Home » 健康法 » » 歯石除去の効果と料金 ホワイトニングとは違う?

歯石除去の効果と料金 ホワイトニングとは違う?

Pocket

 
毎日しっかりと歯を磨いているつもりでも、実はしっかり溜まっているのが〝歯石”です。
パッと見はきれいな歯でも、その裏側で歯石が塊としてある場合が多く、ほっておくと虫歯や口臭などの原因にもなります。
 
そもそも歯は人間の生命活動の源である、「食べる」という行為にはとても大切な身体の一部ですよね。
芸能人は歯が命(古い?)じゃないですが、歯は人間の健康の原点とされている健康のバロメーター的存在でもあります。
 
そんな大切な歯ですが、現代人のとても糖分の高い食生活やカルシウム不足によって、若年層の段階で歯が弱くなっている人が急増しています。
特に多いのが歯周病で、成人の約8割がかかっているといわれています。
 
歯周病は、細菌による炎症性疾患で進行すると虫歯になったり、歯が動いて最終的に抜歯をしなければいけません。
そして、歯周病になる原因となっているのが、歯石の存在です。
 
歯石除去をした事が無い人には、
「費用が高そう、、、」「痛いらしいね、、」「ホワイトニングと何が違うの?」といった疑問がでてくると思います。
 
今回はいつまでも強い歯を守り続けるためのケア、歯石除去についてお送りしたいと思います。

.

歯石除去とは?

 
歯石除去というのは、その名の通り歯医者さんで歯石を取ってもらう施術になります。
 
歯石を取ると聞くと、良く食べかすなどが歯に挟まってる?といったイメージをもたれる方もいらっしゃいますが、
歯石は虫歯菌や歯周病菌などの細菌やカルシウムの塊で、歯の周りにネバネバとくっついている物質の事を指します。
 
その塊である歯石を、手用器具や超音波器具を使って除去し、歯をスッキリときれいにケアしてあげるのです。
 
自分で歯石除去をする方法なども良く紹介されていますが、歯ブラシでは落とせない汚れが歯石ですし、
頑張っても取れるのはごくわずかな量だけで、やはり歯医者さんに行って施術を受けるのとでは雲泥の差です。
 
歯石除去の様子

 
 
 

歯石除去の効果とデメリット

 
歯石除去の効果
 
歯石除去をすると以下のような効果が得られます。
 
  • スッキリときれいな歯になる
  •  

  • 歯周病、虫歯を防ぐ
  •  

  • 歯肉の炎症を防ぐ
  •  

  • 口臭の軽減
 
など、歯の健康状態を上げるためには最適な方法といえます。
その一方で、懸念されているのが「すごく痛いんでしょ?」というデメリット。
 
実際のところはどうなのかというと、神経のある歯茎などを削ったりするわけではないので、基本的には痛みを感じることはありません
 
ただし若干歯が削られたり、歯周病のある方は歯が染みたりと、痛みを伴うこともあります。
その辺りは歯医者さんの腕に左右される部分ですので、できれば知り合いに勧められた歯医者さんや、
歯周病に精通している医院を選ぶようにしましょう
 
また積み重なっていた歯石をキレイにすると、ある種歯をカバーしていたような歯石がなくなった事で、
歯がしみたり、歯触りに違和感がでたり、炎症していた歯茎から出血することもあります。
ただし一時的な感覚や反応ですので、すぐにおさまります。
.

歯石除去の料金と回数

 
歯石除去の料金
 
歯石除去の内容や効果がわかったところで、気になるのがやはり料金と回数ですよね。
 
歯石除去の料金は歯医者さんによっても多少前後しますが、多くが1回2,000円~3,000円程度(保険適用時)と考えておけば間違いありません。
 
上の歯でいくら。下の歯でいくら。上の前歯でいくら。下の奥歯でいくら。など歯医者さんによって料金設定はまちまちですが、
できれば上下すべての歯(全部で2,000~3,000円程度)に施術してもらうことをおススメします。
 
また除去する回数ですが、全ての歯をきれいにするのに約3~5回程度かけて除去していくのが普通です。
回数にばらつきがあるのは、虫歯や歯周病のある方など場合によって施術の進行具合が違うためです。
 
また1度きれいにしたからといってそれで終わりではなく、また数ヶ月で最近は復活してしまいますので、
できれば年に2、3回程度除去しに通われることで継続してキレイな歯を保つことが可能になります。
 
 
 

ホワイトニングとは違うの?

 
ホワイトニング
 
よく歯石除去とホワイトニングを同じ施術と勘違いされている方がいますが、両者は全く違う施術になります。
 
ホワイトニングは、歯の色素を薬品で分解し白くする方法をいいます
つまり歯の汚れを落としてキレイにしているわけではないため、歯石除去とは異なります。
 
多くの方歯石除去をすれば歯も白くなる。ホワイトニングをすれば歯石も無くなる。とセットにしがちですが、
効果は違うものになってくるので注意が必要です。
 
歯を爽やかな白い歯にするホワイトニングが最近では人気ですが、できれば歯石除去を行った上で表面的な白さを追求するという
順番がよいのではないでしょうか?
 
 
 

定期的なメンテナンスが大切

 
歯メンテナンス
 
歯の健康状態は他の体の部位よりも状態がわかりにくいため、赤信号である虫歯になった時しか行かないという方がほとんどだと思います。
ですが、若いときからきっちりとケアしておけば、年齢を重ねてから苦労せずにすむというのも事実です。
 
そのための第一歩としてやっておきたいのが「歯石除去」ではないでしょうか?
ですが、1度除去すればOKというものではなく、定期的に歯のメンテナンスをしに歯医者に行くことを習慣化することが大切です。
 
虫歯や大きな損傷がないのであれば、半年に1度程度で良いので歯のチェックと共に歯石除去に行くことで、歯の寿命はぐっと伸びます。
 
また毎日の歯磨きを丁寧にして、プラス「歯間ブラシ(糸ようじ)」で歯の間につまった汚れや食べカスを取ってあげるのも重要です。
※しっかり歯磨きしていても、歯間には汚れが残っているものです。
 
 
歯医者に行くのは確かに腰が重くなりますが、、健康な歯はとても気持ちよいですし、実際笑顔の印象も変わってくるから不思議なものです。
 
1度受けると気持ち良さにはまると思いますので、心身の健康維持の一つとして、ぜひ歯石除去も積極的に受けてみてはいかがでしょうか?

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*