Home » 健康法 » 手足 » 足底筋膜炎の原因と筋トレやツボで治す方法
足底筋膜炎治し方

足底筋膜炎の原因と筋トレやツボで治す方法

Pocket

突然足の裏に歩いたり、押してみると強い痛みを感じる、、実際に病院で診察してみた場合、「足底筋膜炎(そくていきんまくえん)」といわれることも多いです。
 
史上最高のジョギングブームともいわれる現在、足底筋膜炎で悩まれる人が増加の一途といわれています。
今回はこの足底筋膜炎についてみていきましょう。

.

足底筋膜炎になる原因は?

 
足底筋膜炎原因
 
全体重を支えている足の裏には当然多くの筋肉があります。
そしてその筋肉を包むように足底筋膜と呼ばれる膜があるのですが、この筋肉の膜が固くなっていたり、炎症を起こしているために痛みを感じるのです。
 
  • 強い衝撃によるもの
  • ジョギングやスポーツによって繰り返し強い衝撃を足の裏に与えていると、筋肉が固くなってしまい足底筋膜炎の原因になります。
     

  • 疲労の蓄積
  • スポーツもそうですが、立ち仕事など日常的に足の裏に疲労をためる生活をし続けていると痛みが生じるようになります。
     

  • 足のアーチ機能の衰え
  • 人間の足裏は綺麗なアーチ上になっているものですが、柔らかいソールやスリッパの利用など本来の足の機能を使わない生活をしていると、アーチ機能が衰え足裏を傷めやすい状態にしてしまうのです。

 
 
 

足底筋膜炎の症状

 
症状
 
症状としては、
 
・歩き始めなど1歩目が痛い
・足の着地、または前に進むための蹴り出し時に痛みを感じる
・長時間立ったり、歩くと痛む
・かかとの下の方を押すと痛い

などの諸症状があり、どれかに当てはまるなら足底筋膜炎の可能性が高いです。

.

足底筋膜炎を治す筋トレ

 
前述したように足底筋膜炎は筋肉や膜の衰えや炎症が原因です。
足裏や周辺の筋肉をしっかりと動かし、鍛えつつ和らげるストレッチ的な動作で足底筋膜炎は緩和していくことができます。
 
文面では伝わりずらいと思いますので、詳しくは動画を確認して実践してみてください↓

 
 
 

足底筋膜炎を治すツボ

 
続いてツボ押しによって症状改善に繋げる方法です。
 
  • 労宮(ろうきゅう)
  •  
    労宮
     
    手のひらを握ったときに、中指の先端が当たるあたりにある労宮。
    万能ツボと呼ばれ、足底筋膜炎の緩和、改善にも役立ってくれます。
    労宮は反射区ですので、右足が痛い時は左手、左足が痛い時は右手の労宮を親指の腹などでぐっぐっとイタ気持ち良い程度に刺激してあげましょう。
    &nbsp

  • 少衝(しょうしょう)
  •  
    少衝
     
    小指のやや薬指側にあり、押すとひどく痛む場所があるので、ここを10秒程度押してあげます。

 
足底筋膜炎は足裏をマッサージしがちですが、マッサージやツボ押しは逆効果を招く場合がありますので、避けるようにしましょう。
また血流をよくする意味でも、浴槽の中でのツボ押しがオススメです。
 
足底筋膜炎は筋肉を柔軟にしながら鍛えていくことが大切です。
ジョギングやスポーツをして痛めたという人は、シューズがあっていないという場合も非常に多いので、靴の見直しも含め解消していってくださいね。

Pocket

.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*