Home » 観光 » 潮干狩りの持ち物・時期・あさりを取るやり方まで
潮干狩り持ち物

潮干狩りの持ち物・時期・あさりを取るやり方まで

Pocket

毎年夏が近づき、行楽シーズン真っ盛りになる頃に話題になるのが「潮干狩り」です。
あさりやマテ貝、ハマグリなどを熊手を使い掘り起こしますが、まるでお宝さがしそのもので楽しい作業です。
気候の良い時期に一度はチャレンジしてみたい「潮干狩り」についてのご紹介です。

.

潮干狩りとは

 
江戸時代潮干狩り
 
江戸時代から本格的に一般庶民の行楽として定着したのが潮干狩りです。
明治時代に発行された当時の百科事典によると、はまぐりやあさりはもとより、カキやタコ、カニなども捕獲できると記されています。
 
かつては天然の貝類を採取していましたが、近年湾岸地帯で進んだ埋め立てにより潮干狩りのできる場所が著しく減少してしまいました。
しかし場所によっては貝類が自然発生しているスポットもありますから要チェックです。
 
 
 

潮干狩りに最適な時期

 
最適な時期
 
旧暦の三月三日、今でいうところの4月頃は大潮(おおしお)と呼ばれ一年の中でもっとも潮の干満の差が激しい時期です。
干潮時には、海の底を歩いて行けるほどに潮が引いてしまいます。その現象を「潮干(しおひ)」といい、これが潮干狩りの語源です。
 
現在は人工干潟が多いため、春夏通して潮干狩りを楽しめるようになっています
潮干狩りに最適なタイミングは「潮位が一番低いとき」と「その前後2時間程度」です。
 
 
 

当日に必要な持ち物

 
  • 日焼け止めと帽子、ミネラルウオーター
  •  
    日焼け止め
     
    海では曇りの日でも日焼けしやすく、気温が上がれば炎天下になってしまうことも。
    熱中症予防のために日焼け止めと帽子は必ず持参し、水分補給しながら潮干狩りを楽しんでください。
     

  • 熊手と網の袋
  •  
    熊手
     
    砂をかき分けて貝を探すのに熊手は必須アイテムです。
    場所によっては貸し出ししている場合も多いので、事前にしっかりチェックしておきましょう。
    また採った貝を一時的に保管する網の袋もあれば便利です。
     

  • 軍手と長靴やマリンシューズ
  •  
    マリンシューズ
     
    干潟での潮干狩りは足元が泥だらけになってしまいますが、長靴を履いていれば安心です。
    またマリンシューズを履けばさらにアクティブに動き回れます。
     

  • クーラバッグと保冷剤
  •  
    クーラーバッグ
     
    貝は鮮度が命です。気温の上昇とともに貝が傷みやすくなるのを防ぎます。
     

  • 着替え
  •  
    着替え
     
    着ている衣類が濡れたり泥で汚れることを想定し、着替えを用意しておきましょう。
    お子さん連れの場合はあらかじめ服の下に水着を着せておくと安心です。

.

美味しいあさりの見つけ方

 
美味しいあさり
 
潮が引いた砂地にポツポツと無数に開いた小さい穴を見つけたら、それがあさりが生息する場所です。
砂の表面から約10cm程度を目安に熊手で掘ります
 
おいしいあさりの目安は「柄がはっきりしているもの」「平らな形をしているもの」「色が薄いもの」です。
成長期のごく小さい「稚貝」だけは環境保護のため、見つけてもそのままにしておきましょう。
 
 
 

あさりの処理の仕方

 
砂抜き
 
車で潮干狩りに出かけたとき、採れたあさりを海水にひたし帰路に砂出しする方法がありますが、揺れる車中では貝が口を開かないため残念ながら砂出し効果は期待できません
 
車での移動の場合の砂出しは帰宅後に行いましょう。
あさりはひたひたの海水にひたし、保冷剤で低温状態にします。
空きペットボトルに海水を入れ持ち帰り、砂出しに使うと効果的です。
 
 
 

あさりをさらに美味しく食べるコツ

 
美味しいあさり
 
砂出しが終わったあさりを水道水でサッと洗ったあとザルに入れて、2〜3時間ほど室温で放置したあと調理します。
この放置している状態のときに「コハク酸」といううまみ成分が発生し、あさりの味がワンランクアップします
ぜひ試してみてください。
 
 
潮干狩り場により入場料が必要なところもあります。
入場料には規定の重さの貝が含まれます。
また中には「入場料無料」で「持ち帰りの貝も無料」といううれしいスポットもありますから、最寄りの潮干狩り場をよ〜くチェックしてみてから楽しんでくださいね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*