凍し乾かせば、伝線しにくいストッキングの出来上がりです。
 
 
 

使用済みラップ再利用法

 
日常的に使用頻度が高いラップですが大抵一度使えばゴミ箱行きです。
ところがこのラップ、お掃除に使えます。
丸めたラップでシンクのステンレスを軽く磨くと傷を付けずに水アカ、油汚れが落ちます
しつこい汚れには歯磨きペーストを付けてからこすればすっきり落ちます。ラップはあまりへたらないので何度でも使えます。
 
 
 

伸びたセーターの修復法

 
伸びた袖口の周囲を糸で粗めに縫ったあと、糸を引っ張って細く絞ります。
スチームアイロンを用意し、セーターの袖口にスチームをかけますが、直接スチームアイロンを当てずにスチームだけを30秒かけます。
乾かしたあと糸を抜けば、伸びた袖口が見事修復です。
 
 
 

使用済みカイロ再利用法

 
使い捨てカイロが冷えてしまってもまた再び温かくすることができます。
カイロの表面に小さい穴を開け、穴の中に水を数滴垂らします。
再度セロテープを貼り振ってみれば、みるみる温かくなります。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*