Home » 病気・不調 » 手足 » 手足のしびれの原因と病気の可能性まとめ
手足のしびれと病気

手足のしびれの原因と病気の可能性まとめ

Pocket

特に何もしていないのに「なんとなく足がしびれてるなぁ」と感じたことはありますか?
足や手のしびれは強く痛むこともないので放っておきがちです。
でももしかすると重大な病気が潜んでいるかもしれません。
手足のしびれにはどんな症状があるか、その原因と対処法をお届けします。

.

【手足の部位別】しびれと病気

 
しびれる場所
 
  • 片足がしびれる
  •  
    【座骨神経痛の可能性】
     
    腰痛が悪化すると椎間板ヘルニアや腰椎すべり症などになる可能性が出てきます。
    いずれも腰からお尻から脚にかけての筋肉が固くなり神経に触れるためで、大抵は片足にしびれが起きてきます。
     

  • 手も足もしびれている
  •  
    【糖尿病の可能性】
    糖尿病の症状のひとつに「神経障害」がありますが、左右の手足にしびれを感じたら糖尿病の可能性があります。
    またこの場合、足に痛みが出るのも特徴です。
    これは糖尿病の悪化に伴った症状なので手足が同時にしびれ、かつ痛みがあるときは糖尿病の疑いが濃厚です。
     

  • つま先だけがしびれる
  •  
    【血管性障害の可能性】
    何らかの原因により血液が足指の末端まで行かないため、しびれが起きている状態です。
     

  • 足の裏だけがしびれる
  •  
    【足根管症候群の可能性】
    足の裏だけにピリピリとしたしびれを感じる場合、足根管症候群が疑われます。捻挫などにより足首にゆがみが起きているためとみられます。

 
 
 

しびれと併発する状況でみる病気の可能性

 
しびれる状況
 
  • 歩いていると足がしびれてくる
  •  
    【腰部脊柱管狭窄症の可能性】
    囲まれた管状の空間を脊柱管といいますが何らかの原因で中を通る神経に触れるとしびれが起きます。
     

  • 極度の不安やパニック状態時のしびれ
  •  
    【パニック障害の可能性】
    極度の不安感と同時に手足のしびれを感じることがあります。
    パニック障害のひとつである過呼吸からしびれが起きるとみられます。
     

  • 手足のしびれと倦怠感
  •  
    【甲状腺機能低下症の可能性】
    甲状腺ホルモンの分泌が低下したことで起こります。手足のしびれに加え、倦怠感がある場合、甲状腺機能低下症の疑いがあります。
     

  • 手足のしびれと言語障害
  •  
    【脳こうそくの可能性】
    脳こうそくは脳の血管が詰まり血液の流れが寸断し、脳細胞が壊死することで起こります。
    しびれや麻痺の出方は脳こうそくの場所により異なります。
    他にも失語症、顔面麻痺などが起きることがあります。
     

  • 足のしびれと冷え
  •  
    【閉塞性動脈硬化症の可能性】
    足のしびれに冷えがある場合、閉塞性動脈硬化症の疑いがあります。
    糖尿病、高血圧、高脂質症により動脈が硬くなることで起こります。
    症状が進むと痛みが出るため、歩くのも困難になります。
     

  • 落ち込みとしびれ
  • 【うつ病の可能性】
    他に原因が見当たらない場合で、気分の落ち込みが激しいときは、うつ病によりしびれが起きているとみられます。
    特に高齢者に多いのが特徴です。

.

脳が原因!要注意なしびれ

 
しびれと脳の病気
 
  • 片側の手足のしびれ
  • 脳が原因のしびれはからだの左右どちらかに起きるのが特徴です。
    片側の手と口だけにしびれが出ることもあります。
     

  • 突然起きるしびれ
  • 突然しびれが起き、すぐに消える症状は一過性脳虚血発作といい、脳こうそくの発症を併発する可能性大です。
     

  • 薄い手袋をはめているようなしびれ
  • 脳の障害の場合、しびれの出方にと特徴があります。
    チリチリピリピリというしびれ感ではなく、薄い手袋をしたようなうっすらとした違和感のしびれです。

 
 
 

しびれは改善できる?

 
脳の障害以外のしびれは生活を改善することで軽減が可能です。
ゆったりお風呂に入ったり、姿勢に気をつけるなど生活習慣を変える方法は試してみるべきです。
またストレッチをして硬くなった筋肉を緩めてあげるのも効果的な方法です。
 
 
 

まとめ

 
しびれの原因を特定するのは、自己判断ではなかなかできにくい難しさがあります。
もし気になるしびれがある、続いているという場合は原因を知ったり、安心感を得るためにも早めに最寄りの総合病院を受診してみてはいかがでしょうか。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*