Home » 健康法 » » 【セルフ&歯医者別】歯周病の予防と改善方法
歯周病予防

【セルフ&歯医者別】歯周病の予防と改善方法

Pocket

食事の欧米化やストレスなどにより、わたしたちを取り巻く変化は「口の中」にも現れています。
かつては歯槽膿漏と呼ばれた歯周病は、今や生活習慣病としてその認知度も高まりました。
「なってしまったら困る!」、でも患者はどんどん増え続けている。。
そんな「歯周病」についてみていきましょう。

.

歯周病とは

 
歯周病とは
 
テレビでよく「歯周病予防のプラークコントロール製品」などのCMが流れていますよね。
「明日は我が身か」と思いきや、実は「日本人の約8割が歯周病」といわれています。
 
歯周病とは「歯を支えている骨が溶けてしまう」というなんとも恐ろしい病気です。
重症になると歯が抜けてしまうことがあるばかりか、体内に入り込んだ細菌により心筋梗塞、肺炎、動脈硬化などが起こってしまうこともあります。
 
 
 

歯周病の原因

 
歯周病原因
 
歯と歯茎の間に深い歯周ポケットができ、ここにプラーク(歯垢と代謝物のかたまり)が繁殖し、歯周病が発症します。
 
プラークは「1mgに1億個以上の細菌が住み着く」というとても厄介な存在です。
しかも初期段階では痛みがないため自覚症状がなく、かなり進んでから気づく場合がほとんどです。
 
また歯周病一歩手前の「歯肉炎」は治療により完治しますが、歯周病へと進行すると残念ながら完治できません
女性の場合は妊娠の際、分泌されるホルモンの影響で歯肉炎が起こりやすいとされていますから特に要注意です。
 
 
 

歯周病の症状

 
歯症状
 
  • 歯茎が腫れる
  • 歯茎が赤く腫れているときは「歯茎が細菌と戦っている」状態とみられます。
     

  • 歯茎から血やうみが出る
  • 歯茎の腫れがあると出血やうみが出やすくなります。
    放置すると骨が溶けるなど症状が悪化しやすくなります。
     

  • 歯茎が下がる
  • 歯が伸びたように感じるのは歯茎が下がったためです。
    これは「骨の溶け始めの初期症状」とみられます。
     

  • 口臭がひどくなる
  • 歯周病の特徴のひとつとして強い口臭があります。
    これは細菌が繁殖することにより、歯茎がうんだり腫れたりするためにおこります。
     

  • 知覚過敏がおこる
  • 歯茎が下がると歯の象牙質が現れるため、水や氷がしみるなどの「知覚過敏」が起きやすくなります。
     

  • 歯がグラグラする
  • 歯を支える骨が溶けてくることにより、歯がグラグラと揺れてくることがあります。

.

自分でセルフケアする予防法

 
セルフケア
 
  • プラーク(歯垢)除去
  • 歯と歯茎の周りの歯垢をきちんとブラッシングし、完全に除去することが重要です。
     

  • 歯磨き粉は使った方が良い
  • 一時」歯磨き粉は使わない方が良い」という説がありましたが、歯茎と歯ブラシとの摩擦を減らすためには歯磨き粉は使った方がベストです。
     
    そしてできれば歯周病予防の歯磨き粉を適量を使ってください。
    また強く磨くと歯茎を傷めることもあるため、鉛筆持ちで軽く持ちソフトに当てブラッシングします。
    腫れや出血があるときは柔らかい歯ブラシを使ってください。
     

  • ドライマウスを治す
  • ドライマウスの原因のひとつ「口呼吸」をしていると、唾液で潤った理想的な口の中の状態とは対極になるため、早急に改善する必要があります。
    またドライマウスの原因には抗うつ剤、睡眠剤、降圧剤、抗ヒスタミン剤など、薬の副作用によるものもあります。
     

  • 歯間ケアをする
  • 歯周病の90%は歯と歯茎の間から発症するといわれています。歯間ケアにはデンタルフロスや糸ようじ、歯間ブラシがおすすめです。口臭予防や寝ている間に繁殖する虫歯菌「ミュータンス菌」が活発にはたらくのを防ぎます。

 
 
 

歯医者さんでケアする予防法

 
歯医者予防法
 
  • 歯石を取る
  • 歯石とは歯垢が唾液のミネラル成分で固まってしまったものです。
    歯石は定期的に取ってもらう必要があります。
     

  • 歯茎の中の歯石を取る
  • 歯茎の中にも歯石がたまります。
    歯科医では歯周ポケットの中の歯石も取り、歯周病のリスクを減らします。
     

  • メンテナンスを定期的に受ける
  • 歯科医による定期的なメンテナンスを受ければ、歯や歯茎をいつでもベストな状態に保つことができ、歯周病の進行をストップさせることができます。

 
歯周病はなってしまう前にならない予防をしておくことが一番大切な行為です。
いつまでも健康で美しい歯を保つためにも、面倒と思わずにぜひ日々のメンテナンスに気をつけてくださいね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*